logo

元株式会社オプト執行役員の鈴木 賢が、株式会社Candee執行役員として参画

Candee 2017年01月10日 11時00分
From PR TIMES

2017年1月より着任、モバイル動画コンテンツ領域の営業力強化を図る

モバイル動画を軸に、メディア事業、広告事業、タレントマネジメント事業を展開する、株式会社Candee(本社:東京都港区、代表取締役社長 古岸 和樹、以下「Candee」)は、2017年1月1日付けで執行役員として、鈴木 賢(すずき さとる)が参画した事をお知らせいたします。



[画像1: リンク ]

鈴木はこれまで、株式会社オプト 新規事業執行役員、株式会社コンテンツワン 代表取締役、株式会社モードツー 取締役を歴任するなど、WEB業界の様々な分野で営業の第一線を走り続けてきました。
Candeeでは、Planning & Sales 執行役員として、「企業の課題に対してCandeeの能力で解決する」こと、またそれを続けることでマーケットトレンドとCandeeをいつまでも最高の地点で結合させる事をミッションとし、モバイル動画コンテンツ領域においての更なる営業力強化を図ります。

【略歴】 
鈴木 賢(Satoru Suzuki)
昭和52年8月24日生まれ。成蹊大学卒業後、加賀電子株式会社に入社。2002年株式会社オプトに入社し、営業・メディアバイイング・SEMなど、Webマーケティングに関わる部署のマネージメントを担う。2011年以降は新規事業の執行役員として、Webサービス開発に従事し、その後子会社である株式会社コンテンツワン代表取締役に就任する。2015年2月株式会社モードツーへ入社し、2015年11月取締役に就任しインタラクティブビジネス全体を担当。2017年1月1日より、弊社執行役員として入社。現在に至る。


※鈴木からのコメント
テレビという構造の再発明という大きなテーマに向かって、動画コンテンツにタレントマネジメント、広告の全てを新しい時代に合わせて作り直しいくことにワクワクしています。顧客・パートナー・Candeeの仲間たちとともにモバイル動画コンテンツの新しいトレンドをつくっていけるよう、情熱的に走ってまいります。

【Candee概要】
Candeeは、2015年に設立以来、モバイル動画市場における知見を有する経営陣及びスペシャリスト集団のもと、モバイル動画時代の「新しい時代のカルチャーとスターの創出」をミッションに掲げています。LINE、Facebook、Instagram等を活用したモバイル動画コンテンツの企画・制作において、スマートフォンならではの新しい映像フォーマットに次々とチャレンジし、モバイル動画時代のトップランナーとして実績を作っています。

【Candeeの事業展開】


[画像2: リンク ]


【会社概要】
社名:株式会社Candee
代表取締役社長:古岸 和樹
本社所在地:東京都港区南青山3-2-2 南青山MRビル2F
資本金:1,662,680,000 円(資本準備金含む)
設立:2015年2月23日
事業内容:モバイル動画制作事業、広告事業、タレントマネジメント事業
リンク
[画像3: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。