logo

2017年春コンセプト『Meet the New 私 ~新しい私に会うバッグ~』スタート

株式会社マザーハウス 2017年02月02日 13時10分
From PR TIMES

働く女性がより自由に、自分らしくいられるバッグ 全6種を販売開始

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」を理念とする株式会社マザーハウス(所在地:東京都台東区、代表:山口絵理子)は、2017年春のコンセプト『Meet the New 私 ~新しい私に会うバッグ~』のもと、働く女性に寄り添うバッグ全6種類を2月4日より順次展開いたします。



[画像1: リンク ]


新しい季節に、新しい自分に・・・『Meet the New 私 ~新しい私に会うバッグ~』
「とりあえずきちんと見えるものを」「何にでも合う黒か茶色で」「大容量でないと」。
仕事用のバッグ選びに悩む女性は多く、女性用のビジネスバッグは選択肢が豊富とはいえません。
フォーマルながらも自分らしさを実現する形や色や風合い、負担にならない軽さ、たくさん入る収納力など、働く女性が増えているからこそ、通勤の背中を押してくれる相棒バッグが必要とされています。
新コンセプト『Meet the New 私 ~新しい私に会うバッグ~』は、働く女性が新たな自分の一面を表現でき、毎日を彩る相棒バッグを見つけられるように・・・という思いから生まれました。

働く女性がより自由に、自分らしくいられるバッグ全6種
2017年春コンセプトのもとで展開するバッグは全6種。
上品ながらもタフなイメージのハンドバッグ『Soft Emboss 2 Way Hand』、どんなシーンでも活躍する縦横比率のトートバッグ『Soft Emboss Tote』、ワンショルダーからバックパックに変化する2wayバッグ『yozora』、淡いグラデーションと軽さが特徴のトートバッグ『Shinryoku Tote』、使い込まれたような風合いのアンティークレザーを使ったワンショルダーバッグ『Antique One Shoulder』、女性らしい曲線フォルムのボストンバッグ『Two Face Boston』。形、色、使うシーン、バッグの与えるイメージなど個性あふれた展開です。
働く女性がより自由に、自分らしくいられる選択肢をマザーハウスは今後も提案してまいります。

【商品概要】
ソフト エンボス 2 ウェイ ハンド(2/4発売予定)
フォーマルな印象のハンドバッグ。
きちんとした上品さはありながらも、簡単には傷つかないタフな女性がイメージです。
カラー:ネイビー、ベージュ、グレー
外装:牛革、内装:綿、ポリエステル、牛革
価格:34,560円(税込)
[画像2: リンク ]


ソフト エンボス トート(2/4発売予定)
どんなシーンでも活躍する縦横の比率にこだわったトートバッグ。
「よし、行くぞ」と声をかけたくなるような、信頼できる相棒バッグを目指しました。
カラー:ネイビー、ベージュ、グレー
外装:牛革、内装:綿、ポリエステル、牛革
価格:34,560円(税込)
[画像3: リンク ]


ヨゾラ 2 ウェイ バッグ(2/4期間限定色発売予定)
ワンショルダーとバックパックに変化する、オンにもオフにも使える2wayタイプ。
しなやかに、アクティブに働く女性に持っていただきたい機能性の高いバッグです。
カラー:ネイビー、パープル、グレー、ホワイト(※期間限定)、スカイグレー(※期間限定)
外装:牛革、内装:綿
価格:M 35,640円(税込)、L 39,960円(税込)
[画像4: リンク ]


シンリョク トート(2月下旬発売予定)
淡いグラデーションと軽さが特徴のシンプルなトートバッグ。
春の光や風を感じられる、軽やかな女性をイメージしています。
カラー:イエロー、グリーン
外装:牛革、内装:綿
価格:35,640円(税込)
[画像5: リンク ]


アンティーク ワン ショルダー(2月下旬発売予定)
使い込まれたような風合いのアンティークレザーを使ったワンショルダーバッグ。
革の変化をゆったり楽しめる、長い時間をを共にできる大人の女性がイメージです。
カラー:ブラウン、ダークブラウン
外装:牛革、内装:綿、ポリエステル、牛革
価格:38,880円(税込)
[画像6: リンク ]


ツー フェイス ボストン(3月上旬発売予定)
ボストンの収納力と、女性らしい曲線を重視したフォルムのバッグ。
一歩を進むエンジンを搭載しているタンクをイメージしています。
カラー:グレー、ブルー、モカ
外装:牛革、内装:綿、ポリエステル、牛革
価格:M 41,040円(税込)、S 35,640円(税込)
[画像7: リンク ]


【マザーハウスとは】
『途上国から世界に通用するブランドをつくる』。
「途上国」の可能性を「ものづくり」を通じて世界中のお客様にお届けする、
それがマザーハウスが行いたいことです。
2006年の設立以来、バングラデシュをはじめ、ネパール、インドネシア、スリランカの計4か国で、
それぞれの素材や文化を活かしたものづくりを続けています。
2017年2月現在、国内21店舗、台湾6店舗、香港2店舗の計29店舗を展開しています。

【『 Meet the New World 』とは】
マザーハウスが生まれてからの10年間で、世界は大きく変わりました。
「途上国」と「先進国」という境界線は曖昧になり、世界はとても複雑に絡み合っています。
一方で、希望の眼差しで見ると、私たちの生きる世界の向こう側には
その数だけ多様性に彩られた「新しい世界」が存在しているということでもあります。
『Meet the New World ~新しい世界との出会いを~』という言葉はそこから生まれました。
商品を通じてお客さまに「新しい世界」との出会いや感動を。
生産地で商品をつくる職人たちにとっても、お客様という「新しい世界」とつながれるように。

そして、そこから派生したのが、2017年春コンセプトの『Meet the New 私 ~新しい私に会うバッグ~』です。
新しい季節を迎えることをきっかけに、バッグをとおして自分自身の新しい一面と出会えるような、
そんなきっかけになることができればと考えています。

【会社概要】
会社名  株式会社マザーハウス
所在地  東京都台東区台東2-7-1 安藤ビル3F
設立   2006年3月9日
事業内容 発展途上国におけるアパレル製品及び雑貨の企画・生産・品質指導、同商品の先進国における販売
代表   山口絵理子
公式ウェブサイト リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事