logo

グラフィック界の次世代を担う若手を発掘する 第16回グラフィック「1_WALL」展 本日より3月17日(金)まで開催!


株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するギャラリー「ガーディアン・ガーデン( リンク )」では、本日より3月17日(金)までの期間、第16回グラフィック「1_WALL」展を開催いたします。

――――――――――――――――――――
第16回グラフィック「1_WALL」展
――――――――――――――――――――
ガーディアン・ガーデンでは、個展開催の権利をかけた公募展、第16回グラフィック「1_WALL」展を開催します。
ポートフォリオ審査による1次審査と、1対1で審査員と対話をする2次審査を通過したファイナリスト6名が、1人1壁面を使って作品を発表するグループ展です。会期中の2月28日(火)には、グランプリを決定する公開最終審査会を開催します。ファイナリストによるプレゼンテーションの後、一般見学者にも公開される審査員による議論を経て、グランプリが決定します。グランプリ受賞者には1年後の個展開催と個展制作費10万円、パンフレット制作の権利が贈られます。
パステルカラーを基調としたイラストレーションをデジタルで描き空間を表現することを試みるいしいひろゆき、普段意識しない日常の中に潜む「気になるかたち」を描く石田和幸、ブルーシートで包んだフィギュアをスキャンして3DCGデータ化し新たなイメージをつくることを試みるwimp、SNS上で楽しそうに写真に写る若者たちに見え隠れする不安な気持ちを絵とテキストで表現するSERENA、撮影した犬の写真で犬の形状の立体コラージュをつくる時吉あきな、WEB技術を用いて絵の表現方法の幅を提示しその可能性を追求する藤井マリーの6名が展示をします。今回は、デジタル技術を使ったり、デジタル・ネットワークをテーマにした作品が多く集まりました。一体、どの作品がグランプリを獲得するのか、今後の活躍が期待される若手作家の作品をお楽しみください。   

――――――――――――――――――――
開催概要
――――――――――――――――――――
<展覧会概要>
■企画展名:第16回グラフィック「1_WALL」展
■会期  :2017年2月21日(火)~3月17日(金)11:00~19:00 日曜・祝日休館 入場無料
■会場  :ガーディアン・ガーデン
〒104-8227 東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル地下1階
TEL 03-5568-8818 リンク

※公開最終審査会のご案内:2017年2月28日(火) 18:00~21:00  入場無料
観覧は要予約 TEL 03-5568-8818(予約受付時間:11:00~19:00 日曜・祝日休み)
――――――――――――――――――――
ファイナリスト(展示順・敬称略)
――――――――――――――――――――
いしいひろゆき
石田和幸
wimp
SERENA
時吉あきな
藤井マリー
――――――――――――――――――――
審査員(五十音順・敬称略)
――――――――――――――――――――
えぐちりか (アートディレクター/アーティスト)
大原大次郎 (グラフィックデザイナー)
白根ゆたんぽ (イラストレーター)
大日本タイポ組合
室賀清徳 (『アイデア』編集長)

――――――――――――――――――――
「1_WALL」とは
――――――――――――――――――――
「1_WALL」は、リクルートホールディングスが運営するギャラリー、ガーディアン・ガーデンでの個展開催の権利をかけた、グラフィック、写真の2部門からなる公募展。グランプリに到達するまでに、ポートフォリオ審査に始まり、審査員と1対1で行うポートフォリオレビュー、ファイナリスト6名によるグループ展と会期中の公開最終プレゼンテーションに至るまで、何度も自分の作品と向き合うことになります。その過程こそが「1_WALL」というコンペティションなのです。
――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事