logo

「キリン 生茶」を3月にブラッシュアップ

キリン株式会社 2017年01月19日 14時00分
From Digital PR Platform


キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)は、大好評の「キリン 生茶」の味覚を3月から順次ブラッシュアップします。また、3月7日(火)より、生茶の新しいイメージの核である「グリーンボトル」を430mlペットボトルに新たに採用し、手ごろな容量の300mlペットボトルを新発売します。

「生茶」は、2016年3月のリニューアル以降、スタイリッシュなパッケージや、お茶のコクと余韻がしっかりと味わえる味覚が高い評価をいただき、昨年の販売数量は年初目標の1.5倍以上となる2,620万ケースを販売し、前年比144%となりました。
緑茶市場の伸びを大きく上回る成長を実現したことで、市場の活性化に貢献しました。

今回ブラッシュアップする「生茶」は、「お茶のいいところを“まるごと”ひきだした緑茶」として評価の高い味覚の基本設計は変えずに、微粉砕した“かぶせ茶”をより、丁寧に仕上げることで、うまみがアップし、よりコクのある味わいになりました。そして、微粉砕茶葉のまろやかで口当たりのよいおいしさが、より一層楽しめるようになりました。
また、大変好評な525mlペットボトルに採用している「グリーンボトル」を430mlペットボトルにも新たに展開し、さらに小容量でもスタイリッシュに飲みたいというお客様の要望にお応えするために300mlペットボトルを新発売します。

よりおいしくなった「生茶」は、今後も新しい緑茶カルチャーの確立をめざし、お茶の魅力を発信し続けることで緑茶市場の活性化に貢献していきます。

●味覚のブラッシュアップについて
微粉砕した“かぶせ茶”の大きさを、より丁寧に仕上げることで、味覚をブラッシュアップ。“さらにまろやかでよりコクのある味わい”を実現しました。

●グリーンボトルの展開について 
ガラスびんをイメージし、茶葉がぎゅっとつまったおいしさを表現したシンプルな緑色ベースのラベルの「グリーンボトル」を430mlペットボトルに新たに展開。また、300mlペットボトルを新発売します。

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

     記

1.商品名:「キリン 生茶」
2.発売地域:全国 
3.発売日:2017年3月7日(火)※
4. 容量・容器:(1)525ml・ペットボトル(手売り専用) (2)430ml・ペットボトル (3)300ml・ペットボトル (手売り専用) (4)185g・缶 (5)340g・缶 (6)280ml・ペットボトル (7)555ml・ペットボトル (8)2L・ペットボトル (9)250ml・紙(LLスリム)
5.価格(消費税抜き希望小売価格):(1)140円 (2)127円 (3)115円 (4)80円 (5)115円 (6)115円 (7)140円 (8)330円 (9)100円
※(2)(3)の発売日。その他は順次切り替えとなります。

          以上

(本件お問い合わせ先) 
キリン株式会社 コーポレートコミュニケーション部 
東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス TEL 03-6837-7028

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事