logo

「ホイップマリーム」公式サイトオープン! 人気日本料理店「賛否両論」笠原シェフ監修のレシピ動画も期間限定で公開 クリーミングパウダー〈マリーム〉と和食のコラボ!?

味の素ゼネラルフーヅ株式会社 2017年02月01日 11時30分
From PR TIMES

リンク

AGF(味の素ゼネラルフーヅ株式会社 代表取締役社長:品田 英明)は、1974年発売のクリ―ミングパウダー〈マリーム〉の新しい使い方を紹介した「ホイップマリーム」公式サイトを、2017年2月1日(水)10時よりオープンします。また本サイトのオープンを記念して、有名日本料理店「賛否両論」のシェフ、笠原将弘さん監修の「ホイップマリーム」レシピ動画も4月30日(日)まで期間限定で公開します。



[動画: リンク ]



 本サイトでは、〈マリーム〉をお湯で溶いて氷水で冷やしながら泡立てるだけで、ふんわりクリーミーな「ホイップマリーム」が誕生することを紹介します。〈マリーム〉は、クリ―ミングパウダーで長期保存が可能なため、必要な時に必要な量だけ作ることができます。

 また今回、「予約のとれない店」として話題の日本料理店「賛否両論」のオーナー兼料理人、笠原将弘さんに、「ホイップマリーム」を使ったレシピを開発していただきました。笠原シェフは、「ホイップマリームはあっさりしているので素材の味を邪魔せず、なおかつ、コクと深みを与えてくれるので、料理がバツグンに美味しくなります。」と、和食との相性の良さについて語るとともに、「まさか〈マリーム〉を使ってこんなお料理ができるとは思わなかったです。」という驚きの声も漏らしていました。
 「ホイップマリーム」レシピ動画では、「クリーミー豚汁」と「ぶり照り焼き」を紹介。レシピ開発秘話を笠原シェフ自身が語ります。

 笠原シェフ開発レシピの詳細及びレシピ動画は「ホイップマリーム」公式サイトでご覧ください。
リンク

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


■笠原将弘さんプロフィール
[画像3: リンク ]

1972年東京生まれ。
「正月屋吉兆」で9年間修業後、武蔵小山にある実家の焼鳥店「とり将」を継ぐ。店の30周年を機にいったん店を閉め、2004年、恵比寿に自身の店「賛否両論」を開店。独創的な感性で作り上げる料理が評判を呼び、たちまち予約の取れない人気店となった。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。