logo

商船三井フェリー株式会社様向け自動チェックイン機導入のお知らせ

窓口業務の簡素化とスムーズな乗船手続きを実現

株式会社アルメックス(東京都港区:代表取締役社長 馬淵 将平、USENグループ、以下「アルメックス」)は、商船三井フェリー株式会社(以下「商船三井フェリー」様)専用の「自動チェックイン機」を導入いたしました。(2016年12月5日より運用開始いたしました。)



【本製品の特徴】
従来窓口で行っていた乗船券発行に伴う一部の手続きを「自動チェックイン機」で自動化いたしました。

1-予約の確認 2-車検証の読取り 3-乗船券の発券 4-船内利用券の発券 5-乗船案内の発行 6-バイク用の乗船目印の発行等
[画像1: リンク ]

本機を導入される、大洗・苫小牧間のフェリーを運航する「商船三井フェリー」様は、かねてより予約情報照合、車検証の確認、そして発券・精算処理など多くの工程を要する窓口業務に課題を抱えられ、オペレーションの効率化を要望されていました。本機の導入により窓口業務が簡素化され、当日券販売との切分け等による窓口混雑が改善されるとともに乗船客のスムーズな手続き運用を実現いたします。

【導入経緯・アルメックスについて】
アルメックスは、医療機関やビジネスホテル、レジャーホテル、飲食店、ゴルフ場などに向け、自動精算機をはじめ、受付やフロントの管理システムとそれらを取り巻く各シチュエーションの効率化をサポートするトータルソリューションの製品・サービスを、先端の技術をもってご提供している企業であります。

「商船三井フェリー」様には、導入にあたっての要望を受け、当社の特徴でもある製品カスタマイズにより、“限りある人員リソースに頼らない”“利用者の利便性向上”“待ち時間のストレスから解放”など、問題解消にマッチする環境の構築を実現いたしました。


[画像2: リンク ]

【導入先の紹介】
株式会社 商船三井フェリー株式会社
本社:東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビルA館4階
資本金:15億7740万円 売上高:259億円(2015年度実績)
事業内容:一般旅客定期航路事業、内航運送業、貨物利用運送事業
事業所:札幌・苫小牧・大洗・鹿島・御前崎・大阪・岡山・大分・苅田・博多
リンク


【アルメックスの今後の展望について】
医療機関やビジネスホテル、レジャーホテル、飲食店、ゴルフ場など既存市場におけるシェア拡大はもとより、
本件リリースに代表される受付等などのオペレーション効率化を求められる世界中の方々に
Technology×Hospitalityを提供してまいります。


               ”テクノホスピタリティを世界へ”

また、カプセルホテル・ホステル・民泊施設を運営される事業者への専用製品の提供
<E-stay system>(リンク
Ai・ロボットを活用した製品開発やFintechへの取り組みなど、真の“トータリソリューションカンパニー”を目指すべく邁進してまいります。

アルメックスの製品群を活用して既存オペレーションの効率化をご検討されている方は、下記よりご連絡下さい。
問い合わせフォーム:リンク
ホームページ:リンク


【本件製品に関するお問い合わせ】
株式会社アルメックス イノベーション事業部
担当:藤井
Mail:all_maxnavi_webmst@almex.jp
電話:03-6823-1731 / FAX:03-6741-4611

【報道関係者からのお問合せ】
株式会社アルメックス コーポレート管理室 担当:小林
Mail:public-relations@almex.jp
電話:03-6820-1411 / FAX:03-6741-4647

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事