logo

第1回マクドナルド総選挙 1回戦の結果 Aブロック、Bブロックの代表がついに決定!

日本マクドナルド株式会社 2017年01月25日 10時05分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、お客様からの人気投票により、マクドナルドのレギュラーバーガー12種類からマクドナルドの日本一のバーガーを決める「第1回マクドナルド総選挙」を、全国のマクドナルドにて実施しています。1月6日(金)から24日(火)まで1回戦が行われ、Aブロックでは「ダブルチーズバーガー」、Bブロックでは「てりやきマックバーガー」が1位となり、ブロック代表の座を獲得いたしました。

“あなたの推しバーガーを、日本一に。”というキャッチコピーのもとで行われる総選挙では、立候補する12種類のバーガーが、それぞれ驚きの“公約”を宣言。ビーフバーガーグループの「Aブロック(6種)」、ビーフ以外のグループの「Bブロック(6種)」に分かれて、1月6日(金)から24日(火)まで1回戦を行いました。そして、本日1月25日(水)から1月31日(火)まで両ブロックの1位のバーガー同士の決勝戦を実施します。優勝したバーガーは、公約が実現され、スペシャルバーガーとして期間限定で発売します。

【1回戦ハイライト】Aブロック代表の「ダブルチーズバーガー」は序盤は「ビッグマック」にリードを奪われていましたが、投票開始から3日後の1月9日(月)に見事逆転。翌日には再度ビッグマックにトップの座を奪われるも、その翌日には再逆転してみせるといった超接戦を演じ、その後も僅差のデッドヒートが続きましたが、ラスト3日間に勢いを増した「ダブルチーズバーガー」がAブロックを制覇しました。
Bブロック代表となった「てりやきマックバーガー」は、選挙序盤から優勢が続きました。2位以下の「えびフィレオ」や「フィレオフィッシュ」なども健闘しましたが、最終的には「てりやきマックバーガー」が、その他バーガーに大きな差をつけ、貫録の代表権獲得となりました(詳細は第1回マクドナルド総選挙のキャンペーンサイトで1月25日(水)午前10時30分に公開される情報をご覧ください)。URL :リンク

決勝戦の熱い戦いの模様は、第1回マクドナルド総選挙キャンペーンサイト内の「最新得票状況」や「総選挙チャンネル」でご覧いただけます。注目の結果は、2月1日(水)に同じく、第1回マクドナルド総選挙キャンペーンサイトなどで発表し、同日から7日(火)まで期間限定で公約を実現したバーガーを販売します。「ダブルチーズバーガー」が1位になった場合は、「価格はそのまま、お肉もチーズもトリプルに。『ダブチ』から『トリチ』へ!」が実現されます。「てりやきマックバーガー」が1位になった場合は、公約「皆様のために、通常価格でWてりやきへ。」が実現されます。マクドナルド日本一のバーガーが決まる決勝戦にぜひご参加いただき、「推しバーガー」の応援をお楽しみいただければと存じます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。