logo

USB 3.0ハブ搭載DisplayPort KVMスイッチ4製品、販売開始

ポスプロやグラフィックデザイン、CAD等、高精細な映像と大容量のデータ転送を行う用途に最適

KVMスイッチ、映像関連周辺機器、PDU/エネルギー管理機器のリーディングプロバイダーであるATEN(エイテン)ジャパン株式会社(本社:東京都荒川区、以下ATEN)は、高解像度および高速ファイル転送を必要とするユーザーの要望に応え、USB 3.0対応ハブを2ポート搭載したDisplayPort KVMスイッチを一挙に4製品、リリースいたします。本製品は、ポスプロや映像編集、グラフィックデザイン、CADデザインなど高精細な映像と大容量のデータ転送を必要とする作業の効率化を図るのに最適なKVMスイッチ製品です。「CS1912」および「CS1914」は、DisplayPort 1.1、HDCP 1.3準拠、最大解像度は3,840×2,160@30Hz対応。「CS1922」および「CS1924」はDisplayPort 1.2、HDCP 2.2準拠、最大解像度はDCI 4K(4,096×2,160@60Hz)対応。4製品ともにUSB2.0の10倍の速さであるデータ転送速度5Gbps対応USB3.0 (USB3.1 Gen 1)ハブを2ポート搭載しています。

製品の主な特長とメリット
1. USB 3.0 (USB3.1 Gen 1)対応ハブ搭載
USB2.0の10倍の速さであるデータ転送速度5Gbps対応USB3.0 (USB3.1 Gen 1)ハブを2ポート搭載。USBハブやUSBデバイス共有器を別途購入する必要が無く、2台または4台のコンピューター間でUSBデバイスの共有をスムーズに行うことができます。

2. 高解像度対応
CS1912/CS1914は最大解像度3,840×2,160@30Hz、CS1922/CS1924は最大解像度DCI 4K(4,096×2,160@60Hz)に対応。シャープでクリアな映像表示を実現します。

3. DisplayPortデュアルモード(DP++)対応
別途、DisplayPort→HDMI/DVI DP++変換アダプターを使用することで、HDMIまたはDVI信号を直接出力することができます。

4. MST(マルチストリームトランスポート)対応※
DisplayPort 1.2 デイジーチェーン接続対応モニターまたは電源供給可能なDisplayPort MSTハブのいずれかとDisplayPort1.2に準拠したコンピューターを使用することで、1つのDisplayPortコネクターを介して映像を3台までのモニターに表示できます。
※CS1922/CS1924のみ。

5. 簡単かつスムーズなコンピューター切替操作
製品本体のプッシュボタンやキーボードによるホットキーの他に、マウスホイールのクリックでもポート切替が可能です。製品を初めて使うユーザーでも複雑な操作を覚える必要がなく、簡単に使用できるのが特長です。

標準売価:
製品型番 製品名                                     標準価格(税抜)
CS1912 USB 3.0ハブ搭載 2ポートUSB DisplayPort KVMP™スイッチ 36,000円
CS1914 USB 3.0ハブ搭載 4ポートUSB DisplayPort KVMP™スイッチ 53,000円
CS1922 USB 3.0ハブ搭載 DCI 4K対応 2ポートUSB DisplayPort KVMP™スイッチ 45,000円
CS1924 USB 3.0ハブ搭載 DCI 4K対応 4ポートUSB DisplayPort KVMP™スイッチ 68,000円

出荷開始日:2017年2月21日

このプレスリリースの付帯情報

CS1922(上段)およびCS1924(下段) 外観

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

ATENとは
ATENはコネクティビティおよび管理ソリューションのプロフェッショナルとして、ワールドワイドにビジネスを展開している企業です。1979年に台湾で設立されて以来、北米、欧州、アジア各国に拠点を増やし、KVMスイッチ市場では世界的なリーディングカンパニーとしても知られています。
SOHO/SMB向けKVMソリューションである「ATEN」やエンタープライズ向けサーバー管理ソリューションである「ALTUSEN」シリーズ、また、これらの製品開発で培ってきた技術や経験を生かして、近年ではプロフェッショナル向けA/Vソリューション「VanCryst」シリーズやグリーンエネルギーソリューション「NRGence」も展開し、多様化する市場のニーズに応えます。ATENジャパン株式会社は、ATENの日本法人として2004年に設立され、日本におけるATEN製品の広告宣伝、販売、アフターサポートを担当しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事