logo

HAKUTOの最後の一歩を、一緒に。月を目指すクラウドファンディング

株式会社ispace 2017年02月21日 20時00分
From PR TIMES

2017年2月21日(火)開始。月を走るローバーに名前刻印、新ユニフォーム、ローバーモックアップ、民間チームならではのリターンを設定。

世界初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE(グーグル・ルナ・エックスプライズ)」に挑戦する日本発の民間月面探査チーム「HAKUTO」は、2017年2月21日(火)より、月面にローバーを送るために必要なロケット打ち上げ資金の獲得と、より多くの方にHAKUTOを知ってもらい、HAKUTOの仲間になってもらうことを目的に、月を目指すクラウドファンディングを開始します。




世界初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE(グーグル・ルナ・エックスプライズ)」に挑戦する株式会社ispace(東京オフィス:東京都港区)が運営する日本発の民間月面探査チーム「HAKUTO」は、2017年2月21日(火)より、月面にローバーを送るために必要なロケット打ち上げ資金の獲得と、より多くの方にHAKUTOを知ってもらい、HAKUTOの仲間になってもらうことを目的に、月を目指すクラウドファンディングを開始します。

月を目指すクラウドファンディング プロジェクトページ
リンク


[画像1: リンク ]



HAKUTOは、日本で唯一Google Lunar XPRIZEに参加するチームです。ベンチャー、大学、そしてプロボノと、様々なバックグラウンドを持った人材が集まり、それぞれの特技を生かし合って月面探査ロボット(ローバー)を開発し、Google Lunar XPRIZEに挑戦するプロジェクト「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」で世界初の民間月面探査を目指しています。ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信することです。
2010年から活動を初めたHAKUTOは、“世界初の民間月面探査”を目指し、当初代表の袴田も含め全員ボランティアで、自己資金を中心に個人の方から打ち上げに向けた資金を支援いただいてきながら活動を続けてきました。2015年1月の中間賞受賞以降は、auをはじめ多くのパートナー企業からの支援いただき、今年、活動7年目にして、ようやく打ち上げまであと一歩のところまでたどり着きました。しかし、当初アメリカのチームと相乗りを予定していた計画を、2017年12月28日の打ち上げを行うインドのTeamIndusとの相乗りに変更したことで、月面探査ローバーを月に向けて打ち上げる資金が追加で必要になりました。今回のクラウドファンディングは、その追加分の獲得と、より多くの方にHAKUTOを知っていただくために実施します。


【クラウドファンディング リターン抜粋】
1.[auコラボ]月面探査ローバーにお名前を刻印。
ローバーが月面を走るとき、あなたの名前も月面を走る。みんなで一緒に月を目指そう。


[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


価格:5文字=1万円、10文字=2万円、15文字=10万円
規定文字数:5文字、10文字、15文字の3種類から選択
文字サイズ:約2mm程度
使用出来る文字:漢字・ひらがな・カタカナ・英数字
刻印場所:ローバー前面と背面の内側(外から見えません)
刻印方法:レーザー加工 諸注意:ローバーへの刻印は打ち上げの実施可否に関係なく実施します。

2.HAKUTO新ユニフォーム(snowpeak製 HAKUTOクルーエディション)

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

価格:20万円
内容:新たにサポーティングカンパニーに参加したsnowpeak製のHAKUTO新ユニフォーム。HAKUTOのためだけにデザインされ、表地は4WAYストレッチ、裏地は防風性のある素材を使用、またさりげないポケットワークにも細かいディテールが満載。左胸にはペン差しがついていて、左脇のポケットには、テープ類などを下げられるアタッチメントがつくなど、宇宙開発でも機能的なユニフォームを特別にHAKUTOクルーエディションとして提供します。※新ユニフォームのリターンにはパートナーロゴは付きません

3.[au×HAKUTO MOON CHALLENGE]月面探査ローバーモックアップ

[画像6: リンク ]

価格:1000万円
内容:月面探査ローバーの実寸大モックアップ。素材も形もまるで本物。レースに勝利した日には、歴史に残るローバーモックアップになります。 諸注意: 実際に動かすことはできません(展示のみ)


全リターンは、月を目指すクラウドファンディング プロジェクトページをご確認ください。
リンク


【HAKUTO代表 袴田武史のコメント】
ファイナリスト5チームの中には、すでにミッションに向けた資金調達が完了したと発表するチームも出てくる中、日本チームとしても負けてはいられません。今ある資金で予約をした打ち上げまで、すでに1年を切りました。HAKUTOの最後の一歩を、一緒に。全力でレースの優勝を目指しますので、クラウドファンディングでの応援よろしくお願いします。

【新ユニフォーム】
新たにHAKUTOのサポーティングカンパニーに加わったスノーピークによるHAKUTOの新ユニフォームが完成しました。HAKUTOのためだけにデザインされ、表地は4WAYストレッチ、裏地は防風性のある素材を使用、またさりげないポケットワークにも細かいディテールが満載。左胸にはペン差しがついていて、左脇のポケットには、テープ類などを下げられるアタッチメントがつくなど、宇宙開発でも機能的なユニフォーム。クラウドファンディングでも、HAKUTOユニフォーム クルーエディションとして、HAKUTOのためだけに開発された限定モデルをリターンのひとつとしてご用意しています。
[画像7: リンク ]



【Google Lunar XPRIZEについて】リンク
Googleがスポンサーとなり、XPRIZE財団によって運営される、民間組織による月面無人探査を競う総額3,000万ドルの国際賞金レースです。ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。1位のチームには賞金2,000万ドル、2位のチームには賞金500万ドルが与えられます。2017年1月24日に、SpaceIL(イスラエル)、Moon Express(アメリカ)、Synergy Moon(インターナショナル)、TeamIndus(インド)、HAKUTO(日本)の5チームがレースの最終フェーズに進むことが発表されました。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。