logo

日本能率協会マネジメントセンター、eラーニングライブラリ(R)新コース『ゲーム理論の基本がわかるコース』2月22日開講

株式会社 日本能率協会マネジメントセンター 2017年02月21日 11時00分
From Digital PR Platform


株式会社日本能率協会マネジメントセンター(代表取締役社長:長谷川隆、中央区、以下JMAM[ジェイマム])は、オンラインで学べる法人企業向け教育ツール eラーニングライブラリ(R)※1の新コースとして、2月22日から『ゲーム理論の基本がわかるコース』(以下、本コース)を開講します。

ゲーム理論は、社会のなかの幅広い問題の解決方法を探るために、多くの研究で活用されています。
ビジネスの場においても、職場の上司と部下の人間関係、企業間の競争、地球環境問題など、起こっている問題の全体像を「ゲーム」と捉えることで、その問題がどのような構造になっていて、どんなルールに支配されているかを考える手がかりとなります。

本コースでは、ゲーム理論の考え方の基本を理解するために、代表的なゲームである“囚人のジレンマ”を入口として、様々な状況の事例を取り上げます。
仕事やプライベートで、「なんだかうまくいかない」まま改善されない状況を打開するために、ゲーム理論を使って問題の状況を把握し、その解決に向けて、より良いアプローチを考えることをねらいとしています。

JMAMが提供するeラーニングライブラリは、オンラインで1年間、いつでも、何度でも、手軽に学ぶことができる、法人企業向け教育ツールです。
個々人の学習履歴を簡単に把握できるほか、費用についてもマネジメント系教育テーマ全118コースを一人あたり7,560円(税込み)※2というリーズナブルな価格で受講することが可能です。
パソコン、スマホ、タブレット端末などのインターネットを通じて手軽に取り組むことができ、現在、1,980社超、のべ100万人を超える企業・団体に導入されています。

このほかeラーニングライブラリは、管理職への人事・労務管理教育や全社一斉のコンプライアンス教育、内定者・新入社員教育、英語・中国語などのグローバル教育など、各社で幅広く活用されています。
JMAMでは今後も、企業の人材育成を支援するべく様々なサービスを展開していく予定です。


※1:JMAMが提供する「eラーニングライブラリ(R)」は、「むずかしい」を「わかりやすく」、「手軽に学べて、満足できる」ことを特長とし、インターネットで、1年間、いつでも、何度でも受講できます。内定者・新人から管理職までの階層別教育、コンプライアンスやビジネススキル、語学といった目的別教育、技術・技能教育など幅広いラインアップとなっています。

また、eラーニングライブラリの大きなメリットとして、契約期間中は追加料金無しで、新コースが続々追加されていくことです。
教材改訂も随時実施しており、スマホ・タブレット対応等、継続的にeラーニングライブラリの充実を図っています。
2017年2月末現在、全175コースのラインアップを、1,980社超、のべ100万人が利用しています。
リンク

※2:マネジメント系ライブラリ(2017年2月末現在118コース)10名さま、7万5600円(税込み)にてご利用いただいた場合の金額となります。
ご契約内容に応じて、費用は変動いたします。
eラーニングライブラリ(R) は、株式会社日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)の登録商標です。


【報道関係者お問い合せ先】
(株)日本能率協会マネジメントセンター 広報担当
TEL: 03-6362-4361(直通)/E-mail: PR@jmam.co.jp

【サービスに関するお問い合せ先】 
(株)日本能率協会マネジメントセンター e-ラーニング事業本部
TEL: 03-6362-4345


【eラーニングライブラリ(R)『ゲーム理論の基本がわかるコース』の概要】

1. ねらい:
ゲーム理論の学習を通して、問題の状況を把握し、その解決のために、より良いアプローチを考えることをねらいとしています。

2. 特  長:
◆「ゲーム理論」の全体像を理解する。
◆「ゲーム理論」の考え方の視点に沿って、身近なケースを取り上げながら考える。
◆「ゲーム理論」を学ぶことで、問題の本質を見る視点を増やし、問題解決に役立てる。

3. 監  修: 上智大学 経済学部 教授  川西 諭 氏

4. 学習時間: 想定学習時間:3時間/最短実行時間:37分

5. 対  象: 社会人(ビジネスパーソン)全般 

6. カリキュラム:
 1. 問題の全体像をつかむ
  1-1 ゲーム理論の目的と2つの特徴
  1-2 与えられた状況を整理する -囚人のジレンマ
  1-3 与えられた状況を整理する -囚人のジレンマ
  1-4 次に何が起こるかを予測する -囚人のジレンマ
  1-5 ジレンマから抜け出すために -ゲームの構造を変える
 
 2. 社会が動くしくみを知る
  2-1 みんなが同じ選択をする -コーディネーション・ゲームの構造
  2-2 習慣に支配されるとき -コーディネーションの失敗
  
 3. 利害関係の多様性を知る
  3-1 利害関係の多様性を知る -チキンゲームの構造
  3-2 利害関係の多様性を知る -男女の争いのゲーム構造
  3-3 利害関係の多様性を知る -マッチング・ペニーズのゲーム構造
  
 4. 時間の経過と状況の変化を読む
  4-1 時間の経過とともに状況が変わる
     -ダイナミック・ゲーム 
  4-2 時間の経過とともに状況が変わる
     -ダイナミック・ゲーム
  4-3 時間的な視野で最適な行動が変わ
     -時間不整合性/コミットメント
  4-4 時間的な視野で最適な行動が変わる
     -囚人のジレンマの場合
 
 エピローグ  ゲーム理論を応用するには?
  5-1 ゲーム理論を応用するには?
  5-2 練習問題にチャレンジ
 
 テスト問題(客観式10問、ランダム出題)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。