logo

【セミナー開催のご案内】国内外における食品包装に係る法規の最新動向 2月1日開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

CMCリサーチ 2017年01月16日 05時00分
From PR TIMES

日本、欧州、米国における食品包装関連法規の最新動向を解説

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: リンク )では、包装関連のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「国内外における食品包装に係る法規の最新動向」と題するセミナーを、 講師に 藤井 均 氏(藤井包装技術事務所 所長)をお迎えし、 2017年2月1日(水)10:30より、 『ちよだプラットフォームスクエア』5階501会議室(千代田区錦町)で開催いたします。 受講料は、 一般:49,000円(税込)、 弊社メルマガ会員:44,000円(税込)、 アカデミック価格は35,000円となっております(受講には昼食代・資料代を含みます)。 セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社のHP(リンク)で受け付けております。 質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。

食品衛生法は、食の安全への関心が高まったことから、平成15年に政府の食の安全の取組みシステムが改正されたのと同時に大幅に改正されました。改正食品衛生法と改正政府システムについて、業界自主基準について、また包装材料のポジティブ化の動向について説明いたします。
また、近年容器包装入り食品の海外展開の傾向が見られ、日本で生産し海外へ輸出するのみでなく、海外で充填包装した製品を欧米などに輸出するケースもあり、欧米などにおける容器包装の法規を知る必要性が増してきています。ここでは、欧州・米国の容器包装について説明し、日米欧の比較を行い、今後の日本の動向に触れます。
講師は、大日本印刷ご所属時代から数えると15年以上、包装分野にかかわっておられる、藤井包装技術事務所 所長 藤井 均 氏です。

1)セミナーテーマ及び開催日時
テ ー マ :国内外における食品包装に係る法規の最新動向
開催日時:2017年2月1日(水)10:30~16:30
会  場:ちよだプラットフォームスクウェア 501会議室
     〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
受 講 料:49,000円(税込) ※ 昼食、資料代含
    * メルマガ登録者は 44,000円(税込)
    * アカデミック価格は 35,000円(税込)
講  師:藤井 均 氏(藤井包装技術事務所 所長)

2)申し込み方法
シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト(リンク)からお申し込みください。 折り返し、 聴講券、 会場地図、 請求書を送付いたします。

3)セミナープログラムのご紹介
1 日本における容器包装規制・自主基準
 1 食品衛生法における容器包装の法規則
 2 業界自主基準
 3 今後の食品衛生法動向
  3-1 乳等省令改正
  3-2 ポジティブリスト化の動向

2 欧州における容器包装法規 (プラスチック規則)及び安全性試験
 1 EC統括的規則
 2 食品と接触するプラスチック材料ポジティブリスト及び移行試験
 3 プラスチック規則ガイドライン
 4 新規物質の申請制度

3 米国における容器包装法規及び安全性試験
 1 連邦食品医薬品化粧品法(FFDCA)
 2 容器包装に関連する連邦規則集
 3 申請制度(FCN制度)

4 日本と海外の法規比較

4)講師のご紹介
 藤井 均 氏 / 藤井包装技術事務所 所長

【講師経歴】
 1973年 大日本印刷(株)入社。印刷材料、情報記録材料等の開発。
 1990年~ 包装分野に所属。 機能性包材開発、包装設計。包装関連法規(衛生法、環境関連法)。
 2014年 大日本印刷退社後業界団体に所属。
 2016年 藤井包装技術事務所を開設

【活動内容】
「抗菌抗カビ技術と応用」「機能性・環境対応型包装材料の新技術」「欧米の食品用容器包装法規制の動向」「包装材料における環境対応・環境配慮型容器包装の開発動向」「生活者意識の変化と包装動向」「EUにおける容器包装規制」等

5)セミナー対象者や特典について
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合2人目は無料です。

●セミナー対象者
 食品用包材に関る、材料メーカー、食品容器包装製造メーカー、食品メーカー、分析センター。

●セミナーで得られる知識
 1)容器包装に関する食品衛生法全般及び今後の動向
 2)欧州での容器包装規制内容及び規制の考え方
 3)米国での容器包装規制内容及び規制の考え方
 4)日・米・欧での法律の比較

6)関連セミナーのご案内
 ● 食品包装を開発する時に注意すべき事項と対策
   2017年2月2日(木)13:30~16:30
  ☆詳細とお申込みはこちらから↓
    リンク

7)関連書籍のご案内
 シーエムシー・リサーチでは各種包装材料関連の書籍を発行しておりますので、合わせてご紹介いたします。

1) 非食品包装材料市場の現状と展望 2016
  ~医薬品・医療器具などのメディカルパッケージが牽引~
 ■ 発  刊:2016年6月17日
 ■ 定  価:
   書籍版 80,000円 + 消費税
   PDF版(CD-R)80,000円 + 消費税
   書籍 + PDF セット 95,000円 + 消費税
 ■ 体  裁:A4判 並製 205頁
 ■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
   ISBN 978-4-904482-28-5

  ☆詳細とお申込みはこちらから↓
   リンク

2)多様化するフードパッケージ市場の現状と展望
 ■ 発  刊:2015年7月21日
 ■ 定  価:80,000円+消費税
 ■ 体  裁:A4判 並製 205頁
 ■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
   ISBN 978-4-904482-20-9

 ☆詳細とお申込みはこちらから↓
  リンク

3)食品用機能性包装の新展開
 ~ 食品ロスの削減、商品安全認証、機能性包装等の国際的な動向を踏まえて ~
   石谷孝佑 監修 一般社団法人日本食品包装協会編
 ■ 発  刊:2015年2月9日
 ■ 定  価:60,000円+消費税
 ■ 体  裁:B5判 298頁
 ■ 編  集:(社)日本食品包装協会
 ■ 発  行:(株)シーエムシー・リサーチ
   ISBN 978-4-904482-14-8

☆詳細とお申込みはこちらから↓
  リンク
                                以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事