logo

フランスのスマートフォンベンチャー Wiko 日本市場参入

ウイコウ・ジャパン株式会社 2017年02月14日 12時37分
From PR TIMES

第1弾 スマートフォン 「Tommy」2月25日(土)より発売

フランスのモバイル端末ベンチャー企業Wiko(ウイコウ、本社:フランス マルセイユ 以下Wiko)は、日本法人ウイコウ・ジャパン株式会社(東京都港区、代表:前田浩史 以下Wiko Japan)を設立し、日本市場へ参入しました。日本市場参入の第1弾機種として、2017年2月25日(土)よりWikoのスマートフォン「Tommy」を販売します。



[画像1: リンク ]

Wikoは2011年にフランスのマルセイユで設立した、スマートフォンを中心に取り扱うモバイル端末ベンチャー企業です。現在、ヨーロッパ、アジア、アフリカの世界33カ国で事業を展開(※)し、日本は34カ国目になります。フランスでシェア第2位、西ヨーロッパ各国でシェアTOP5にランクインするスマートフォンブランドに成長しています。

アジアではこれまでインドネシア、タイ、マレーシア、ベトナムで事業を展開しています。日本市場は、2020年の東京オリンピックに向けてネットワーク環境の整備が進み、SIMフリー端末のマーケットが拡大することが期待されます。さらに、技術力の高い日本の通信インフラでの事業展開を通じて獲得したノウハウは、グローバル展開にも活用することができます。こうした理由から日本はマーケットバリューが高いと捉え、参入を決定しました。

※事業展開国:フランス、オーストリア、ベルギー、ボスニア、クロアチア、ドイツ、スペイン、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、マルタ、モンテネグロ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スイス、セルビア、スロベニア、イギリス、ギリシャ、アルジェリア、コートジボワール、ガーナ、ケニア、モロッコ、ナイジェリア、セネガル、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム、サウジアラビア共和国、アラブ首長国連邦

<「Tommy」の特長>
■VoLTEに対応
1万円台の端末ながら、VoLTEに対応しています。高音質でクリアな通話が可能です。

■SIMフリーで幅広い周波数帯域に対応
SIMフリーかつ、国内の主要バンドに対応しています。

■5インチHDディスプレイ
オンセル技術搭載IPS液晶によるクリアで明るい5インチHDディスプレイで、高画質な動画やゲームも快適に楽しめます。

■豊富なカラーバリエーション
カラーは全6色です。第1弾ではブリーン、フラッシュレッド、トゥルーブラックの3色を展開します。他3色は今後順次展開予定です。

<「Tommy」製品概要>
■製品名:Tommy
■発売日:2017年2月25日(土)
■市場想定価格:14,800円(税抜)
■展開カラー:ブリーン、フラッシュレッド、トゥルーブラック
■「Tommy」公式ブランドサイト:jp.wikomobile.com

<展開カラー>
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



<「Tommy」使用イメージ>
[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]



<「Tommy」スペック表>


[画像7: リンク ]



<Wikoについて>
Wikoはフランスのモバイル端末ベンチャー企業です。世界34カ国で事業を展開し、2016年のスマートフォン累計販売台数は1,000万台を突破しました。Wikoは、デジタル技術の革新と創造を推進する政府機関であるFrench Tech(※)のメンバーです。

※フレンチテックとは…世界トップレベルの才能と教育、投資、スタートアップ企業のための革新的なインフラストラクチャ、起業家を支援する政策などで活気にあふれた、世界で最も急速に成長しているテクノロジー・エコシステムの1つです。フランス国内に対してはテクノロジー産業の振興を、そしてグローバルに対しては新しいフランスのイメージ作りを行い、人材と投資を惹きつけるネットワークを構築しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。