logo

AIチャットボットを活用した体験型コンテンツネットワーク「Cogni-Screw」の提供を開始

ショーケースギグ 2017年02月13日 15時03分
From PR TIMES

宅配寿司「銀のさら」がプロモーションに採用

株式会社Showcase Gig(本社:東京都港区、代表取締役:新田 剛史)は、AIチャットボットを活用した体験型コンテンツネットワーク「Cogni-Screw(読み:コグニ・スクリュー)」の提供を開始いたします。



[画像1: リンク ]


「Cogni-Screw」は、AIチャットボットを活用した体験型広告を配信できるアドネットワークです。

「Cogni-Screw」は、様々なブランドのAIチャットボットを体感でき、エンターテイメント情報を提供するメディア「rooVeR(読み:ルーバー)」(Showcase Gig及び株式会社セガゲームス セガネットワークス カンパニーが共同運営)においても展開してまいります。
※「Cogni-Screw」の広告配信には、ゴールドスポットメディアの「.JP 3」の技術を活用。

体験型広告は、まず「ウレぴあ総研」(ぴあ)、「GREE News」(Glossom)、「JBpress」(日本ビジネスプレス)、「いこーよ」(アクトインディ)、「エキサイト ニュース」(エキサイト)、「東洋経済オンライン」(東洋経済新報社)をはじめとした8媒体(2017年2月現在・今後随時増加予定)に配信いたします。
第一弾のクライアントとして、宅配寿司「銀のさら」(株式会社ライドオン・エクスプレス)のプロモーションに採用され、2016年12月12日よりキャンペーンを実施しています。

■キャンペーン概要
「ウレぴあ総研」、「GREE News」、「rooVeR」などのコンテンツページに、銀のさらのブランドキャラクターである「銀さん」のチャットヘッドが登場し、ユーザーに話しかけます。ユーザーがタップすると、キャンペーンページに遷移します。

AIチャットボット企画を活用することで、ユーザーは「銀のさら」とのタイアップコンテンツである「すし道検定」を自然な形で楽しみながらブランドを体験することが可能になります。


[画像2: リンク ]



Showcase Gigは、自社で企画・開発したAIエンジン「O:der Cognis(読み:オーダーコグニス)」を利用し、実店舗運営支援ソリューション「O:der(読み:オーダー)」における接客・購買ナビゲーションサービスや、「rooVeR」(Showcase Gig及び株式会社セガゲームス セガネットワークス カンパニーが共同運営)でのAIチャットボットを活用したエンターテイメント情報レコメンドサービスを提供しておりますが、今後もより一層AI領域の事業展開を強化してまいります。

【Showcase Gig】リンク

Showcase Gigは、実店舗運営支援ソリューション「O:der(読み:オーダー)」、IoTプラットフォーム「O:der Connect(読み:オーダー・コネクト)」、AIエンジン「O:der Cognis(読み:オーダーコグニス)」などを提供しており、飲食・小売店舗のデジタルツール開発を手掛けています。オムニチャネル・モバイル決済領域において、数多くの実績とノウハウを持っています。

「Cogni-Screw(コグニ・スクリュー)」は株式会社Showcase Gigの商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

【本プレスリリースに関するお問合せ】
株式会社Showcase Gigメディアビジネス部 橋本 貴大
TEL:03-5772-2947 FAX:03-5772-2948
Email:info.ad@roover.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事