logo

~世界初※1、高精細な4Kコンテンツ“Ultra HD Blu-ray”再生に対応※2~ 内蔵型BD/DVD/CDライター 2モデルを新発売





* 製造元:パイオニア株式会社  販売元:株式会社エスティトレード
※1 2017年1月24日現在、内蔵型BD/DVD/CDライターとして。パイオニア調べ。
※2 Ultra HD Blu-rayの再生には、HDMI2.0a、HDCP2.2、HDR(推奨)規格に対応した機器が別途必要です。
  
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



フルハイビジョンよりも高精細な4K解像度のコンテンツの提供が始まり、その市場は、今後さらなる拡大が見込まれています。PC関連市場においても、高精細な4KコンテンツをPCでも楽しみたいといったニーズが高まっています。パイオニアは、4Kコンテンツである“Ultra HD Blu-ray”の再生に世界で初めて対応※1※2した16倍速記録(BD-R:1層25GB)対応内蔵型BD/DVD/CDライター「BDR-S11J-BK」と「BDR-S11J-X」を発売します。
両モデルは、高精細な4Kコンテンツ“Ultra HD Blu-ray”を再生できるほか、BDディスク(1層:25GB/2層:50GB)、BDXL™ディスク※3(BD-R XL:3層100GB/4層128GB、BD-RE XL:3層100GB)への記録と再生が可能です※4。また、オーディオCDのデータを忠実に読み取る「PureRead(原音再生)」の再読み取り性能を向上させた「PureRead4+」※5を搭載したほか、リアルタイムでデータ補間の発生頻度を抑える「RealTime PureRead」など、PCで音楽を楽しむための機能も充実しています。
「BDR-S11J-X」は、再生するオーディオCDの再生品質を4段階で表示し、低い品質の場合には本機の設定変更などの対処方法を表示する「オーディオCDチェック機能」を搭載しており、CDリッピングや音楽再生などの用途に適しています。また、ハイエンドオーディオ機器にも採用している塗装をディスクトレーに施し防振性能を向上させるとともに、筐体の内外装に特殊塗装を施すことで放熱性を高め、高い静音性と信頼性を実現しています。
今後当社は、ポータブルタイプを含め“Ultra HD Blu-ray”対応ドライブのラインアップを拡充していきます。

<Ultra HD Blu-rayとは>
Ultra HD Blu-rayコンテンツは、HEVC(高効率ビデオコーディング)規格に対応しており、Blu-rayコンテンツの解像度1920×1080を大きく上回る3840×2160解像度のより繊細な映像を楽しめます※6。また、最新技術のHDR(ハイダイナミックレンジ)で、ピーク輝度を10,000nit(ニト)まで拡張することができ、これまで表現できなかった明るい空や太陽、光線の反射等の表現が可能です。さらに、最新の色域規格BT-2020にも対応しており、Blu-rayコンテンツ規格の色再現度約70%に対して、99.9%の再現度を実現しています。

【主な特長】
1) 高精細な4Kコンテンツ“Ultra HD Blu-ray”再生に対応※2
フルハイビジョンよりも高精細な4K解像度(水平3840×垂直2160)で、色調も豊かな“Ultra HD Blu-ray”規格に対応しており、PCで臨場感のある映像を楽しめます。

2) 再読み取り性能を向上させた「PureRead 4+」を新たに搭載
ディスク表面の汚れや傷でオーディオCDのデータが読み取れないときに、再度読み取りを行う「PureRead3+」の読み取り性能を大幅に向上させた「PureRead4+」※5を新たに搭載しています。また、リアルタイムでデータ補間の発生頻度を抑え、オーディオCD本来の音質で再生する「RealTime PureRead」や、ローディング動作や静音設定などを最適化する「ビデオ&オーディオモード」機能など、PCで音楽や映像を楽しむための多彩な機能を搭載しています。映像ディスク視聴時には、フロントパネルのインジケーター(青色LED)を消灯することができます。

3) オーディオCDの再生品質チェック機能など、音楽再生に最適な仕様(「BDR-S11J-X」)
・本機で再生するオーディオCDの再生品質をチェックして4段階(A~D)で表示するとともに、低い品質レベル(C、D)の場合には、本機の設定変更をはじめとする対処方法を表示する「オーディオCDチェック機能」を搭載しています。オーディオCDのすべてのデータをチェックする“フル設定”と、短時間でデータをチェックする“クイック設定”を選択することができます。

・低抵抗フラットケーブルと銅メッキネジを採用することで導通性能を高め、記録再生信号のノイズを低減します。

・防振部品を各部に実装することで、ディスク回転時の振動を低減しています。また、ディスクトレーにハイエンドオーディオ機器にも採用している塗装を施すことで防振性能を向上させています。

・フロントパネルに、傷が付きにくい高光沢ハードコートUV塗装を施し、艶のあるピアノブラックカラーに仕上げています。

・筐体の内外装に特殊塗装を施すことで、ピックアップからのレーザー光の乱反射を抑えるとともに、放熱性を高めています。

4) BD-Rディスク(1層:25GB)への高精度な16倍速記録を実現
BD-Rディスク(1層:25GB)への高精度な16倍速記録を実現しています※4。BDディスク(1層:25GB/2層:50GB)のほか、すべてのBDXL™ディスク※3(BD-R XL:3層100GB/4層128GB、BD-RE XL:3層100GB)への記録と再生が可能です※4。

5) 最新のOS Windows 10TMに対応
本機および同梱のアプリケーションソフトは、最新のOS Windows 10TMに対応しています。

6) 読み出し時間を短縮する「高速読み出しモード」を搭載
回転速度を落として記録精度と静音性を優先させる「標準(記録・精度優先)モード」に加え、高速回転を維持することで読み出し時間を短縮する「高速読み出しモード」を搭載しています。ゲームなどいち早くデータを読みとりたいときに最適です。

7) その他の特長
・ ドライブやディスクの状態を確認できる「ステイタス」機能を搭載。
・ オリジナルの音源集「Sound Material」を同梱。
・ BDからのデータ読み出し時に発生する信号のノイズをクリアにする「リミットイコライザー」機能を搭載。
・ “ディスク共振スタビライザー”の採用により、書き込み時の記録精度を向上。
・ “防塵・防音パット”の採用により、防塵性、防音性を向上。
・ ディスクの回転による空気の流れを利用して放熱性を高め、静音性と長時間の安定駆動を実現。
・ キズ・指紋・汚れの付いたBD/DVDや、書き込み品質の低いBD/DVDでも再生できる「PowerRead™」機能※7を搭載。
省電力モード(PEAK POWER REDUCER)を搭載。動作ピーク時の電力消費量を抑えることで、電力供給低下時にも安定動作を維持。
・ DVD-Videoの画質を、フルハイビジョン画質にアップスケールする「アップスケーリング」機能※8を搭載。
・ CPRM、AVCRECディスクの再生に対応。

※3 ブルーレイディスクアソシエーションにより決定された、大容量ブルーレイディスクに関する規格。
※4 対応メディアの詳細については、後日パイオニアホームページに掲載するメディアリストを参照ください。
※5 すべてのディスクの読み込みを保証するものではありません。またすべてのPC環境での読み込みを保証するものではありません。
※6 HDRの映像を楽しむためにはHDRに対応したディスプレイが必要です。HDRに対応していないディスプレイではSDRの映像が再生されます。
※7 BD-MV、BD-AV、DVD-VIDEO、DVD-VR形式で記録・録画されたBD/DVDに効果を発揮しますが、すべてのBD/DVDに対して再生を保証するものではありません。また、BD/DVDの状態によって、画像ではブロックノイズ、音声では音飛びが発生することがあります。PowerRead™の機能は、対応したBD/DVDプレーヤーソフトが必要です。
※8 1920×1080p、60fpsへ変換。


【バンドルソフト一覧】
・PowerDVD14 (CyberLink社製)
映画、アニメ、音楽などのUltra HD Blu-ray、Blu-ray、DVD-Videoをパソコン上で再生できます。CPRM、AVCRECに対応したほか、Blu-ray 3Dの再生や、2D映像を3Dに変換して再生することもできます。

・PowerDirector 14 (CyberLink社製)
64-bitネイティブサポートでHD動画を快適に編集できます。ビデオカメラだけでなく、デジカメ・スマホの写真・動画にも対応しており、編集後にDVD、Blu-ray、ファイルへ出力できます。

・PowerProducer 5.5(CyberLink社製)
BD-MV、AVCHDに対応。高解像度ビデオからのディスク作成や、BD/DVDのビデオを編集することができます。BDXL™に対応しており、さまざまなコンテンツを1枚の対応ディスクに書き込めます。

・Power2Go 8 (CyberLink社製)
BDXL™に対応。BD、DVD、データCD、音楽CDの作成に加え、音楽CDの取り込みや暗号保護など、さまざまなディスク書き込み用途に対応します。

・InstantBurn 5 (CyberLink社製)
パソコン上のファイルをドラッグ&ドロップ操作でディスクに書き込めます。ファイルごとに追加や削除できるので、手軽にファイルの記録が行えます。

・PowerBackup 2.5 (CyberLink社製)
データのバックアップや修復を、見やすい画面で操作できます。

・MediaShow 6 (CyberLink社製)
パソコンに取り込んだ画像・映像の一覧表示や特殊効果をつけた編集ができます。BGM付きのスライドショーを作れるほか、お手持ちのビデオをスマートフォンやWeb動画のファイル形式へ簡単に変換できます。

・Label Print 2.5 (CyberLink社製)
ディスクのラベルデザインを簡単に行えます。

・PhotoDirector 5 LE (CyberLink社製)
RAW現像のほか、ホワイトバランス、彩度、明度、色相など、さまざまな調整ツールを搭載しています。写真の管理から編集、印刷、SNSへのアップロードなど幅広い用途に活用できます。

・MediaEspresso 6.5 (体験版) (CyberLink社製)
動画、写真、音楽ファイルを他の形式に変換できます。多彩なスマートフォン、タブレット向けプロファイルで、最適な形式に変換することができます。


【リージョン設定】
本機はDVDのリージョンプレイバックコントロール機能を備えています。リージョンコードの変更は初回設定を含めて最大5回まで可能です。5回目の変更で最終の地域コードとして固定されますので、変更を行う際は十分に注意して下さい。なお、リージョンの変更(設定)の方法や変更可能な回数はDVD再生ソフトやOSにより異なります。

*  動作環境は必ずしも動作を保証するものではありません。
*  本機は民生用機器であり、業務用扱いは保証対象外となります。
*  録画・録音したメディアは、個人として楽しむなどのほかは、著作権法上、権利者に無断で使用できません。
*  Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
*  PowerRead™は、株式会社バッファローの商標です。
*  その他に記載されている会社および商品名などは、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。