logo

Strategy Analyticsが携帯電話事業者にLTEブロードキャストの採用を勧告

Strategy Analytics 2017年01月10日 14時35分
From 共同通信PRワイヤー

Strategy Analyticsが携帯電話事業者にLTEブロードキャストの採用を勧告

AsiaNet 67078(0046)

【ボストン2017年1月10日PR Newswire=共同通信JBN】
*モバイルビデオ需要が成長し続けているため、eMBMSが費用対効果利益をもたらす

Strategy Analyticsは「Time For Operators To Embrace LTE Broadcast(オペレーターがLTEブロードキャストを採用すべき時)」と題する報告書で、特にマルチスクリーン・アセットを保有し、顧客への優良モバイルビデオ・データ体験提供を図るモバイルオペレーター(携帯電話事業者)に対し、もっと積極的にeMBMSもしくはLTEブロードキャストを採用するよう勧告した。モバイルネットワーク経由のライブイベントなどモバイルTVサービスへのアクセスは今後、競合によって4Gユーザー向けデータバンドルが拡大するため、増える一方になる。オペレーターが全ユーザーに対する機能を維持しつつビデオ需要増大に対応するには、Appleなどのスマートフォン販売業者からサポートされるLTEブロードキャストを採用する必要がある。

Logo - リンク

報告書閲覧はリンク を参照。

LTEブロードキャスト市場はここ2年、楽観的から警戒的な見方に変化した。Verizon Wirelessが2015年にLTEブロードキャスト商用サービスを開始して以来、ほかのオペレーターは後に続いていない。Strategy Analyticsは2つの主要な障害-信頼できる収益化モデルがないこと、モバイルデバイス支援が弱いこと-がLTEブロードキャストの勢いを止めているとみている。

Wireless Media Strategiesのアナリスト、ウェイ・シー氏(リンク )は「LTEブロードキャストはブロードキャスト・チャンネルを利用して同一コンテンツをユーザー多数に同時配信する最良のツールで、たとえばスポーツやコンサートなどのライブイベントのカバーには理想的だが、ライブビデオ単独では有料サービスとして十分ではない。しかし、ユニキャストからマルチキャストへのモバイルビデオ消費で主に生み出されるトラフィックデータのアンロードによるコスト節約は、オペレーターがネットワークをアップグレードする限定的な投資を正当化する。オペレーターのサービス・ポートフォリオの一部であるLTEブロードキャストのパッケージに加え、バッチソフトのアップデート、公開情報の普及、地上放送補完などライブビデオ以外の技術機会ができる」と語った。

Strategy AnalyticsのSpecTRAX(リンク )は2万6000モデルを追跡した。eMBMS機能を有効にして出荷するデバイスはほとんどないが、このうち1000以上がeMBMS対応のチップセットを搭載している。スマートフォン設置ベースの15%を占めるiPhoneモデル(リンク )はいずれもeMBMSをサポートしていない。2016年のLTEブロードキャスト・アライアンス創設と拡張は、大手のオペレーター、技術企業グループが先導する業界がデバイスサポート問題に積極的に取り組んでいる明るい兆候である。

Wireless Media Strategiesのディレクター、ニテシュ・パテル氏(リンク )は「大手モバイルデバイス企業は、多くの電話やタブレットに対するLTEブロードキャスト機能搭載を急いでこなかった。最も目立つ非採用者はAppleのiPhoneとiPadだ。アライアンスの主要目標の1つは、LTEブロードキャストのためのモバイルデバイス・サポートをテコ入れすることである。宣伝より重要なのは、『no business therefore no device, no device therefore no business(ビジネスがないからデバイスがない、デバイスがないからビジネスがない)』という悪循環からの脱却をオペレーターが主導することである。もっと真剣にLTEブロードキャストを採用すれば、オペレーターはAppleを含むデバイスメーカーに、もっと広範な種類の製品にこの機能を搭載する時だという明確なシグナルを送ることになる」と語った。

▽Strategy Analyticsについて
Strategy Analytics, Inc.は、新興の技術、モバイル、ワイヤレス、デジタル消費者、車載エレクトロニクス企業向けに、アドバイザー・サービス、コンサルティング、実行可能な市場インテリジェンスによって競争力を提供する。Strategy Analyticsは北米、欧州、アジアにオフィスを構え、企業が成功する知見を提供する。www.StrategyAnalytics.com

▽欧州の問い合わせ先
Wei Shi
+44 1908 423627
wshi@strategyanalytics.com

▽米国の問い合わせ先
David Kerr
+1 617 614 0720
dkerr@strategyanalytics.com

ソース:Strategy Analytics

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。