logo

「恋ダンス」と「PPAP」、2016年「忘年会」の余興でみんなが “踊ってみた” のはどっち!?

インターネット情報の調査・分析を行う株式会社ワイズワークスプロジェクト(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鍋島日之樹)は、「恋ダンス」「PPAP」「忘年会」に関するツイッター比較調査を実施しました。その結果をお知らせします。



<サマリー>
・期間中のツイート数合計は「PPAP」の方が若干多い。
・関東では「PPAP」、関西では「恋ダンス」のツイート数が多い。
・20代以下は「恋ダンス」、30~40代は「PPAP」のツイート数が多い。
・Youtubeの視聴回数は圧倒的に「恋ダンス」が多い。


【1】 ツイート数が多かったのは「恋ダンス+忘年会」より「PPAP+忘年会」

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

・「恋ダンス」と「忘年会」が含まれるツイート数合計は「13,630件」
・「PPAP」と「忘年会」が含まれるツイート数合計は「15,260件」
・「恋ダンス」「PPAP」「忘年会」のすべてが含まれるツイート数合計は「4,160件」
・期間中のツイート数合計は「PPAP」の方が若干多い
・1日ツイート数の最高値が高かったのは「PPAP」

【恋ダンス】
12/2 Kiss編集部(ドラマ原作マンガの編集部)の踊ってみた動画が話題に
12/7 「恋ハラ」(恋ダンスハラスメント)に関する記事やツイートが拡散
<ツイート例>
「忘年会で披露するために恋ダンスを必死で覚えております。」
「忘年会で恋ダンスの披露があることをちょっと期待している」
「これから恋ダンスの鬼練」
「忘年会で恋ダンスする予定だから寝ずにYouTubeで特訓してたw」
「お父さんの忘年会の恋ダンス一緒に練習してたら覚えてしまった」
「絶対にやりたく無い人もやらされるんだろうな それこそ逃げればいいのに…」

【PPAP】
12/5~6 「ピコハラ」(ピコ太郎ハラスメント)に関する記事やツイートが拡散
<ツイート例>
「今年の忘年会の時期に日本全国でサッブいことになってる地獄絵図しか浮かばない」
「忘年会でPPAPするからちょっと見てくださいって今1対1でされても。照れながら踊られたらこっちも照れるから。」
「忘年会で55歳の次長がPPAPやって相当ヤバかった」
「誰かがPPAPをやる忘年会と、誰一人としてPPAPをやらない忘年会だったら前者のほうが安心する」
「上司のPPAP聞かされて反応しなきゃいけない部下の気持ちも考えて!!!!」
「長女が学校のクリスマス会でグループに分かれて出し物をするという。ほとんどのグループがピコ太郎。忘年会以外にも地獄はあった…」


【2】「恋ダンス」は20代の若手社員が披露している傾向?「PPAP」はお笑いの本場関西よりも関東で人気!?

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

・「恋ダンス」と「忘年会」が含まれるツイートの男女比:男性58% 女性42%
・「PPAP」と「忘年会」が含まれるツイートの男女比:男性71% 女性29%
・「恋ダンス」は女性のツイート者が半数近く
・「PPAP」は男性ツイート者が圧倒的に多い
・忘年会の余興として、男性はPPAP、女性は恋ダンスを披露している可能性が大きい
・関東の忘年会では「PPAP」、関西の忘年会では「恋ダンス」が好まれる傾向か
・30代、40代の中堅~ベテラン社員には「恋ダンス」が難しく、「PPAP」が人気の傾向か


【3】「恋ダンス」は二次会のカラオケで披露される傾向?「PPAP」の余興は、やる側も見る側も心の負担になっている可能性あり?

[画像6: リンク ]

・「恋ダンス+忘年会」の関連語には「二次会」というワードが上位にランクイン。
・「PPAP+忘年会」の関連語には「強要」「地獄」「恥ずかしい」などのワードが上位にランクイン。


【4】Youtubeでは「恋ダンス」が圧倒的に視聴されている!
Youtubeで「恋ダンス」、「PPAP」をそれぞれ「踊ってみた」というキーワードと組み合わせて検索すると、投稿件数に大きな差はないが、視聴回数の多い順に並べると、トップ100の合計視聴回数は圧倒的に「恋ダンス」の方が多かった。
[画像7: リンク ]

・タイトルに「恋ダンス」と「踊ってみた」が含まれる動画の投稿数は 「64,400件」
・タイトルに「PPAP」と「踊ってみた」が含まれる動画の投稿数は「46,800件」
・「恋ダンス」+「踊ってみた」の視聴回数上位100位の合計視聴回数は「80,058,285件」
・「PPAP」+「踊ってみた」の視聴回数上位100位の合計視聴回数は 「15,379,101 件」
・「恋ダンス」の“踊ってみた”動画は、「PPAP」の“踊ってみた”動画より5.21倍視聴されている
・「恋ダンス」は覚えるまで繰り返し視聴されている様子が伺える


【5】まとめ
「恋ダンス」「PPAP」のどちらも忘年会の余興に関連して多くのツイートがなされていますが、年代や地域等により傾向に違いがみられました。
・若い世代は「恋ダンス」、中堅世代は「PPAP」
・関東では「PPAP」、関西では「恋ダンス」
・真剣に練習し楽しく披露している様子がみられるのは「恋ダンス」、やや強制的な印象が垣間見られるのは「PPAP」


■調査概要■
調査対象媒体:Twitter(国内日本語全量)
調査対象期間:2016年11月14日~2016年12月13日
検索ワード1. :「恋ダンス」「忘年会」
検索ワード2. :「PPAP」「忘年会」
調査対象媒体:Youtube
調査対象期間:2016年12月15日15:00
検索ワード1. :「恋ダンス」「踊ってみた」
検索ワード2. :「PPAP」「踊ってみた」

■株式会社ワイズワークスプロジェクトについて■
WEBニュースをはじめ、様々な媒体から情報を収集、分析している調査会社です。
WEBニュース記事のクリッピング、広告換算、広報コンサルテーション等を提供しております。

■本件に関するお問合わせ先■
株式会社ワイズワークスプロジェクト
〒104-0045 東京都中央区築地2-10-6 Daiwa築地駅前ビル4階
担当:杉山(武)・河内・杉山(幸)
TEL:03-3541-3951 /FAX:03-3541-3950 /Mail:icm-info@wise-works.com
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事