logo

ICCとの連携企画「アジアのメディア・コンシャス」インドネシアのライフパッチが2月来日!

独立行政法人国際交流基金 2016年12月22日 11時04分
From 共同通信PRワイヤー

2016年12月22日

国際交流基金アジアセンター

ICCとの連携企画「アジアのメディア・コンシャス」
インドネシアのライフパッチが2月来日!

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンター リンクでは、日本を代表するメディアアート専門の文化施設であるNTTインターコミュニケーション・センター [ICC] リンクと協働し、「アジアのメディア・コンシャス」を実施しています。「アジアのメディア・コンシャス」は、日本とアジア諸国の現代の芸術表現におけるメディアテクノロジーの役割、活用法などをテーマに、世界各地で実践されるアーティストやエンジニアの活動を紹介する企画展示です。本展では、インドネシアのジョグジャカルタで2012年に結成されたライフパッチ(Lifepatch) リンクを取り上げます。

ライフパッチは、科学者、プログラマー、デザイナー、アーティスト、キュレーター等の様々な専門性を有する11名のメンバーで構成された、アート、科学、テクノロジーの領域で横断的な活動を行う組織です。彼らは、デジタルテクノロジーを駆使し、社会における問題提起としての実践的芸術表現や、次世代の育成といったプロジェクトを立ちあげ、地域社会におけるテクノロジー、天然資源、人的資源の調査・研究・開発に取り組んでいます。また、ジャカルタ・ビエンナーレをはじめとする美術展ではインスタレーション作品も多数発表。2014年にはオーストリアのメディアアート・フェスティバル「アルス・エレクトロニカ」のデジタル・コミュニティーズ部門で入賞を果たしました。

本展では会期を二期に分け、約半年間にわたり展示やワークショップ、トークイベントなどを通じ、国内で初めて、彼らの活動を総合的に紹介します。2017年2月には、3名のメンバーが来日し、ワークショップやトークイベント等の関連イベントを開催します。

■展示
「オープン・スペース2016 メディア・コンシャス」連携プロジェクト 「アジアのメディア・コンシャス」
ライフパッチ 「ルマ(家)とハラマン(庭)」
【会期】2016年11月1日 - 2017年3月12日(日)11時~18時
【会場】NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] リンクギャラリーB
(東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階)
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29-1/4)、保守点検日(2/12)
入場無料

■関連イベント(詳細はプレスリリース参照) 
出演:アンドレアス・シアギャン、アダリ・ドノラ、ドリー・フサダ、ヌル・アクバル・アロファトゥラ(ライフパッチ)
2月4日(土)、5日(日) 各日午後2時~5時 ワークショップ
2月11日(土) トークイベント  ※特別ゲストあり
主催:国際交流基金アジアセンター、NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] 

※申込方法やゲストなど最新の情報は、アジアセンターウェブサイト(リンク)をご確認ください。

【国際交流基金アジアセンターについて】 リンク
独立行政法人国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、全世界を対象に総合的に国際文化交流事業を実施する日本で唯一の専門機関です。アジアセンターは2014年4月に設置され、ASEAN諸国を中心としたアジアの人々との双方向の交流事業を実施・支援しています。日本語教育、芸術・文化、スポーツ、市民交流、知的交流等さまざまな分野での交流や協働を通して、アジアにともに生きる隣人としての共感や共生の意識を育むことを目指しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。