logo

疾患の治療アプリを開発する株式会社キュア・アップへ追加出資

Beyond Next Ventures株式会社 2017年02月06日 10時00分
From PR TIMES

ICT活用による医療費削減に貢献する「治療アプリ」の、日本における今後の普及に期待

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:伊藤毅、以下「当社」)は、当社が運営するファンドを通じて、株式会社キュア・アップ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐竹 晃太)に対して、リードインベスターとして追加出資を行いました。この度の出資は、株式会社慶應イノベーション・イニシアティブと、SBIインベストメント株式会社との協調投資によるもので、出資総額は3.8億円です。



[画像1: リンク ]


キュア・アップは、モバイルテクノロジーの進化を適用した新しい医療の形として、従来より高い治療効果を実現する個別最適化された(パーソナイライズド)医療の実現を目指しています。具体的には、これまで介入の難しかった患者様の意識・習慣や時間帯(院外、在宅・外出時など)も含めて、幅広い患者様の生活に「治療アプリ」を通して治療介入し、患者様それぞれの状態に応じた適時適切なフォローを行う仕組みを構築しています。

キュア・アップの開発する「治療アプリ」分野では、既に米国でFDAの承認を得て実際に処方されている製品もあります。当社は、ICT活用による医療費削減に貢献する「治療アプリ」が、日本においても今後の普及を期待できるものと考え、2015年の同社への出資に続き、この度の追加出資を行うことといたしました。


【キュア・アップについて】
株式会社キュア・アップは、高度なソフトウェア技術と医学的エビデンスに基づいた疾患治療用プログラム医療機器の研究開発から製造販売まで行うMedTechベンチャーです。「アプリが病気を治療する効果を持つ」という新しい医療サービスを日本で初めて実現するために、病気を治療するアプリである「治療アプリ」の開発に取り組んでいます。

「治療アプリ」は患者様ごとの日々の治療経過を基に、医学的知見とエビデンスをベースとしたアプリが解析、ガイダンスを行うことにより新しい治療効果を生み出すことを狙います。また意識・行動の変容から習慣レベルの改善を促すことで、疾病の根本的改善にも資する可能性を持っています。弊社は、国内ではいち早く臨床試験を開始し、複数の疾病への展開も開始しています。

現在の「治療アプリ」の開発状況は以下の通りです。
■ニコチン依存症治療用アプリ:慶應義塾大学医学部呼吸器内科との共同開発、多施設共同臨床試験を2015年2月より進行中。
■非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療アプリ:東京大学医学部附属病院との共同研究。昨年10月から臨床研究を進行中。
[画像2: リンク ]



【Beyond Next Venturesについて】
Beyond Next Venturesは2014年8月に創業した、大学発・技術系ベンチャーへのインキュベーション投資に特化した独立系ベンチャーキャピタルです。大学シーズの事業化支援から、ベンチャー投資、成長支援、EXITまでに渡る豊富な投資経験と優れた運用実績を有する、国内でも数少ない当分野におけるリーディングベンチャーキャピタルの1社であり、科学技術振興機構(JST)の大学発新産業創出プログラム(START)における事業プロモーターや、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の研究開発型ベンチャー支援事業に関するベンチャーキャピタルとして認定を受けています。2015年2月に組成したBNV1号ファンド(総額約55億円)は、独立系ベンチャーキャピタルの1号ファンドとしては最大規模のもので、主に医療機器やロボット等の先端分野を投資対象としています。

また、2016年8月に、大学発の技術シーズに高い関心を持つ複数の大手事業会社とともに立ち上げた、シードアクセラレーションプログラム “BRAVE” を通じて、技術をベースとして実用化・事業化を目指す研究者に対し、その夢を実現するための知識・ノウハウと人的ネットワークを提供し事業化支援を行っています。2017年2月1日より第2期プログラムにあたる、 ”BRAVE 2017 Spring” のエントリー受付を開始しました。

BRAVEアクセラレーションプログラム “BRAVE 2017 Spring”
リンク


株式会社キュア・アップ 概要
本社     :東京都中央区日本橋小舟町1-3 CASTELLINO O.T. NIHONBASHI 7階
代表者    :代表取締役社長:佐竹 晃太
設立日    :2014年7月
ウェブサイト :リンク
代表 佐竹晃太について:呼吸器内科医、MD/MBA/MPHホルダー。2007年に慶應義塾大学医学部を卒業後、日本赤十字社医療センターなどで呼吸器内科医として診療に従事。2012年に上海にある中欧国際工商学院(CEIBS)へMBA留学後、米国ジョンズ・ホプキンス大学にて医療インフォマティクスを専攻し、2014年に株式会社キュア・アップを創業。ビジネスからアカデミック分野における海外モバイルヘルス事情に精通しています。

Beyond Next Ventures株式会社 概要
本社     :東京都中央区日本橋本町1-4- 3 日本橋ムロホンビル1
代表者    :代表取締役社長 伊藤 毅
設立日    :2014年8月
ウェブサイト :リンク
代表 伊藤毅について:日本最大のベンチャーキャピタルである株式会社ジャフコにおいて産学連携投資グループリーダーを務め、CYBERDYNE株式会社、Spiber株式会社など数々の有力なテクノロジーベンチャーにリード投資を行い、社外取締役として支援するなど、大学発・技術系ベンチャーのインキュベーション投資に関して、豊富な経験と優れた運用実績を有しています。

<本件に関するお問い合わせ>
広報担当 宮川
E-mail:pr@beyondnextventures.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事