logo

マルケト、創業わずか3年目で「働きがいのある会社」ランキングでベストカンパニー受賞 ~従業員25~99人部門で1位に選出~

株式会社マルケト 2017年02月10日 11時26分
From PR TIMES



エンゲージメントマーケティングソフトウェアと関連ソリューションのリーディングプロバイダーである株式会社マルケト(本社:東京都港区、代表取締役社長:福田康隆、以下「マルケト」)は、株式会社働きがいのある会社研究所(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡元利奈子)が運営するGreat Place to Work(R) Institute Japanが発表した2017年版日本における「働きがいのある会社」ランキング、従業員25~99人部門において1位に選出され、ベストカンパニーを受賞しました。

[画像: リンク ]

同ランキング調査は、Great Place to Work(R) Institute が主催する世界最大規模の従業員意識調査で、日本を含む世界約50カ国で、展開されています。経営・管理者層との「信頼」、仕事への「誇り」、仲間との「連帯感」からなる「働きがいのある会社」モデルに基き、高い評価を獲得し、「ベストカンパニー」に選ばれました。


お客様、パートナー様、自分自身へのコミットメントと実行で、創業わずか3年目で、ユーザー会(Japan Marketo User Group)の会員数480名を超える成長へ


マルケトは、2014年の創業来、日本にマーケティングオートメーション市場を確立してきました。全社員と"ビジョン(私たちが何を目指しているのか)" 、"ミッション(私たちの存在意義)" 、"バリュー(ビジョンを達成するためにどんな価値観を大切にするのか)"を改めて見直し、行動指針として日常業務で実践しています。お客様、パートナー様、マルケトメンバーそして、自分自身へのコミットメントと着実な実行が、創業わずか3年目で、日本のMarketoユーザー会(Japan Marketo User Group)の会員数480名を超える成長へとつながっています。

成長期を支える多様な人材を積極採用


新しいテクノロジーの台頭により、企業と生活者、生活者同士、さらにその先の新しい繋がりへと、Engagementによって、新しい価値が生まれています。まさに時代の転換期が到来しています。この"Engagement Economy"という世の中で起きている様々な変革を、自らリーダーとなって世の中に啓蒙し、『Marketo』のエンゲージメントマーケティングで、企業の持続的な成長と、企業価値の向上を牽引すると共に、エンゲージメントプラットフォーム市場の創造を目指します。そして、『Marketo』が"Engagement Economy"を実現するための巨大なエコシステムの中核となり、その巨大市場の中で2020年までに売上100億企業となり、世界で最も革新的な企業と評されるよう努めていきます。この目標を達成するために多様な人材を積極的に採用しています。マルケトで、エンゲージメントマーケティングで日本企業の改革を支援し、新しいマーケティングに一緒にチャレンジしていただける方は、採用ページ(リンク)をご覧ください。

本受賞に関し、マルケトの代表取締役社長 福田康隆は次のように述べています。 「設立からわずか3年目で、働きがいのある会社に選出された喜びを社員全員と分かち合いたいと思います。この結果は社員一人ひとりが自分たちの会社を創っていくという強い想いと、Marketoのエンゲージメントマーケティングで、世界で最も革新的な企業と評される日本企業や、世界から注目される日本のマーケターをもっと増やしていきたいという強い意志の表れであると思います。今後も私たちのビジョンを軸に日本企業のマーケティング改革を支援し、日本企業の競争力強化に貢献すべく邁進していきたいと思います。」
                                                 以上

【Great Place to Work(R) Instituteについて】

Great Place to Work(R) Institute は、「働きがいのある会社(Great Place to Work(R)) 」に関する調査・評価・支援を行う専門機関です。「働きがいのある会社」を世界共通の基準で調査し、各国の有力メディアで「働きがいのある会社のランキング」(リスト)を発表しています。なお、本リストは、米国では1998年から「FORTUNE」誌を通じて毎年発表されており、このリストに名を連ねることが「一流企業の証」と受け止められています。調査には、毎年約50カ国で7,000社、500万人を超える従業員が参加しており、世界最大規模の従業員意識調査となっています。2017年発表「働きがいのある会社」ランキング発表はこちらをご覧ください。

【Great Place to Work(R) Institute Japanについて】

Great Place to Work(R) Institute Japanは、日本における「働きがいのある会社」の普及を目指し、2007年にスタートいたしました。日本における「働きがいのある会社」ランキングの発表は今回(2017年)で11回目の発表となります。調査に加え、各種研修やワークショップ等のサービスも展開し、日本で「働きがいのある会社」づくりのご支援を行っております。

【Great Place to Work(R) の調査内容】

「経営・管理者層への信頼」「仕事や会社への誇り」「仲間との連帯感」に関連する58の設問への5段階評価、および2問の自由回答設問に、参加企業の従業員が無記名で回答する「従業員へのアンケート」と、参加企業の企業文化や会社方針、人事施策、具体的には、採用、経営層からの意見浸透、従業員からの意見聴取、人材育成、ダイバーシティ、ワークライフバランス、社会・地域貢献活動などの具体的な取り組み内容を参加企業が回答する「会社へのアンケート」を、世界共通の基準で評価します。配点は、「従業員へのアンケート」が2/3、「会社へのアンケート」が1/3であり、「従業員からの声」を重視した配点となっています。

■マルケト(Marketo)について
マルケトは、獲得からアドボカシーに至るまで、マーケターと顧客との長期的な関係の発展を支援するよう設計された先進的なエンゲージメントマーケティングソフトウェアとソリューションを提供しています。マルケトはマーケターのためにマーケターによって設立され、マーケティングテクノロジーにイノベーション検討課題を設定しています。マルケトは経営理念をMarketing Firstに置いています。カリフォルニア州サンマテオの本社を始め、世界中にオフィスを設け、戦略的パートナーとして、多岐に渡る業界の大企業や急成長している中小企業を支援しています。Marketoのエンゲージメントマーケティングプラットフォーム、パートナーエコシステムのLaunchPoint(R)、巨大なコミュニティMarketo Marketing Nation(R)の詳細についてはこちら(リンク)をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。