logo

開運招福 招き猫「福の市」開催中!

株式会社高島屋 2017年01月12日 14時31分
From Digital PR Platform


日本人にとって最も身近な縁起物のひとつ、「招き猫」。
商店の軒先やスーパーのレジ、会社の受付、個人宅の玄関先まで、
私たちの暮らしに溶け込んでいるものです。
片手を上げて福を招く、その愛らしくもユニークな姿には、
誰もがほほえましく思うものですが、
時代や地域によって色・形が大きく異なることから、
その世界は極めてディープです。
そこで、横浜高島屋では、新しい一年のはじまりにふさわしく、
縁起物の代表格である「招き猫」の魅力を広くご紹介する展覧会を開催致します。
招き猫や、招き猫をモチーフにした雑貨、文具などの販売コーナーも開設いたします。

展開予定内容(一例)
■日本各地の郷土玩具招き猫
 個性豊かな、全国各地の郷土玩具としての招き猫。
 ユーモラスな招き猫約50点が一堂に揃います。

■アーティストが創る招き猫
 招き猫に魅せられたアーティストが創る、
 個性的な作品が一堂に。

■招猫神社の再現コーナー
 招き猫の由来には諸説がありますが、中でも有名なのが浅草の「今戸神社」。
 江戸時代末期、浅草界隈に住んでいたある老婆が貧しさから愛猫を手放したところ、
 夢枕にその猫が現れ、「自分の姿を人形にしたら必ずや福徳を授かる」と言いました。
 そこで老婆が横向きで片手を挙げた人形を作り、浅草寺の参道で売り出したところ
 大評判になったとのことです。 そこで本展では、会場内に「招猫神社」を再現し、
 その神社の中に招き猫を2体展示します。
 今戸神社で販売されている、巫女姿の招き猫がかわいい
 オリジナルのおみくじも特別販売いたします(200円・数量限定)。

■招き猫 絵付け体験ワークショップ 
 連日10時~。最終受付は19時。 最終日の最終受付は17時。
 ※参加費用 1,080円(税込み)

 陶器で作られた招き猫(真っ白のもの)に、マジックや色鉛筆で
 自由に絵付けをして、世界にオンリーワンの、あなただけの招き猫を作りましょう。


開運招福 招き猫「福の市」
1月16日(月)まで(10時~20時。最終日は18時まで)
横浜高島屋ギャラリー<8階>

問い合わせ先:横浜高島屋 045-311-5111(代)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事