logo

モンサント、農業生産者の収穫向上を支援する幅広いソリューションを強調

日本モンサント株式会社 2017年01月13日 17時20分
From 共同通信PRワイヤー

2017月1月13日

日本モンサント株式会社

研究開発の年次総括は投入資源の削減、生産性の向上、環境問題の緩和策の特定に焦点

モンサント、農業生産者の収穫向上を支援する幅広いソリューションを強調

研究開発の年次総括は、投入資源の削減、生産性の向上、環境問題の緩和策の特定に焦点

本文書の正式言語は英語であり、その内容につきましては英語を優先します。原文は本社のウェブサイトをご参照下さい。

2017年1月5日 ミズーリ州セントルイス(米国)
モンサント・カンパニー(ニューヨーク証券取引所:MON)は、この1年間の研究開発パイプライン全体の進展について、2017年の最新情報を発表しました。農業生産者は自然資源をより効率的に使いながら、社会のニーズを満たすために努力をしています。当社のこの研究開発パイプライン年次総括への責務は、生産者を支援するイノベーションへの強い意思に基づくものです。業界をリードするモンサントの研究開発パイプラインは、種子(育種)・バイオテクノロジー・作物保護(化学農薬等)・データサイエンスによる精密農業を統合し、シーズンごとに、雑草・害虫・病気・気候変動による環境変化がもたらす問題を軽減するという形で、生産者を支援しています。
モンサントの最高技術責任者ロバート・フレーリー博士は、「私たちの日々の暮らしの中で農業が果たす役割は、かつてなく重要になっています。世界の増大するニーズを満たす役割にとどまらず、生物多様性や土壌・水などの自然資源を守る農法を進めることも含まれます」としたうえで、「科学は、常に生産者支援の新しいソリューションを見出そうとする私たちの強い味方です。この一年も、モンサントの研究開発パイプラインにとって記録的な年になりました。14件のプロジェクトが上市に近づき、Climate(精密農業)のパイプラインでは35件を超えるプロジェクトが新たに発表されました。こうした進展は、十分な収量を得るために栽培シーズンに下す重要な判断が40項目以上と言われる農業生産者に対し、モンサントが新しい判断の方法を提供し続けていることの証です。今後も、イノベーションの加速、総合的なソリューションの最適化、バイエル(Bayer)社との統合によるポートフォリオの拡大といったチャンスが広がると確信しています。そして、それを世界中の農業生産者にとっての大きな利益に結びつけていきます」と述べています。
モンサントの研究開発プラットフォームは、「データサイエンス」「育種」「植物バイオテクノロジー」「作物保護(化学農薬等)」「農業用生物製剤」という5つの農業技術分野にわたっています。これらのプラットフォームは、持続可能な農業実践を支援するために、次のようなソリューションを提供します。
1. 収量向上を通じて世界の農業生産にかかわる環境負荷を軽減する
世界の農業生産の環境負荷は、常に都市人口の増大と環境問題という課題を抱えています。すなわち、農業生産者は既存の農地で社会のための食糧を提供しつつ、自然資源に対する影響を軽減する方法を見つけなければなりません。収穫の向上は、新たな土地を農業生産にあてる必要がなくなることを意味します。それは温室効果ガスの環境中への放出の抑制や、今ある森林の保護につながる行動です。2017年の研究開発の注目点には次のようなものがあります。
• モンサントとノボザイム(Novozymes)社との提携関係であるBioAg Allianceは微生物ソリューションに注目し、パイプラインをより深くより幅広く充実させています。BioAg AllianceのBioYield (微生物製剤)プラットフォームは、新しい作物への拡大や新世代プロジェクトの開発を通じた成長の一例です。新世代プロジェクトは、作物がより効率的に土壌の栄養素を利用できるように導くことで収量を向上させるよう設計されています。
• Climate FieldView(TM)(デジタル農業)プラットフォームは、生産者が土壌・農地・大気など複数のソースからほ場データを収集・分析することを可能にし、単位面積当たりの収量を増やすための価値ある提案を示します。作物の栄養分や肥沃度に関して、あるいは毎年生産性を向上させていくにはどの種子や栽培法を採用するべきかに関して、生産者が情報にもとづく判断をしやすくする提案を含め、このプラットフォームは、新しいデジタルツールの開発を進化させ続けています。Climate FieldViewTMプラットフォームは、業界で最も広く採用されているデジタル農業プラットフォームであり続けます。
• 潜在収量を向上させる形質を備えた高収量トウモロコシも、パイプラインを着実に前進しています。このプロジェクトは、BASF社と共同でモンサントが行っている収量向上・環境ストレス耐性研究の一環です。

2. 拡大する脅威から収穫を守る
栽培シーズンごとに、生産者は生育中や収穫後の損失につながる害虫や雑草、病害、環境変化が作物に与える影響を軽減しようと努力します。気候変動の影響はこれらの問題をさらに増幅します。2017年の研究開発では以下が注目点です。
• 収量減少を招く様々な病気に対応する幅広い統合されたソリューション。たとえば…
o 病気に対する脆弱性を特定・予測し、作物の主要な病害を判定するための一連の提案が、Climate FieldViewTMに追加される予定です。
o 野菜と作物の両方について、病気の影響の抑制を目的とした育種研究。べと病抵抗性レタス、DEKALB(R) Disease ShieldTMトウモロコシ ハイブリッド プラットフォームなどがあります。
o バイエル社との共同開発による Acceleron(R)種子処理ソリューション-強化病害対策。栽培シーズンの主要な生育段階で病気の感染を管理することを目ざしています。
• 次世代害虫・雑草防除技術――たとえば、Bollgard 3(R) XtendFlex(R)ワタと第四世代除草剤耐性トウモロコシがあります。それぞれ害虫と雑草の問題を軽減する新しい方法を生産者に提供できる段階に来ています。除草剤耐性技術は、たとえば、温室効果ガスの排出を減らす保全耕起を採用・維持できるようにするなど、より柔軟な雑草管理を可能にします。

3. 世界の農業生産の継続的な向上を図る
農業生産者が既存の農地でより多くの収穫を獲得し作物を保護することをめざすように、農業セクター全体としても、農場で利用できる効果的管理のためのソリューションや世界の農業生産で使用される農法を改善する努力を続けなければなりません。モンサントの研究開発は、すでに生産者に強いインパクトを与えているプラットフォームに改良を加えた次世代製品を通じて、あるいは、全く新しいソリューションを通じて、その実現に重点を置いています。2017年の研究開発の注目点には以下があります。
• ミツバチの健康を守る研究――ミツバチは私たちの食料生産システムにとってなくてはならない花粉媒介昆虫です。しかし、ミツバチは常にミツバチヘギイタダニ(Varroa mite)の影響にさらされています。このダニはミツバチの巣にウイルスを持ち込み、ミツバチの数と生産性を著しく減少させてしまう脅威です。モンサントで行われているBioDirectTM 技術:Bee Health Varroa Controlという研究は、ミツバチに対するこの壊滅的な脅威を標的にした画期的な生物学的アプローチです。
• 世界のより多くの生産者にデジタルツールによる生産性向上を――モンサントはClimate FieldView(TM)プラットフォームの各地域への拡大を計画しています。今年は米国、ブラジル、カナダに、以後数年で欧州、南アフリカ、オーストラリア、アルゼンチンに拡大する予定です。
• NemaStrikeTM 技術の継続的な開発――この新しい種子処理線虫防除ソリューションは、複数の線虫種による虫害を防除することがすでに立証されています。線虫は農業における最大の課題のひとつです。

モンサントとバイエルの提携が、生産者のためのイノベーションと提案を拡大する新たなチャンスに
本日の発表の一環として、モンサントは、バイエル社との統合によって誕生が期待される世界屈指の農業企業を以下のように紹介しました。
• 世界中の農業生産者のためのイノベーションを加速させる:モンサントは、発見から商品化まで、この提携がどのように研究開発に新しい識見をもたらすか、また、様々な研究開発プラットフォームで主なプロジェクトの並行開発の新しいチャンスが広がるかについて解説しました。これらの進展は、共同試験・優先順位化・統合を促進し、生産者向け製品の開発・提供を迅速化させる可能性を持っています。
• 農業の未来を支えるために新しい最適化された総合ソリューションを提供する:モンサントは、植物の病害など耕作地における複雑な問題を管理する、より正確な方法を見つけようとする生産者を、両社の統合されたポートフォリオがどのように支援するかについて、紹介しました。ソリューションを利用するタイミング・場所・組み合わせを最適化するための種子・化学・データサイエンスといったツールの総合的な開発は、生産性の向上や雑草や害虫に抵抗性を獲得させないための管理に役立つと期待されます。
• 農業生産者に利益をもたらす提案を世界的に拡大する:両社の統合により、コムギなど、商品化の優先順位が高くなかった作物への新しいソリューションの発見や、アジアやアフリカのような新興地域へのビジネス拡大の可能性が広がると期待されます。研究開発を充実させる新しい方法だけでなく、特定の地域や、多様化する環境の変化に対応し、種子・作物保護(化学農薬等)・データサイエンスの製品をどのように利用するかについて、新しい提案を提供することができます。このような進展によって、収益性と生産性の最大化に最も適した種子製品や化学的ソリューションについて、農業生産者の理解が深まるはずです。

モンサントの研究開発パイプライン、プロジェクト、提携に関する情報
モンサントは、農業イノベーションや継続的な農法の改善、官民セクターを超えた協働によって、農業生産者と生産物の消費者、そしてこの地球のための真の変化を生むことができると信じています。このプレスリリースで紹介したモンサントの研究パイプラインやプロジェクト、その他の研究プロジェクトについてのより詳しい情報は、www.monsanto.com/pipeline リンクをご覧ください。また、モンサントが本日発表した2017年度 第1四半期の決算にも、研究開発パイプラインの情報が掲載されています。本日の決算発表について詳しくは、www.monsanto.com リンクに掲載されたプレスリリースおよび参考資料をご覧ください。

モンサント・カンパニーからのプレスリリース全文は以下からご覧いただけます(英文) 
リンク

モンサント・カンパニーは、人口が増え続ける世界の人々に必要な食料を供給するために役立つ広範囲なソリューションを提供することに取り組んでいます。当社は果物や野菜からトウモロコシ、ダイズやワタといった主要穀物まで、農業生産者が十分な量の栄養のある食料を生産するのに役立つ様々な種子を生産しています。当社は農業生産者が天然資源を保全し、農業を改善するためのデータを用い、水や他の重要な資源をより効率的に使用し、そして作物を害虫や病気から守るために役立つ持続可能な農業ソリューションを提供するため尽力しています。プログラムやパートナーシップを通じ、当社は農業生産者、研究者、非営利団体、大学など、世界的な課題に取り組む人々と協力し合っています。モンサント・カンパニーや当社の取り組み、および問題解決のため献身的に取り組んでいる20,000人を超える従業員についての詳細は、discover.monsanto.com リンクおよび monsanto.com リンクをご覧ください。ツイッターのwww.twitter.com/MonsantoCo リンクやブログのwww.monsantoblog.com リンクのBeyond the Rows(R)、或いは当社のNews Release RSS Feedを購読されますと、さらに詳細な情報をご覧いただけます。

日本モンサント株式会社の取り組みや事業についての詳細は、こちらをご覧ください。
【Website】 リンク
【Facebook】 リンク
【Twitter】 リンク
【Blog】 リンク

この件に関するお問い合わせ先
日本モンサント株式会社
広報部 E-mail: bio.info@monsanto.com mailto:bio.info@monsanto.com



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事