logo

EOSエントリークラスにおける最高画質と高精度なAF性能を実現 携帯端末との親和性に優れた“EOS 9000D”と“EOS Kiss X9i”を発売

キヤノンは、カメラボディー上面の表示パネルや2つの電子ダイヤルを搭載し高い操作性を実現した本格志向ユーザー向けの“EOS 9000D”と、簡単な操作で満足度の高い写真や動画の撮影が可能なファミリー向けの“EOS Kiss X9i”の2機種を2017年4月上旬より発売します。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



“EOS 9000D”および“EOS Kiss X9i”は、従来機種「EOS 8000D」「EOS Kiss X8i」(ともに2015年4月発売)を2年ぶりにリニューアルし、一眼レフカメラを新たに使い始めるユーザーのニーズに合わせてAF性能や画質、操作性、ネットワークとの親和性などを高めたデジタル一眼レフカメラです。

■ 「デュアルピクセルCMOS AF」搭載により世界最速(※1)のAF合焦速度を実現
CMOSセンサーの画素が撮像と位相差AFの両方を行う「デュアルピクセルCMOS AF」をエントリークラスで初めて搭載しており、ライブビュー撮影時において、世界最速の高速AFを実現しています。また、ファインダー撮影時においても、上位機種「EOS 80D」(2016年3月発売)と同じオールクロス45点AF(※2)を採用しており、広範囲において高精度な合焦が可能です。

■ EOSエントリークラスにおける最高画質へと進化した基本性能
有効画素数約2420万画素(※3)のAPS-CサイズCMOSセンサーと最新の映像エンジンDIGIC 7の搭載により、高画素でありながら、最高ISO25600(動画撮影時は最高ISO12800)の常用ISO感度を達成しています。また、最高約6コマ/秒の高速連写撮影が可能です。

■ Wi-Fi/NFC/Bluetooth (R)(※4)対応により携帯端末とのネットワーク連携を強化
スマートフォンなどの携帯端末やパソコン、プリンターなどの周辺機器への接続手段として、Wi-Fi/NFC/Bluetoothに対応しており、リモート撮影や、撮影後の写真や動画をワイヤレスで手軽に転送でき、各種機器に保存したりSNSなどを通じて共有したりすることができます。

[表1: リンク ]



※1 0.03秒。APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したレンズ交換式デジタルカメラの撮像面位相差AFにおいて。2017年2月14日現在(キヤノン調べ)。CIPAガイドラインに準拠して測定したAF時間の結果から算出(撮影条件や使用レンズにより異なる)。内部測定方法。[測定条件] 撮影輝度:EV12(常温・ISO100)、撮影モード:M、“EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM”使用、焦点距離:55mm位置、ライブビュー撮影、AF方式:ライブ1点(中央)、AF動作:ワンショットAF時。
※2 装着するレンズやアスペクト比の設定により、測距点数、デュアルクロス測距点数、クロス測距点数が変動します。
※3 総画素数は約2580万画素。
※4 Bluetooth low energy technologyに対応。以降の表記においてはBluetoothと記載。
Bluetooth機能の動作条件は、接続機器が下記を満たすものです。Androidの場合: Android5.0以上で、かつBluetooth4.0以上を搭載。iOSの場合: Bluetooth4.0以上を搭載(iPhone 4s以降/iPad 3rd以降/iPod touch 5th以降)。ただし、上記の動作条件を満たす機器であっても、機種によっては、Bluetooth接続ができないものがあります。Bluetooth接続ができない場合、一部のリモートコントロール機能が使用できません。Bluetooth接続ができない場合でも、機器とWi-Fi接続による画像の転送、リモート操作は可能です。


[画像3: リンク ]


35mm判換算で29-88mm相当の焦点距離をカバーする小型・軽量の標準ズームレンズです。従来機種「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」(2013年4月発売)と同等の光学性能を維持しながら、全長を61.8mmと従来機種より約18%短縮(※)しており、日常の持ち歩きに便利な小型化を実現しました。

[表2: リンク ]



※ 「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」の全長は75.2mm。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。