logo

Filmarks調べ 映画初日満足度ランキング(12月第4週)発表

株式会社つみき 2016年12月26日 14時16分
From PR TIMES

株式会社つみき(代表取締役社長:鈴木貴幸、本社:東京都目黒区)が運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2016年12月第4週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表いたしました。




[画像1: リンク ]

この度、Filmarksでは2016年12月第4週に上映が開始された映画を対象に、2016年12月26日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画として登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出しました。

【映画初日満足度ランキング(12月第4週上映スタート作品)】


[表: リンク ]



1位:『オアシス:スーパーソニック』についてのレビュー

大音量で響く歓声とライブ映像に全部持ってかれる。 エンディング最高。(20代・男性)
名曲たちを爆音で聴けたのがすごい嬉しかった。(30代・男性)
しばらくずっとオアシス聞くことになると思います。(20代・女性)

2位:『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』についてのレビュー

「凡庸な悪」を告発するための映画かと思っていたらそうではなく、実行する者の痛みに寄り添うための映画であった。(30代・男性)
鳥ドローンや虫ドローンが飛び回るのが今の戦争なのか、、、(30代・男性)
ラストまで続く緊迫感が虚無感に変わる場面が胸に焼き付く。(40代・男性)


3位:『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』についてのレビュー

マイルス・デイヴィス好き、ジャズ好きにはたまらない1作。(20代・女性)
マイルスデイビスのひととなりを全く知らずに観たので、えぇぇ、こんな人だったの?!とびっくり。(30代・女性)
空白の5年間が彼のその後にどう繋がったかを考えつつラストのライブシーンを堪能して欲しい。(20代・男性)

※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキングはMark!数が30件以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2016年12月26日時点のものです。


【Filmarks(フィルマークス)とは?】

[画像2: リンク ]

映画レビュー数2,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画の感想や情報をシェアして楽しむコミュニケーションツール」として、多くの映画ファンにご利用いただいています。Filmarksでは今後も、ユーザーが投稿するレビューや★スコア、Clip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)などを「感情データ」として活用し、映画データマーケティングを推進して参ります。
【サービス概要】

サービス名:Filmarks(フィルマークス)
価格:無料
WEB:リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。