logo

沖電線、高屈曲ロボットケーブル「ORPケーブル・シリーズ」のオーダーメイドサービス「ORP-MIX サービス」を提供開始

OKI 2017年01月31日 11時00分
From PR TIMES

短納期・少量生産体制とラインアップの充実によるニーズへの対応力を強化



沖電線株式会社(社長:来住 晶介、本社:神奈川県川崎市、以下 沖電線)は、高屈曲ロボットケーブル「ORPケーブル・シリーズ」をベースとしたオーダーメイドケーブルを短納期・少量から提供する「ORP-MIXサービス」を、2017年2月1日より開始します。

沖電線の主力商品のひとつである「ORPケーブル・シリーズ」は、絶縁体に独自開発の強靭で滑り性に優れた特殊エラストマー(注1)を採用することで、可動性能を向上させつつ、低価格化を実現したロボットケーブルです。コストパフォーマンスに優れたロボットケーブルとして、産業用機器メーカーをはじめとする多くのお客様に好評を博しています。一方、お客様での用途の広がりから、サイズの異なる導体を組み合わせたカスタム設計の依頼や、それらを少量ですぐに欲しい、といった要求も増えてきました。こうした要求に対しては、都度、個別に対応してきましたが、希望される納期に十分なお応えができないなどの課題がありました。

このたび提供を開始する「ORP-MIXサービス」は、「ORPケーブル・シリーズ」を用いて、お客様が希望する導体サイズや心(対)数、シールドの有無などの組み合わせに柔軟に応える、短納期・少量生産のオーダーメイドサービスです。お客様の個別要求に即応する体制を新たに整え、オーダーをいただいてから標準で2週間の短納期、50mの少量から生産対応し、お客様の機器開発や試作でのケーブル調達にフレキシブルに対応可能としました。これにより、納期や購入数の少量による懸念からオーダーに踏み切れなかったお客様に対しても、お求め易いサービスとなっています。

また、本サービスの提供に合わせて「ORPケーブル・シリーズ」の中でも細径、軽量を特長とする「ORPスリムケーブル」のラインアップ充実を図りました。お客様からの要望を踏まえ、対応する導体サイズの範囲拡大、心(対)数の追加を行い、標準ラインアップは、従来の75品種から224品種へと品揃えが大幅に拡大します。これらのラインアップ充実と、新たに提供する「ORP-MIXサービス」により、お客様の多様な用途、ニーズに応え、お客様により満足いただける商品の提供が可能となります。

沖電線は、今後もお客様にご満足いただける商品とサービスの向上に向け、積極的に取り組んでまいります。

ORP-MIX サービス概要
・基本仕様


[画像1: リンク ]


・仕様例断面図
[画像2: リンク ]


ORPスリムケーブル ラインアップの拡充
・ラインアップの追加は、太字で示した導体サイズ、対心数の構成


[画像3: リンク ]


販売計画
サービス提供開始時期:2017年2月1日
販売目標:2017年度3億円以上(本サービス含めたORPケーブル・シリーズ全体)

用語説明
注1:特殊エラストマー
高難燃性で柔軟性、耐摩耗性を持つ合成樹脂。


記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
沖電線株式会社 営業本部営業企画部
電話:044-754-4360
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
お客様相談窓口
電話:0120-087091(フリーダイヤル)
受付時間:8時30分~12時、13時~17時(当社営業日)
お問い合わせフォーム
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。