logo

社員教育特化型・映像配信プラットフォーム「ノービル」、IT導入補助金の対象に

株式会社COTEN 2017年02月02日 16時14分
From PR TIMES

中小企業の導入経費を最大100万円、3分の2負担

社員教育特化型・映像配信プラットフォーム「ノービル」は経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT 導入支援事業」の対象となった。この制度を活用して「ノービル」を導入した事業者は最大100万円の補助が受けられる。



[画像: リンク ]

株式会社COTENの提供する教育特化型・映像配信プラットフォーム「ノービル」が、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT 導入支援事業(以下、IT導入補助金)」の対象サービスとなった。

 ▼参考1▼
 社員教育特化型・映像配信プラットフォーム「ノービル」
 リンク

 ▼参考2▼
 経済産業省支援「IT導入補助金」
 リンク

IT導入補助金は、中小企業や小規模事業者などがITソフトウェアやサービスを導入する経費の一部を補助し、導入事業者の生産性を向上させることを目的とした制度。

サービス導入費用に対して補助率は3分の2以内が認められており、上限額は100万円、下限額は20万円と定められている。また、同サービスに関しては、申請受付期間は1月27日から2月28日の17時までの約1ヶ月間で、この期間に「ノービル」を新規で導入した事業者が対象となり、約100億円の予算に達し次第終了となる。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。