logo

TIS、自律移動型ロボット開発ベンチャーのSEQSENSEへ出資

TISインテックグループ 2017年02月07日 10時00分
From PR TIMES

~ 独自の3次元マッピング技術を備えた自律移動型ロボットと、クラウドやAIとの組合せで新たなロボットサービスの市場創造を目指す ~

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下 TIS)は、ベンチャー企業への投資を行う「コーポレートベンチャーキャピタル(以下 CVC)」から、自律移動型ロボット開発のベンチャーのSEQSENSE株式会社(本社:神奈川県川崎市、CEO:中村 壮一郎、以下 SEQSENSE)に、出資を行うことを発表します。



 SEQSENSEは2016年10月創業で、JAXA(宇宙航空研究開発機構)のはやぶさ/はやぶさ2プロジェクトメンバーをはじめ、20年以上フィールドロボットの開発に携わっている明治大学理工学部の黒田洋司教授らが設立した自律移動型ロボットを開発するベンチャー企業です。
 同社の自律移動型ロボットは、レーザースキャンを用いた3次元マッピング技術でロボット周辺の環境をリアルタイムに把握し、レーザースキャンの形状から人間を判別することができるため、人間が存在する商業施設やオフィスビルなどの環境下でもGPSや事前の地図情報無しにスムーズに移動できる点が特長です。
同社は、公募型の公開実験「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」の第1期の参加事業者に採択されています。

 SEQSENSEでは、24時間の巡回警備を要する施設内の警備など高度なセキュリティレベルを求められる一方で、人材の確保が難しい領域からサービスの提供を始め、その後は、自律移動型ロボットの活用が望まれる分野に合わせた機能開発を行い、サービス提供領域を広げていく予定です。

<SEQSENSEが開発中の自律移動型ロボット「セキュリティロボットSQ-1」>
[画像1: リンク ]


 TISでは、少子高齢化による労働力の不足など様々な社会課題を抱える日本社会の解決策として、ロボティクスインテグレーション(ロボティクス技術とICT技術の連携)に着目しています。
 TISのシステム開発技術や様々な事業分野で培ってきた業務ノウハウ、クラウドおよびAIに関する技術や知見と、SEQSENSEの自律移動型ロボットの仕組みを組み合せることで、社会課題を解決する新たなソリューションやサービスの提供が可能になると考え、今回の投資に至りました。

 TISは、SEQSENSEと共同で空港やデータセンターにおける24時間警備を支援するソリューションや、大規模施設の警備支援やロボットによる施設の案内支援、搬送サービス支援など、労働力の確保が難しくなると考えられる事業領域を中心にソリューションやサービスの提供を目指していきます。

 また、TISでは、今後も、CVCを活用して、事業戦略においてキーとなるソリューション・技術を持つベンチャービジネスとの連携を強化していきます。

■SEQSENSE株式会社の概要
・社名:SEQSENSE株式会社
・所在地:神奈川県川崎市多摩区三田2-3227
・設立:2016年10月3日
・代表者:Co-Founder, CEO 中村 壮一郎、Co-Founder, CTO 黒田 洋司
・事業内容:自律移動型ロボットの開発、製造、販売、保守および関連技術の研究、開発
リンク

■TISの中長期の技術戦略
 TISでは、中長期の技術戦略として、「機械学習」「自然言語処理」といったAIの要素技術とネットワークロボティクス関連技術の検証・開発、大学との共同研究、関連ベンチャー企業への投資などを推進しています。

関連施策の詳細については、以下発表をご参照下さい。
・明治大学との共同研究がNEDOの「次世代ロボット中核技術開発」事業に採択
リンク
・AIビジネスのスタートアップ企業『株式会社エルブズ』にシードマネーを出資
リンク
・大阪大学 石黒研究室と、TIS、エルブズが、「AIと人の対話シナリオに関する研究」を開始
リンク
・公立はこだて未来大学 松原研究室と、TIS、エルブズが、AIの対話に関する二つの共同研究を開始
リンク
・AIを活用した融資審査モデルを提供するベンチャー株式会社ココペリインキュベートへ出資
リンク
・個性を学習する「unibo(ユニボ)」の開発ベンチャーユニロボットへ出資
リンク

■TISが目指す「イノベーションのエコシステム」について
 TISでは、「オープンイノベーション」と「イノベーションのエコシステム」の実現を目的に、ベンチャー企業への投資や大手企業とのビジネスコラボレーションのための各種施策を進めています。ベンチャー投資制度「コーポレートベンチャーキャピタル」では、アーリーからミドルステージの急成長期にあるベンチャー企業を投資対象に、外部有識者から成る「諮問委員会」と連携した「コーポレートベンチャーキャピタル投資委員会」で発掘から投資までを、最短1ヶ月程度で行います。また、資金提供だけでなく、TISのエンジニアなどの“ヒト”や、オープンイノベーションによる新たなビジネス創造の拠点『bit&innovation』に代表されるワークスペースやIT資産などの“モノ”も提供する多面的な連携もおこないます。

<「イノベーションのエコシステム」の一連の流れ>
[画像2: リンク ]


関連施策の詳細については、以下発表をご参照下さい。
・ベンチャー企業へ投資する『コーポレートベンチャーキャピタル』を創設
リンク
・オープンイノベーションを促進する新拠点『bit&innovation』を西新宿に開設
リンク

TIS株式会社について
TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。リンク

TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。