logo

【藤田観光】箱根地区の再開発を加速 「蓬莱園」での高級宿泊施設開発の検討を開始 「箱根ホテル小涌園」は2018年1月10日で営業終了

藤田観光株式会社 2017年02月14日 15時11分
From Digital PR Platform


藤田観光株式会社(本社: 東京、代表取締役: 瀬川 章)では、2015年より箱根地区の再開発を進めており、2017年4月20日(木)に、新たな旗艦施設となる「箱根小涌園 天悠(てんゆう)」を開業するのに続き、2015年に取得した「蓬莱園(ほうらいえん)」における高級宿泊施設開発の検討を開始いたします。これに伴い、「箱根ホテル小涌園」は老朽化を考慮し、2018年1月10日(水)をもって営業終了することを決定いたしました。

当社は箱根小涌谷地区において1948年にリゾート事業を開始し、以後60年以上にわたり時代のニーズに合わせて、企業・団体旅行を受け入れる旅館や日帰り温浴施設等、これまでも様々な形態の事業を当エリア一帯で行ってまいりました。近年は「箱根ホテル小涌園」、「箱根小涌園ユネッサン」を旗艦施設として、団体のお客さまやファミリーのお客さまを中心にご愛顧いただいてまいりましたが、一方で旅行・レジャーのトレンドは大きく変化しており、訪日外国人の増加等も相まって、国内外のお客さまニーズは多様化してきております。こうした事業環境の変化を踏まえ、当社は中期経営計画(2015年~2019年)における基本方針の一つとして、「箱根地区の再開発」を掲げ、お客さまお一人おひとりに合わせたより付加価値の高い商品とサービスの提供を行うことを施策としております。

2016年3月に宿泊特化型旅館「美山楓林(みやまふうりん)」を開業、また国登録有形文化財建築物にも指定されている「貴賓館」と5月に「迎賓館」をそれぞれレストランとして開業いたしました。そして2017年4月20日(木)に、エリアの新たな旗艦施設となる全室温泉露天風呂付旅館「箱根小涌園 天悠」を開業予定であり、さらに「蓬莱園」における高級宿泊施設開発の検討を開始するなど、着々と準備を進めております。

「箱根ホテル小涌園」につきましては、営業終了を決定いたしましたが、1959年の開業以来、永きに亘り支えてくださったお客さま、関係者の皆さまに感謝申し上げます。当社は、今後もお客さまの多様なニーズにお応えできるよう、当エリアの恵まれた自然を最大限に活かした事業を展開してまいります。


<お問合せ先>
〒112-8664 東京都文京区関口2-10-8
藤田観光株式会社 広報部 小宮山 誠 ・ 北原 靖子 ・ 塩澤ゆかり
TEL:03-5981-7703 / FAX:03-5981-7735

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事