logo

「95%の企業がマルウェアのターゲットになり、100%の企業でマルウェアアクセス実績がある時代のセキュリティ対策とは」

吉政忠志氏がディーアイエスソリューションで連載している「ワークスタイルの変革」コラムの最新号が掲載されました。

「95%の企業がマルウェアのターゲットになり、100%の企業でマルウェアアクセス実績がある時代のセキュリティ対策とは」


###
Cisco Annual Securityレポート2014によると、「95%の大企業は、マルウェアのターゲットになっています。 すべての組織において、マルウェアサイトへのアクセスがあります。」と書かれています。

そして、そのレポートには1時間で数万ものマルウェアが発生し、企業に攻撃をしてくると書かれています。

この調査データをご覧になられて驚かれた方もいると思いますが、事実としていえるのは、大半の企業がターゲットになり、その結果、マルウェアサイトへのアクセスが100%の組織で発生しているということです。

そして、そのマルウェアの攻撃は1回ではなく、日々というか毎時間のようにされていると思います。その状況で、果たして防御だけの対策で十分でしょうか。
感染を前提とした、被害を最低限に抑える対策までしないと十分といえないでしょう。

一方で、NPO法人日本ネットワークセキュリティ協会の「2015年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」2によると一件あたり平均想定損害賠償額3億3705万円で一人あたり平均想定損害賠償額は2万8020円だそうです。賠償をする金額は大きく、企業の信頼以外にも受けるダメージは金銭的にも大きいです。

ここで注目いただきたいのは、この時の損害賠償金額の大きさは主にどのような基準で決められるかご存知でしょうか?

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事