logo

株式会社スホがVR新サービス”VR-HUB”をリリース

株式会社スホ 2017年01月12日 15時30分
From DreamNews

株式会社スホ(所在地:東京都新宿区、代表:田昌錫)は2017年1月12日(木)にVRコンテンツ・360度カメラで撮影した画像・動画を自由に配信できるプラットフォーム”VR-HUB”のサービスを開始した。

現在あらゆる分野で注目されているVRですが、自社でウェブサイトの作成・運営するには、高い技術力が必要となります。ただ、近年の製品版Oculus Rift VR、HTC Vive、PlayStation VRといった本命どころの登場によりVR業界活性化の半面、急速にVR関連エンジニアの不足が叫ばれているのが現状です。
また、技術力があっても膨大なコストが必要となるため、すべての企業がVRに手を出せるわけではありませんでした。
株式会社スホは、VRサイト立ち上げをあきらめていたあらゆる企業の方にご利用いただき、日本のVR業界の発展に尽力いたします。

株式会社スホが提供するVR-HUBには大きく分けて2パターンありVRの利用方法によって適したサービスをご利用いただけます。
(1)VRコンテンツを配信したい
商品やサービスを強烈なビジュアルでアピールしたい広報の方や、イベントやライブを臨場感あふれる映像でマーケティングしたいご担当者様には月額VRコンテンツを配信できるプラットフォームをご用意いたします。
(2)オリジナルのVRコンテンツサイトがほしい
VRコンテンツ、360度写真の専用のプラットフォームを月額で提供いたします。
ロゴのカスタマイズも可能で視聴者にオリジナルのVR配信プラットフォームをお作り致します。
アプリも同時に提供いたしますので専用サイトとしてご利用いただけます。





VR元年といわれた2016年、VRコンテンツ配信のハブとなるプラットフォームを運用するために必要な機能だけでなく、他との差別化をはかるオリジナル機能が多く含まれるのでVR業界の先進的な映像をお客様に共有することができます。オリジナル機能を一部ご紹介いたします。

☆視線注目度測定機能
 毎秒ごとにユーザーの視線を統計し、映像のどの部分が見られているかパーセンテージで表示ができますので、
 マーケティングにVRを利用された場合、視聴者の求めているものが明確に予測できます
☆課金機能
 有料コンテンツを作成することができます
☆コンテンツ内での課金システム
 映像上で視聴者の選択肢によりストーリーが展開するRPGのようなコンテンツにも対応しておりますので、
 選択肢の中で課金を取り入れることも可能です


また、アプリ(Android/iOS対応)も同時にご提供いたしますので、パソコンではブラウザ上の操作を、スマートフォンでは端末の傾きに応じて視点を変えることができ、さらにゴーグル型のヘッドマウントを使用すれば、その場にいるようなバーチャルリアリティ(VR)の臨場感をご体験いただけます。

もちろん高速配信でユーザーにストレスを感じさせることなく、画質も4Kまでのプレミアム画像にも対応いたします。



株式会社スホ
リンク
2010年設立
代表 田 昌錫
ゲーム業界のインフラを得意とし、ITシステムコンサルティングや、構築、運営、ハード・ソフトウェア販売、IDCサービス、AWSサービス等幅広いサービスを提供。インカ社の世界NO.1ゲームセキュリティー「nProtect」の日本唯一の代理店も務める。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社スホ
営業部 宮田
Tel. 03-6868-6446(代表)
Email. miyata@suhojapan.com




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。