logo

生物専門図鑑の読み放題サイト「図鑑.jp」オープン- 出版社とユーザでつくる究極の図鑑。植物・野鳥2ジャンルから-



 インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎深雪)は、日本の生き物をしらべる・わかる 図鑑読み放題サイト「図鑑.jp」を、2017年1月17日(火)より提供開始いたしました。

[画像1: リンク ]

リンク

【製品・サービスの概要】
 「図鑑.jp」は、専門性の高い生き物図鑑を電子書籍の読み放題・サブスクリプション方式で提供するWebサービスです。図鑑の閲覧に加えて、ユーザが質問・報告できる投稿コーナーを設けており、図鑑や投稿を、生き物の名前や科名で横断検索することができます。
 スタート時は植物、野鳥ジャンルからスタートし、図鑑の閲覧にはジャンルごとの年間有料コースへの加入が必要(※投稿コーナーと横断検索は無料で利用可能)。年会費は個人向けで植物5000円、野鳥3000円(※各税抜き、以下同)で、オープンから2017年2月末までは初年度20%オフセールを予定しています。また、個人向けのほか、法人向けライセンスも用意されています。(4ユーザ10端末の場合で、植物18000円、野鳥10000円)
 図鑑は、各出版社が発行している日本を代表する専門図鑑を中心に、すでに絶版となった図鑑や公共機関などが発行した一般には入手が困難な図鑑も含んでおり、生き物の愛好家に加えて、プロ・セミプロなどの専門家の利用も見込んでいます。
[画像2: リンク ]

<3つの特長>
1:日本トップクラスの図鑑が集結
 種の網羅性、記載の詳しさ、写真点数等のレベルの高い、中上級者向けのラインナップが基軸です。全ての図鑑をあわせると、植物約9000種、野鳥約800種、合計1万ページ以上が閲覧可能となります。
2:横断検索で読み放題
 生き物愛好家は、同じものを調べる際も違う特性の複数の図鑑を見比べて利用しています。このため、本サービスでは、生き物の名前(和名)や科名、学名で横断検索し、読み放題で参照可能としています。
3:ユーザ投稿
 ユーザがわからないことを質問したり、教え合ったり、見たものを報告する場を提供。投稿情報は図鑑と同様に和名で検索が可能としており、ユーザの写真や分布の情報(いつ、どこで、何を見た)が、図鑑を補う貴重な情報として蓄積されていきます。
[画像3: リンク ]


【掲載図鑑について】
 本サービスでは、中上級者向けで汎用的な図鑑類を基軸として、スゲなどの識別が難しい種群に特化した専門図鑑を組み合わせて提供します。
 スタート時は、全国農村教育協会、文一総合出版、平凡社、山と溪谷社など、植物・野鳥ジャンルの主要出版社のほか、神奈川県立生命の星・地球博物館といった公共機関が参加。また、スタート後となりますが、保育社の図鑑も提供される予定です。
 ほとんどの図鑑は、今回図鑑.jpに掲載するために初めて電子書籍化されており、紙の書籍としては既に絶版・在庫なしで手に入りにくいものも約3分の1近くを占めます。古い書籍は紙書籍からスキャンしてePub化。全ての掲載図鑑の和名索引をデータベース化しており、和名・学名・科名の分類データベースとマッチングさせて検索することが可能となっています。
[画像4: リンク ]

検索ボックスでは和名・学名・科名の候補を表示。図鑑の索引とユーザ投稿を合わせて検索できる。

[画像5: リンク ]

種ごとに図鑑の掲載ページビュー画面を表示。有料コースに加入すると、該当するページを電子書籍で参照できる。

[画像6: リンク ]

有料コースへの加入が必要な電子書籍部分。複数の図鑑の該当する種を交互に参照できる。図鑑の拡大表示も可能。


【サービス開始の背景と図鑑.jp】
1.図鑑の出版について
 日本は諸外国と比べて、一般愛好家が使えるような質の高い図鑑が例外的に多い国です。各出版社は、専門家の使用にも耐えられるような、学術的にもレベルが高い図鑑を多く出版し、生物愛好家の好奇心を満たし、自然との関わりの入り口となってきました。また、論文への引用や、環境調査の典拠として使用されるなど、学術的・社会的なインフラとして日本の自然を知るために大きな貢献をしてきました。
 しかし、出版流通が危機に瀕している現状の中で、ある程度まとまった規模の部数が販売できなければ出版・重版できず、特に専門家によってオーソライズされたきちんとした図鑑類は絶版、超高定価化し、あるいはそもそも出版されないといったことが増えています。

2.ユーザ投稿について
 元々、初等・中等学校につとめる教諭などのセミプロや、生物愛好者などが未記載種や新しい分布記録などの新しい知見に貢献することは生物科学の分野では珍しいことではありませんでした。また、近年デジカメの発達によって、ユーザが撮影する写真の量・質が大幅に高まり、生物多様性分野に関連する市民科学プロジェクトが多く進められています。
 書籍の図鑑では紙面の物理的な限界等があり、限られた写真・情報しか掲載されておらず、ユーザの持つ写真、時間、場所などの観察記録は、図鑑を補う貴重な情報となります。
[画像7: リンク ]

ユーザ投稿コーナーで質問・報告。質問や報告、コメントをやり取りし、種がわかれば和名をひもづける。

3.専門電子書店サービスについて
 医書専門や旅行書専門の電子書籍書店(それぞれ医書.jp、たびのたね)、あるいは辞書専門や児童書の読み放題サービス(それぞれJapanknowleage、学研図書ライブラリー)、など、特定専門分野の電子書籍サービスの開設は近年の流れです。図鑑の場合、「和名、学名等での検索が行えなければ図鑑として使えない」「複数の図鑑を読み比べて使用する」といった特性から、Amazon等の通常の電子書籍サービスにはそぐわない面があります。

これら3つの背景を踏まえ、「図鑑.jp」では、図鑑を横断検索可能な読み放題・サブスクリプション形式で提供し、合わせてユーザの投稿を蓄積していく場を設け「究極の図鑑」を目指すこととしました。

また、著者・出版社に対しては、デジタルの利便性やアクセスの良さを活かして図鑑の価値を改めて提示し、継続してユーザとつながる新しい形をとることにより、図鑑出版による利益を積み上げることができるようなプラットフォームを目指しています。

【今後の展望】
 植物・野鳥からスタートとなりますが、順次、きのこ、魚類、昆虫など、ジャンルを増やし、自然に関連する図鑑のオールジャンルを目指します。また、図鑑の追加やオフラインへの対応(アプリ化)に加えて、図鑑の出版に至る前のオリジナルコンテンツの追加、投稿コミュニティの拡大や、記録(フィールドノート)などの機能追加を検討しています。
 また、教育機関向けのライセンスや図書館向けのライセンスについても検討中です。


【概要】
サービス名称 :図鑑.jp(ズカンジェーピー)
公式リリース日 : 2017年1月17日
サービスURL : リンク
サービス利用料(個人): 年額継続会員制。植物コース5000円/年、野鳥コース3000円/年
※1ユーザ3端末まで利用可。
サービス利用料(法人):年契約。植物コース18000円/年、野鳥コース10000円/年
※上記は4ユーザ10端末まで利用可の利用料このほか、アカウント数・期間などにより対応可能。
※価格は各税抜き

【決済方法】
・個人:クレジット決済
・法人:銀行振込

【動作環境】
<PC>
・Windows:MS IE11以上、MS Edge最新版、Google Chrome 最新版、Firefox 最新版
・Mac:Safari 最新版、Firefox 最新版
<スマートフォン、タブレット>
・iPhone、iPad mini、iPad :Safari 最新版・Android:Google Chrome 最新版

【ラインナップ】
植物コース(個人5000円/年、法人18000円/年)

図鑑名/出版社名/(参考)紙書籍定価
山溪ハンディ図鑑1 野に咲く花 増補改訂新版/山と溪谷社/¥4,200
山溪ハンディ図鑑 山に咲く花 増補改訂新版/山と溪谷社/¥4,200
山溪ハンディ図鑑 樹に咲く花 合弁花・単子葉・裸子植物/山と溪谷社/¥3,600
山溪ハンディ図鑑 樹に咲く花 離弁花1/山と溪谷社/¥3,600
山溪ハンディ図鑑 樹に咲く花 離弁花2/山と溪谷社/¥3,600
山溪ハンディ図鑑 増補改訂 日本のスミレ/山と溪谷社/¥1,942
山溪ハンディ図鑑 日本の野菊/山と溪谷社/¥2,800
日本帰化植物写真図鑑/全国農村教育協会/¥4,300
増補改訂 日本帰化植物写真図鑑 第2巻/全国農村教育協会/¥5,000
原色図鑑 芽ばえとたね/全国農村教育協会/¥9,000
日本水草図鑑/文一総合出版/¥15,000
日本の水草/文一総合出版/¥5,500
日本のスゲ/文一総合出版/¥3,500
神奈川県植物誌2001/神奈川県立生命の星・地球博物館/¥9,074

野鳥コース(個人3000円/年、法人10000円/年)
図鑑名/出版社名/(参考)紙書籍定価
図鑑日本のワシタカ類/文一総合出版/¥18,000
♪鳥くんの比べて識別! 野鳥図鑑670/文一総合出版/¥3,600
ネイチャーガイド 新訂 日本の鳥550山野の鳥/文一総合出版/¥3,700
ネイチャーガイド 日本の鳥550 水辺の鳥 増補改訂版/文一総合出版/¥3,600
原寸大写真図鑑 羽/文一総合出版/¥18,000
タカの渡り観察ガイドブック/文一総合出版/¥1,800
ワシタカ・ハヤブサ識別図鑑/平凡社/¥2,200
山溪ハンディ図鑑 日本の野鳥 新版/山と溪谷社/¥4,200
原色日本野鳥生態図鑑 陸鳥編(予定)/保育社/¥14,563
原色日本野鳥生態図鑑 水鳥編(予定)/保育社/¥14,563
(すべて税抜き)


【山と溪谷社】 リンク
1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を展開。さらに、自然、環境、エコロジー、ライフスタイルの分野で多くの出版物を展開しています。

【インプレスグループ】 リンク
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに、専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

以上

【本リリースについてのお問い合わせ先】
株式会社山と溪谷社 担当:神谷・塩崎
101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目105番地 神保町三井ビルディング
TEL 03-6744-1908   メール i-zukan@yamakei.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事