logo

『東京カレンダーWEB』が2016年12月に月間3,000万PVを突破

~リアルイベント開催や人気WEB連載のドラマ化によるファン層の拡大により大きく成長~

東京カレンダー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:菅野祐介)は、東京の最先端トレンドを発信するリアルライフスタイルメディア『東京カレンダーWEB』(リンク)の月間アクセス数が2016年12月に3,000万PVを超えたことをお知らせいたします。



[画像1: リンク ]


独自の世界観をもったリアルイベントの開催や人気のオリジナルWEB連載の映像化などを新たに企画したことが読者のさらなる反響を呼び、『東京カレンダーWEB』のファン層の拡大が加速しました。これにより、2016年5月に月間2000万に到達したアクセス数はその後の6カ月で3000万を超えるまでに急増しました。

『東京カレンダーWEB』と月刊誌『東京カレンダー』は、今後も新しい東京を発信していくとともに、より豊かで刺激的なライフスタイルを提案していきます。

◆「東京カレンダー」の世界観をリアルに感じられるイベントを多数開催
2016年は、読者向けに「東京カレンダー」独自の世界観を様々な角度から実現していくイベントを数多く開催しました。今後も“大人の社交場”をテーマに出会いとグルメを楽しむイベントを企画・開催する予定です。


[画像2: リンク ]

※これまでに実施したイベントのレポート記事:リンク


◆人気WEB連載「東京女子図鑑」がAmazonプライム・ビデオで連続ドラマ化
東京カレンダーWEB上で連載された「東京女子図鑑」(リンク)は、リアリティにこだわったストーリー展開でSNSユーザーを中心に大きな反響を呼びました。この世界観を新しく映像で表現した連続ドラマが2016年12月16日よりAmazon プライム・ビデオで配信されています。
※東京女子図鑑(Amazon プライム・ビデオ):リンク


[画像3: リンク ]



◆『東京カレンダーWEB』とは
2001年10月の月刊誌『東京カレンダー』創刊当時から貫いている厳選主義のもと、リアルで上質な新しい都会のライフスタイルを提案するメディアサービスです。15年に渡って培われた取材力と編集力を強みに、都心の高所得者層や感度の高い女性を中心としたユーザー向けに、体験型のリアルな東京の情報をお届けしています。
※媒体資料: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。