logo

マルタ・アルゲリッチの“奇跡の音楽祭”開催!! 海外に向けて大分県民出演の歓迎PR動画が公開

公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団 2017年02月07日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2017年2月7日

公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団 リンク

奇跡の音楽祭とともに、大分の魅力を世界に発信するPR動画公開のお知らせ

クラシック音楽界で最も高い評価を受けるピアニスト
“今世紀最高のピアニスト” “生ける伝説”
マルタ・アルゲリッチの”奇跡の音楽祭”開催!!
海外に向けて大分県民出演の歓迎PR動画が公開

“今世紀最高のピアニスト”“鍵盤の女王”の異名を持つ世界的な天才ピアニスト、マルタ・アルゲリッチが総監督を務める第19回「別府アルゲリッチ音楽祭」を、大分で5月6~26日に開催いたします。生の演奏を聴くことさえ難しいと言われているアルゲリッチが、22年に渡り欠かさず訪れる奇跡の音楽祭。今回は初の試みとして、大分県民が出演して歓迎の気持ちを表現するPR動画をYouTubeに公開しました。
リンク

【画像: リンク
(C)Rikimaru Hotta

【画像: リンク


19回目の今年は、まさに「奇跡の音楽祭」!

奇跡の音楽祭(1) “世界最高”の天才ピアニストを生で聴ける奇跡!
奇跡の音楽祭(2) 彼女のために音楽サロンまで建設! 大分との奇跡の物語!
奇跡の音楽祭(3) アルゲリッチに小澤征爾も共鳴! 二人の天才による奇跡!
奇跡の音楽祭(4) 世界に向けたPR動画で歓迎ムード一色に! 県民出演の温かい奇跡!


奇跡の音楽祭(1) “世界最高”の天才ピアニストを生で聴ける奇跡! 
「20世紀および21世紀最高のピアニストの一人」と称賛されるマルタ・アルゲリッチ。三度のグラミー賞に輝き、日本でも旭日小綬章、旭日中綬章を受章するなど、“生ける伝説”と呼ぶにふさわしいピアニストです。若手音楽家の育成にも力を注ぎ、その革新的な音楽創造への試みは世界中で注目を集めています。
彼女の生の演奏を聴くことは非常に困難だと言われており、国内のコンサートには皇后陛下のご来臨を賜るほどです。そんなアルゲリッチが22年にわたって、毎年必ず大分県で演奏する「別府アルゲリッチ音楽祭」は、日本人にとってまさに“奇跡の音楽祭”。毎年、日本中のクラシック音楽ファンが開催を心待ちにしています。


奇跡の音楽祭(2) 彼女のために音楽サロンまで建設! 大分との奇跡の物語!
1970年に初来日したマルタ・アルゲリッチですが、大分県別府市とは特に深いつながりがあります。1994年、別府から世界への文化発信を熱望した当時の別府市長が一人の日本人音楽家を頼り、アルゲリッチへ音楽ホール(別府ビーコンプラザ)の監督就任を依頼。こうして大分とアルゲリッチの“奇跡の物語”が始まりました。
過去18回開催されている「別府アルゲリッチ音楽祭」の拠点の一つに、2015年に作られた特別な音楽サロン「しいきアルゲリッチハウス」があります。椎木正和氏によりアルゲリッチへの親愛の証しとして作られたこの音楽サロンには、彼女専用のピアノ「Martita:マルティータ」が設置されています。たった150人が素晴らしい音響空間の中で、特別な時間(とき)を過ごすことができる、まさに奇跡のサロンです。

【画像: リンク

【画像: リンク


奇跡の音楽祭(3) アルゲリッチに小澤征爾も共鳴! 二人の天才による奇跡!
今回の音楽祭で、天才ピアニスト・アルゲリッチと共演するのは、世界的指揮者の小澤征爾氏。さらに水戸室内管弦楽団を迎え、室内オーケストラ・コンサートを開催します。その他、注目のコンテンツが盛りだくさんです。

■第19 回「別府アルゲリッチ音楽祭」 注目のコンテンツ
世界的ピアニストと世界的指揮者の共演!
アルゲリッチと世界を代表する音楽家との共演を実現する“ベスト・オブ・ベストシリーズ”の第5回。指揮に小澤征爾氏、世界有数の室内管弦楽団と評される水戸室内管弦楽団を迎え、室内オーケストラ・コンサートを開催。曲目はベートーヴェンのピアノコンチェルト第1 番を予定。

この音楽祭ならではのオリジナル企画も!
音楽祭のオリジナル企画であるマラソン・コンサートが再開。テーマは、『星の王子さま』。R.シューマンのさまざまな室内楽曲他を予定。アルゲリッチによるソロ演奏も。

150人だけのための至高の演奏!
チェロ界の巨匠ミッシャ・マイスキーとリリー・マイスキー父娘による、客席数150のサロン空間ならではの濃密できめ細やかなチェロ・リサイタル。会場は「しいきアルゲリッチハウス」。



奇跡の音楽祭(4) 世界に向けたPR動画で歓迎ムード一色に! 県民出演の温かい奇跡!
アルゲリッチ芸術振興財団は、別府アルゲリッチ音楽祭のPR動画『OITA PEACE SYMPHONY』を、2月7日(火)から公式サイトとYouTube上で公開。全編英語のナレーションとテロップで、海外へ向けてアピールするとともに、アルゲリッチ音楽祭に向けて歓迎ムードが高まる大分県民の姿を収めました。映像に登場するのは、旅館の女将、巫女、漁師、甲冑姿の鉄砲隊など、大分県民のみなさん。人口比率あたりの留学生数が全国トップの大分県らしく、在住外国人も多数出演して、毎年欠かさず大分県で演奏してくれるアルゲリッチへの感謝とともに、世界中の人々への歓迎の思いを温かく伝えます。

【画像: リンク

【画像: リンク

【画像: リンク

【画像: リンク

【画像: リンク

【画像: リンク


PR動画『OITA PEACE SYMPHONY』について
動画タイトル:『OITA PEACE SYMPHONY』
公開日:2月7日(火) 午後2時
バージョン:ロングバージョン4分36秒、ショートバージョン2分55秒 ※公式サイトではロングバージョンを配信。
動画URL:リンク
公開先URL:リンク

『OITA PEACE SYMPHONY』制作スタッフ
エージェンシー(AGENCY): 株式会社電通九州
クリエイティブディレクター(CD):瀧澤勝弘
プロダクション(PRODUCTION):株式会社ティーアンドイー
プロデューサー(P):渡辺弘幸(T&E)
プロダクションマネージャー(PM):疋田仁志、辻慧介(T&E)
ディレクター(DIR):井上拓馬(T&E)
撮影(CA): 原賀俊輔(T&E)
照明(L):渕野公貴(AND FILM STUDIO)
録音(MIX):右田守起(T&E)
ヘアメイク(HM):佐藤夏海(FREE)
スタイリスト(ST):溝内浩二(EIGHT)
デザイン(D):佐野康幸(アドパスカル)
スチール:知識たかし(chishiki studio)
美術:神原哲哉(神原デザイン)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。