logo

【エウレカ】2017年内に韓国・香港・シンガポール版Pairsを順次リリース、アジア5カ国へ展開

株式会社エウレカ 2017年01月23日 10時00分
From PR TIMES

会員数1000万人獲得に向けた事業投資および組織体制の強化で、グローバル展開を加速

株式会社エウレカ(本社:東京都港区、代表取締役CEO:石橋準也)は、2017年1月23日、恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs(ペアーズ)」( リンク )の韓国版・香港版・シンガポール版を、2017年内に順次リリースすることをお知らせいたします。これにより、国内版と台湾版を合わせ、アジア5カ国での事業展開が本格化する運びとなります。



[画像: リンク ]


今後は、国内および台湾での実績とIAC / Match Groupのノウハウを強みに、積極的な事業投資を行うとともに組織体制を強化。2020年をめどに、アジア5カ国にて会員数合計1000万人を獲得していく予定です。

今や日本のみならず、アジアにおいても少子化・晩婚化・非婚化が深刻な社会問題となり、国内の独身男女の「恋人がいない」割合が70%を超える一方で、米国では既婚カップルの3組に1組がオンラインデーティングサービスをきっかけに出会っているというデータがあります。

Pairsでは、日本発のマッチングサービスとして、オンラインデーティングを活用したパートナー探しのカルチャー作りに取り組み、1人でも多くの人が自分らしい生き方ができる社会の実現を目指してまいります。

<Pairs国内版・台湾版の好調要因>
■安心・安全・クリーンな利用環境
ガラケー時代に広まったいわゆる「出会い系サイト」はユーザーの匿名性が高く、“サクラ”や勧誘業者が多く含まれているのに対し、pairsでは会員登録の際に公的証明書による本人確認を行っているほか、24時間365日の監視体制で不適切な画像・テキストのやりとりを未然に防いでいます。

■理想の相手と出会える
年齢・居住地・年収などの基本条件に加えて、家事/育児への参加意識など結婚生活を見据えた豊富な検索項目があるので、理想の相手が見つかりやすくなっています。また、コミュニティ機能も充実しており、趣味・価値観の合う相手とつながるきっかけも多くあります。

■Go言語フルスクラッチプロジェクト完遂によるUXの向上
およそ1年ほどかけて開発に使用するプログラミング言語をPHPからGo言語へ置き換え、システムをフルリニューアルすることにより、レスポンススピードが高速化。アクセスが集中する時間帯においても、ページの表示速度を保ち、より満足度の高いUXを実現しています。

<Pairsについて>
エウレカのビジョン「世界中の人々の人生を豊かにするものを自分たちの手で作り出す」のもと、2012年10月にリリースされた恋愛・婚活マッチングサービスです。Facebookの登録情報を活用しているため、実名は出ず、既に友だちになっている会員とは出会わない仕組みとなっています。特長は、豊富な検索機能と、8万を超えるコミュニティを通じて、条件や趣味・価値観の合う理想の相手とつながることができる点。24時間365日の画像・テキスト投稿監視体制で、安心・安全にユーザー同士が交流することができます。2013年10月、台湾版Pairs「派愛族」リリース。2016年12月、会員数500万人、累計マッチング数3,200万組を突破。
公式サイト:リンク
対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語、繁体字中国語
サービス地域:日本、台湾
サービス開始日:2012年10月
価格:ダウンロード無料
開発・運営:株式会社エウレカ
App Store:リンク
Google Play:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。