logo

クイーンエリザベス工学賞をデジタルイメージングセンサー開発者4人に授与

Queen Elizabeth Prize 2017年02月02日 10時15分
From 共同通信PRワイヤー

クイーンエリザベス工学賞をデジタルイメージングセンサー開発者4人に授与

AsiaNet 67254(0131)

【ロンドン2017年2月1日PR Newswire=共同通信JBN】デジタルイメージングセンサーの開発に携わった4人のエンジニアが世界で最も名誉あるエンジニアリング賞を受賞した。クイーンエリザベス工学賞(Queen Elizabeth Prize for Engineering)は世界を一変させる画期的な工学分野のイノベーションを表彰し、100万英ポンドを贈呈する。

受賞者はエリック・フォッサム(Eric Fossum)(米国)、ジョージ・スミス(George Smith)(米国)、寺西信一(日本)、マイケル・トンプセット(Michael Tompsett)(英国)の各氏。王立工学アカデミーでアン王女の出席の下、ジョン・ブラウン上院議員が発表した。

彼らのイノベーションは視覚世界を激変させた。それは、電荷結合素子(CCD)、pinフォトダイオード(PPD)、相補型金属酸化膜半導体(CMOS)イメージセンサーである。

デジタルイメージセンサーは、人間の目を超える解像度と感度で高速かつ低コストのカラーイメージングを実現する。センサーは、詳細な細胞構造から数十億光年離れた銀河に至るイメージに瞬時にアクセスすることを可能にし、医学、科学、通信、エンターテインメントを変革する。

この革命は、ジョージ・スミス氏によるCCD開発とマイケル・トンプセット氏によるイメージへの利用によって1970年代に始まった。CCDは初期のデジタルカメラに搭載されたイメージセンサーで、光の粒子すなわちフォトンを電気信号に変換し、イメージをデジタルデータとして保存することを可能にした。その10年後、寺西信一氏はpinフォトダイオード(PPD)を発明し、光捕獲「ピクセル」のサイズを縮小してイメージ品質を大幅に向上させた。エリック・フォッサム氏が1992年に開発したCMOSセンサーによって、カメラは小型化され、安価になり、バッテリー寿命が改善された。審査員長のクリストファー・スノーデン教授は「写真はコミュニケーションの普遍的な形式である。それは、いかなる言語を使っていようとも世界中の誰とでも、一瞬にして共有することができる。われわれがこのイノベーションを選んだのは、それが賞の表彰するものを体現しているからである。それは、誰もが理解できる刺激にあふれた本当に素晴らしいものであり、世界中に顕著な社会的影響を与えた」と語った。

クイーンエリザベス工学賞財団会長のブラウン上院議員は「2017年クイーンエリザベス工学賞は、われわれが視覚情報を記録し、それを分析する方法を根本的に変革した4人のエンジニアに贈られた。ジョージ・スミス、マイケル・トンプセット、寺西信一、エリック・フォッサムの各氏の業績を推進する国際的な協調スピリットは、クイーンエリザベス工学賞の理念を見事に包含している。彼らを表彰することで、次世代のエンジニアが今後も可能性のフロンティアの開拓を継続していく励みとなることを望む」と語った。

詳細はウェブサイトリンク を参照。

ソース:Queen Elizabeth Prize

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。