logo

フィリップス ライティング、3/7 より開催の「ライティング・フェア2017」にて先進的なコネクティッド ライティング ソリューションを紹介

フィリップス ライティング ジャパン合同会社 2017年02月21日 13時00分
From PR TIMES

可視光通信を用いた「インドアポジショニングシステム」

フィリップス ライティング ジャパン合同会社(本社:東京都港区、職務執行者社長:林田 健悟、以下 フィリップス ライティング)は、3 月7 日より東京ビッグサイトで開催される「ライティング・フェア2017」において、先進的なコネクティッド ライティング ソリューションの一つとして、可視光通信を用いた「インドアポジショニングシステム(IPS:屋内位置情報システム、以下IPS)」を紹介します。



フィリップス ライティングは、照明製品、システム&サービス業界を牽引する世界最大手企業として世界中で様々な照明ソリューション、世界最大数のライティングポイント(照明器具や電球そのものなどを指します。)を提供しています。特に昨今は様々な分野でIoTが普及する中、“コネクティッド(つながる)”と“ヒューマンセントリック(人に優しい)”をテーマにした新しい照明を順次提供し、新しい機会を生み出しています。

今回の「ライティング・フェア2017」においては、人々の買い物を照明で変えていくための新しい技術として、既にフランスのスーパー「カルフール」で試験導入、アラブ首長国連邦のスーパー「アスワーク」で商用導入され、本年はアジア・欧米でスーパー以外の様々な小売店でも導入が見込まれている「IPS」を紹介します。

[画像: リンク ]


可視光通信は、人の目に見える可視光線帯域を用いた無線通信の一種で、光を介して情報伝達ができます。フィリップス ライティングが提供する「IPS」は、従来照明に比べてエネルギー効率のよいLED 照明から位置把握に用いる信号を、可視光通信を用いて発信させ、“高精度の位置方位情報を携帯端末へ提供すること”と“低消費電力で明かりを照らすこと”を両立します。

「IPS」を導入したフランスのスーパー「カルフール」、アラブ首長国連邦のスーパー「アスワーク」では、「インドアポジショニング」用照明器具を導入したことで、新たな買い物体験を提供すると共に電力コストの削減を実現しています。買い物客は事前に専用アプリケーションをスマートフォンにインストールし、「インドアポジショニング」用照明器具から発信された信号をスマートフォン搭載カメラが受信することで、数十センチの高精度で位置情報・方位情報を得ることができ、探している商品までの店内経路案内、現在位置近くの食材を使った料理のレシピ案内、その日のお買い得情報の入手など利便性の高い買い物体験を実現しています。

屋外においてはGPS(グローバルポジショニングシステム)が普及し広く活用されていますが、屋内における位置情報システムが量販店、交通機関等の公共機関、更には工場、倉庫等にて活躍するロボット分野において広く求められています。こうした中、照明による「IPS」は、導入コスト、運用コスト、位置・方位精度において大きな優位性があるため、今後は日本国内のパートナーとの協業、実証実験の実施により日本市場への普及に取り組んで参ります。

フィリップス ライティングは、今後も世界中の先進的な事例をもとに、日本市場に適したソリューションを展開し、照明の持つ新たな価値を拡げてまいります。


フィリップス ライティング、トップサプライヤーリテール2016 受賞
可視光通信を用いた「インドアポジショニングシステム」を導入した「カルフール」に対して、2016 年2 月にドイツの小売業研究所EHI は リテールテクノロジーアワード2016(Retail Technology Award 2016)のベストカスタマーエクスペリエンス賞(BestCustomer Experience)を授与しました。その後、フィリップス ライティングはトップサプライヤーリテール2016(Top Supplier Retail 2016)アワードを受賞しました。

フィリップス ライティングについて
フィリップス ライティング(ユーロネクスト アムステルダム:LIGHT)は、照明製品、システム&サービスの最大手企業として、生活向上につながる新たなビジネス価値や豊かな照明環境を“革新”として提供してきました。
また、プロフェッショナル照明、一般照明分野において、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)を家庭やビル施設、都市へとその範囲を拡大させ、業界をリードしています。
2016 年の売上は71 億ユーロ、世界70 ヶ国に渡り34,000 人の従業員を擁しています。
フィリップス ライティングのニュースリリースについてはホームページをご覧ください。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。