logo

日本人母娘が発信するウガンダ発のブランド「RICCI EVERYDAY」「スーツケースの中をプレイフルに」トラベルアイテムを初発表

株式会社RICCI EVERYDAY 2017年02月08日 11時24分
From PR TIMES

~新作発表とともに2月15日~17日開催「rooms」に出展~

カラフルでプレイフルなアフリカ布を使用し、デザイン性と機能性を兼ね備えたバッグやトラベルグッズを企画・製造・販売するウガンダ発のブランド「RICCI EVERYDAY」(リッチー・エブリデイ)を展開する株式会社RICCI EVERYDAY(静岡県静岡市、代表取締役:仲本律枝)は、2017年2月15日から3日間開催される、出展ブランド500以上、来場者2万人の世界でも有数の展示会「rooms34」に出展するとともに、今回の展示会で「RICCI EVERYDAY」初となるトラベルグッズを発表することをご報告いたします。



[画像1: リンク ]

「RICCI EVERYDAY」は、カラフルでプレイフルなアフリカ布を使用し、機能性を兼ね備えたバッグやトラベルグッズを企画・製造・販売する、メイド・イン・アフリカのブランドです。現在、大手百貨店やオンラインストアを中心に販売する製品は、ウガンダの直営工房において、シングルマザーがハンドメイドしています。この事業を通じて、彼女たちの生活向上に寄与し、経済的利益と社会的利益の両立を目指します。

また、「RICCI EVERYDAY」を運営する仲本千津は、2016年11月に「日本Africa起業支援イニシアチブ」にて最優秀賞を受賞するなど、ウガンダから世界へ発信するブランドとなるべく様々な取り組みを推進しています。

今回の「RICCI EVERYDAY」初となるトラベルアイテムは、日本とアフリカを年間に何度も行き来する仲本千津本人の「スーツケースの中がもっとカラフルだったら楽しい」という想いと、これから春休みやゴールデンウィークにかけての需要を加味した上での展開となります。


【「RICCI EVERYDAY」運営:仲本千津コメント】

この度カラフルでプレイフルなアフリカ布を使用したトラベルグッズを発表することとなりました。私自身、年に10回ほど出張に出ており、スーツケースが自分のワードローブになっていると言っても過言ではありません。出張中、スーツケースの中がカラフル&プレイフルで、なおかつキレイに整理されていたらどんなに魅力的だろうと思ったことがきっかけで、製作に至りました。可愛さプラス機能性を兼ね備えたトラベルグッズを、どうぞお楽しみください。


■「RICCI EVERYDAY」トラベルアイテムについて

・アイテム展開数:16型
・価格帯: 2,000円 ~5,400円
・発売開始日:2017年4月1日(土)


■展示会「rooms34」について

・開催期間:2017年2月15日(水)~2017年2月17日(金) AM10:00~PM6:00(予定)
・開催場所:国立代々木競技場第一体育館
・参加ブランド数:約500ブランド(予定)
・概要:2000年に誕生したrooms合同展示会は、独自の世界観を持つクリエイターを集積した発信の場所として、バイヤーやジャーナリストに出逢いやビジネスの場を創出。
・URL:リンク
※会期中の「RICCI EVERYDAY」ブース(E-3)には仲本千津も参加します。是非ご来場ください。


■共同創業者兼COO 仲本千津 プロフィール

1984年静岡県生まれ。一橋大学院卒業後、邦銀で法人営業を経験。その後国際農業NGOに参画し、ウガンダの首都カンパラに駐在。その時に出会ったシングルマザーたちとともに、カラフルでプレイフルなアフリカ布を使用したバッグやトラベルグッズを企画・製造・販売する「RICCI EVERYDAY」を日本に暮らす母と共に立ち上げる。

2015年に日本法人、2016年に現地法人及び直営店舗をカンパラ市にオープン。2016年11月に第一回日本アフリカ起業支援イニシアチブ最優秀賞受賞。頭の中を巡るテーマは、「紛争を経験した地域が、過去を乗り越え、幸せを生み出し続ける場になるには、どうすればいいか」ということ。

[画像2: リンク ]



■「RICCI EVERYDAY」について

・ブランド背景:“アフリカのもつ魅力で、人々のライフスタイルを、社会をより豊かなものに”をコンセプトに、「アフリカの真珠」と呼ばれるウガンダに直営工房を設立し、シングルマザーたちとものづくりを行っています。

「アフリカ」と聞くと紛争や貧困などネガティブなイメージを持つ方が多くいらっしゃいます。しかしアフリカは、ネガティブなことだけでなく、素晴らしい魅力にも溢れた場所です。アフリカの良さを知ってほしい、興味を持ってほしいという思いから、共同創立者である仲本千津は、ウガンダの首都カンパラに駐在した際に出会ったシングルマザーたちと、日本で暮らす母とともに、斬新な柄と大胆な原色使いで見る人を魅了する「アフリカン・プリント」を日本の方に伝えるため「RICCI EVERYDAY」を立ち上げました。

「RICCI EVERYDAY」では、豊富なバリエーションの中からひときわカラフルでプレイフルなアフリカン・プリントを使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグやトラベルグッズを企画・販売しています。価格帯は1万円前後で、30代から40代の旅が好きで、ファッションにこだわりを持って生きる、感度の高い女性をターゲットに、全国の大手百貨店やセレクトショップ、オンラインストアにて販売しています。また、「RICCI EVERYDAY」は、母と娘(仲本千津)が協力して立上げたブランドです。

・百貨店販売実績:静岡伊勢丹、松坂屋名古屋店、そごう・西武グループ、大阪あべのハルカス近鉄本店、京王百貨店新宿店、立川タカシマヤなど

・ブランドサイトURL:リンク

・オンラインストアURL:リンク

[画像3: リンク ]



■株式会社RICCI EVERYDAYについて
・会社名: 株式会社RICCI EVERYDAY
・代表者: 仲本 律枝
・所在地: 静岡県静岡市葵区安西1-57-7
・設立 : 2015年8月

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。