logo

新年1作目は三太郎オールスター総出演!新CM 「やってみよう」篇 CM楽曲はWANIMAさんのオリジナル曲!

KDDI株式会社 2017年01月05日 00時00分
From 共同通信PRワイヤー

2017年1月5日

KDDI株式会社

~やりたかったことやってみよう、理由なんていらない やってみよう~ 
新年1作目は三太郎オールスター総出演!
新CM 「やってみよう」篇
CM楽曲はロックバンドWANIMAさんのオリジナル曲!

  KDDI、沖縄セルラーは、auの“三太郎シリーズ”の最新作として「やってみよう」篇のTVCMを、2017年1月1日(日)より全国で放映しています。本CMは、2015年元旦第1弾放送から3年目を迎えます。今回のCMは「やってみよう」をテーマに、三太郎たちがさまざまな挑戦をするストーリー展開で進んでいきます。書初めからはじまり、人間凧揚げ、玉手箱、和太鼓と三線のセッション、餅つき、ヲタ芸、居合切り、豆まき、恋の進展など、様々な“やってみよう”のシーンが登場。これまでのシリーズに登場した様々なキャラクターが出演し、2017年の幕開けとなるCMを華やかに彩ります。
 そして、今回のCM楽曲「やってみよう」を歌うのは、ロックバンドのWANIMAさん。誰もが一度は耳にしたことのある童謡「ピクニック」をアレンジした曲で、オリジナルの歌詞にあわせて、CMのポジティブな世界観を軽快かつロックに引き立てています。
 また、今回のCM楽曲「やってみよう」のショートバージョンを、auの音楽配信サービス「Music Store」 「うたパス」にて、2017年1月13日より配信予定ですので、是非この機会にお楽しみください。

【CMストーリー】
 新CMは、三太郎が部屋一面ほどの大きな半紙に今年の抱負を書くところからスタートします。すると今度は“正しいより楽しい、正しいより面白い”の歌詞にあわせて、浦島太郎を凧揚げするべく金太郎と桃太郎は楽しそうに凧をあげています。次のシーンでは、玉手箱を開けまくり年老いた三太郎が顔を見合わせ笑い合っていますが、乙姫に見つかり怒られる三太郎。すると今度は和太鼓をたたく鬼と三線を弾く浦島太郎という珍しい組み合わせのセッションや、軽快に餅つきをしていた浦島太郎が失敗して金太郎の手をついてしまうシーン、一寸法師が岩を必死に上っていたり、白雪姫に英語を習う浦島太郎と金太郎など、“やったことないこともやってみよう”という歌詞にあわせたシーンとなっています。一方、金太郎が“ヲタ芸”を披露するシーンや、乙姫が黒髪から金髪の西洋風の髪型に変身したり、かぐや姫は牛車ではなくカボチャの馬車に乗っていたりと、“知らなかったこと、見たことないもの”が登場します。また、三太郎と鬼が豆まきを全力で楽しんでいるシーンに続いて、浦島太郎が海辺で乙姫の手をそっと握るシーンになると“やって後悔などすることないさ”と歌詞が続きます。手を握られた乙姫は手を握り返し微笑むと、浦島太郎は嬉しそうにガッツポーズをします。“理由なんていらない やってみよう”という歌詞を受けて、三太郎が力をあわせて書き上げた「やってみよう」という文字が大きく映し出されます。今までやったことのないことでも失敗を恐れず、とにかく楽しく面白くやってみよう、というシーンを通じて「あたらしい自由。au」を訴求していきます。

 新CMはスペシャルサイト、ならびにau公式YouTubeチャンネルにてご覧いただけます。
  (PC) リンク
 (スマートフォン) リンク
 (YouTube公式チャンネル) リンク
  (YouTube) リンク



● 新CM概要 「やってみよう」篇

【撮影エピソード】
お正月の三太郎CMといえばなんといってもシチュエーションの多さが魅力。
去年を超えるべく、タレントスケジュール、撮影条件、天候などを何度も何度もシミュレーションするも、スタッフは撮影前からてんやわんや。また、今回は各専門の先生が多いことも撮影の規模感を象徴する大きな要因の一つ。
巨大習字を書くための「書道の先生」、凧を飛ばすための「アクションの先生」、桃を切るための「居合切りの先生」、バンドセッションをするための「太鼓の先生」、早打ちの餅つきをするために「餅つきの先生」、ヲタ芸を踊るための「ダンスの先生」と計6人の先生にご協力いただきました。
今回はセリフが無く、映像で「やってみよう」を表現するため、体力勝負のシーンが沢山ありました。
人間凧揚げは10メートル以上宙にあがり、オタ芸はオタクたちと狂ったように踊り、書き初めは何キロもある筆を持ち、汗だくで頑張りました。
そんな映像とアーティストさんの素晴らしい歌がマッチングし、みた人を元気にする最高の作品に仕上がったのではないでしょうか。
どのシーンもみんな、本気の「やってみよう」ですので、ぜひご覧ください。


● CM楽曲について

「やってみよう」篇のCM楽曲は、童謡「ピクニック」をアレンジした楽曲をWANIMAさんに歌っていただいています。

【プロフィール】
'10年結成。熊本出身ののスリーピース・ロック・バンド。2014年10月、1stミニアルバム「Can Not Behaved!!」をリリース、11月全国ツアー”Can Not Behaved Tour”33箇所で行う。その後、軒並み大型フェスティバルへの出演を果たし、いくつもの入場規制を記録。その勢いのまま2015年8月1st シングル「Think That…」をリリース、オリコン14位を記録。
そして16年11月にファーストフルアルバム「Are You Coming?」をリリース。オリコン週間アルバムチャート4位。デイリーでは11月4日1位を獲得、iTunesチャートでも首位を獲得。
ツアーは全公演即日完売。16年3月にはSPACE SHOWER MUSIC AWARDSにてBEST BREAKTHROUGH ARTIST賞を、第8回CDショップ大賞では「Are You Coming?」が準大賞を受賞。2016年8月に待望のダブル・タイアップシングル「JUICE UP!!」をリリース。オリコン週間シングルチャートで4位を獲得。2017年3月にはさいたまスーパーアリーナにて初のワンマンを敢行予定!現在ロック・シーンの台風の目としてシーンを席巻中!

【楽曲情報】
曲名:やってみよう
作詞:篠原誠
作曲:TRADITIONAL(PD)「ピクニック」をアレンジ
編曲:WANIMA


<歌詞>
正しいより 楽しい
正しいより 面白い
やりたかったこと やってみよう
失敗も思い出

はじめよう やってみよう
誰でも最初は 初心者なんだから
やったことないことも やってみよう
苦手な相手とも 話してみよう
知らなかったこと 見たことないもの
あたらしい 楽しい

正しいより 楽しい
やってみようか
倒れるなら 前に倒れよう
やって後悔などすることないさ
理由なんていらない 

やってみよう


● CM楽曲先行配信について

<楽曲配信概要>
「やってみよう」ショートバージョンを、auの音楽配信サービス「Music Store」および「うたパス」にて、2017年1月13日より独占先行配信予定です。この機会に是非auの「Music Store」「うたパス」をご体感ください。

■配信期間
 2017年1月13日(金)10:00~2017年1月22日(日)23:59 

■視聴方法
下記サービスより視聴可能です。

・「Music Store」
auの音楽ダウンロードサイト「Music Store」から「やってみよう」ショートバージョンを期間限定無料ダウンロード(※)
<対象> auスマートフォンをご利用のお客さま
※ ダウンロードには別途パケット通信料が発生します。

・「うたパス」
うたパス上で、期間限定で「やってみよう」ショートバージョンが聴き放題(※)
<対象> 「うたパス」会員のお客さま
※「うたパス」の「聴き放題プラン」(月額300円[税抜 ])の会員登録が必要です。

<参考>
■「Music Store」について
    シングル/着うた(R)/アルバム/ビデオ(PV)/ハイレゾ等、国内最大級 約450万曲を取
  り揃えたKDDIのスマートフォン向け音楽ストアです。
    楽曲の購入には、会員登録などの手続きをせずにauの通話料金と合算してお支払いが
  可能な「auかんたん決済」をご利用いただけるとともに、WALLETポイントやうたコ
  インによる楽曲購入も可能です。
    「Music store」サービスサイト:リンク

■「うたパス」について
auの聴き放題音楽配信サービス「うたパス」は、月額300円(税抜)で最新のJ-POPからアニメソング・カラオケ定番曲まで3,000以上の多彩なチャンネルが聴き放題となる音楽アプリです。
また、ライブチケットの先行予約や招待をはじめ、アーティストライブ特集チャンネルでのライブの予習やセットリストのチェックができるなど、リアルな体験の提供を通じ、音楽ライフ全体をサポートします。
従来「LISMO」として提供していた音楽プレイヤーの様々な機能を統合し、ダウンロードしたお好みの音楽を再生したり、スマートフォンに保存した音楽に合わせてカラオケのように歌詞を表示することも可能です。また、「App Store」から「うたパス」アプリをダウンロードし、会員登録することで、auをご利用のお客さま以外の方でも月額300円(税抜)でご利用できます。
「うたパス」サービスサイト: リンク

※本資料に記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。
※記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
※商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、 
   あらかじめご了承ください。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。