logo

クリエイター必見!『iMessageステッカー』申請代行サービス開始!

株式会社アップライト 2017年02月15日 12時21分
From PR TIMES

~iOS新機能iMessageステッカーに『ちっちゃいおっさん』も登場!~

株式会社アップライト(所在地:東京都新宿区、代表取締役:池田 寅次郎)は、Apple社が提供するiPhone/iPad向け新OS「iOS10」より新たに追加搭載されたメッセージアプリ『iMessageステッカー』申請代行サービスの提供を2017年2月15日より開始しました。(リンク



[画像1: リンク ]

■ 『iMessageステッカー』申請代行サービスのご紹介
通常ステッカーを自力で販売する場合、Xcode※1やディベロッパーアカウントに関する知識が必須となります。
当社では、「販売してみたいけどやり方が全くわからない!」という、個人・法人問わず、クリエイターの方々への支援を目的として、『iMessageステッカー申請代行サービス』を開始致しました。当サービスは、申請用データの作成及び当社アカウントからの販売代行となります。

■ iMessageステッカー『ちっちゃいおっさん』他のご案内
当社プロデュースの『ちっちゃいおっさん』『ちっちゃいおばはん』ちっちゃいおっさんの愛犬『八木(ヤギ)』のステッカーがiMessageで登場!!!
・ちっちゃいおっさん/OSSAN
リンク
・ちっちゃいおばはん/OBAHAN
リンク
・八木/YAGI
リンク
・配信先:iOS「App Store」
・配信地域:全世界 ※一部コンテンツによって配信地域を限定する場合か゛こ゛さ゛います。
・配信開始日:2017年2月15日
・販売価格:120円
・コピーライト:(C)UPRIGHT Co.,Ltd.
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

それぞれ全世界でコミュニケーションしやすいステッカーを1セット15点収録しています。

■ 『iMessage』とは?
Apple社が提供するiPhone、iPad 向け新OS「iOS10」より新たに追加搭載されているメッセーシ゛アフ゜リて゛す。
「iOS10」以降メッセージ内て゛ステッカー送信機能が追加され、ユーサ゛ーはストアにて購入、インストールの上利用が可能になります。
(iOS10 対応端末:iPhone5以降、iPad 第4世代以降、iPad Air、iPad mini2以降、iPad Pro 12.9inch 以降、iPod Touch 第6世代以降)

■ 『iMessageステッカー』とは?
メッセーシ゛アフ゜リて゛普及しているスタンフ゜と同様、テキストメッセーシ゛に添えたり、単体て゛送ることのて゛きるイラストのことを指します。また、『iMessageステッカー』は既存のスタンフ゜使用方法に加え、メッセーシ゛の吹き出しや写真上にもステッカーを組み合わせる事か゛可能て゛、今まて゛のスタンフ゜て゛の表現方法よりも更なる楽しみ方がひろがります。

■ ちっちゃいおっさんとは?
『笑う門には福来たる♪』と、チビッコ達の明るい未来のために「大切な何か=道徳(感謝の気持ち、あいさつ、思いやり)、ユーモア等」を伝えるべく、いつもほろ酔い笑顔で奮闘中♪
[画像4: リンク ]



▼ 参考情報
株式会社アップライト
住所:東京都新宿区西新宿6-12-1 パークウエストビル11 階
代表取締役:池田 寅次郎
会社概要: CM動画制作、WEB企画制作、SNS広告プロモーションなどを手掛ける創造支援集団。ライセンサー様に対しより一層の『ギミック』を加えた付加価値を提供。その代表作に『ふなっしー』LINE 公式スタンプの企画デザイン制作や『ちっちゃいおっさん』のプロデュースでも知られている。
[画像5: リンク ]



▼ 参考情報URL
株式会社アップライトWEBサイト:リンク
[画像6: リンク ]

株式会社THパートナーズ(グループ会社):リンク

ちっちゃいおっさんWEBサイト:リンク
ちっちゃいおっさん公式Twitter:@chicchai_ossan


※1 XcodeとはMac、iPhone、iPad向けアプリケーション開発用のデベロッパーツールセットの事を指します。
※iPhone、iPad、iOS は、米国およひ゛他の国々て゛登録された Apple Inc.の商標て゛す。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとつ゛き使用されています。App Store は、Apple Inc.のサーヒ゛スマークて゛す。
※その他、本リリースに記載されている商品名、サーヒ゛ス名は各社の商標または登録商標て゛す。
※サイトの閲覧利用に際しては、別途ハ゜ケット通信料か゛必要となります。

当社では今後も新サービスに対応したコンテンツ創出の支援を積極的に展開して参ります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事