logo

子どものころ、どうしてた?お年玉のため方・使い方ランキング

株式会社リクルート住まいカンパニー 2016年12月21日 11時00分
From Digital PR Platform


 株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:野口孝広)が運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、住まいや暮らしに関する様々なテーマについてアンケート調査を実施し、調査結果を「SUUMOなんでもランキング」としてご紹介しています。今回のテーマは、「子どものころ、どうしてた?お年玉のため方・使い方ランキング」。調査結果をまとめましたのでお知らせします。

▼子どものころ、どうしてた?お年玉のため方・使い方ランキング
リンク


▼不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
親に渡して貯金という人が約30%だが、2位、3位は自分で管理がランクイン
――――――――――――――――――――
子ども時代、あなたはお年玉をどのように管理したり使ったりしていましたか?(複数回答)
1位 親に預けて貯金してもらっていた 28.9%
2位 自分1人で貯金していた 20.9%
3位 自分1人で管理してすぐに使っていた 16.7%
4位 親が管理していてどうなっているかわからない 15.2%
5位 親に管理してもらっていたが勝手に使われていた 5.7%
6位 お年玉をもらったことは一度もない 5.5%
7位 親に預けてほしいものができたときにもらっていた 5.2%
8位 兄弟姉妹と一緒に貯金していた 2.0%
9位 その他 1.7%
10位 兄弟姉妹と一緒にほしいものを買っていた 1.2%

※上位10位まで表示

年末年始は、クリスマスはもちろん、子どもにとってはお正月にもらえる「お年玉」にも期待が膨らむ季節です。そんなお年玉、自分が子どもの頃、どんなふうに管理していたのか覚えていますか?今回はそんな「お年玉」管理についてのアンケート。家ごとにさまざまな独自ルールが見える結果になりました。

第1位は「親に預けて貯金してもらっていた」28.9%でした。子どもの頃なので、「お年玉は親に預けて自分は使ってはいけないものだと思っていた」というコメントにもあるように、暗黙の了解で親に渡していた人も多かったのではないでしょうか。でも、「高校生の頃には30万円ぐらいあった」という人もいて、親がしっかり貯めてくれていて有難かったりします。また、「結婚したときにその貯金+αをまとめて貰った。私もいつか娘にそうしてやりたい」「高校を卒業して、上京する際に通帳を渡された」など、ほっこりコメントもありました。

第2位は「自分1人で貯金していた」20.9%。「銀行口座を開設してもらって管理」したしっかり者のほか、「留学の夢のため、夢が叶うまでは使わなかった」「大人になってからやりたいことを自分で叶えるためにためていた。運転免許や車を買う資金にしていた」など、自分の子どもに聞かせてやりたいエピソードが多数。子どもなのに、しっかりしすぎていてびっくりです。

第3位は「自分1人で管理してすぐに使っていた」16.7%。「あればあるだけ使った記憶がある」というコメントに代表されるように、「毎年、デパートの営業が始まると、すぐに欲しかったぬいぐるみを買っていた」「駄菓子まつり。そして怒られる」など、子どもが管理するのだからそりゃそうだ!というコメントが。使いすぎると後悔するぞ、と言ってあげたいエピソードがズラリと並びました。

第4位は「親が管理していてどうなっているかわからない」15.2%。「親が管理していて、3千円だけもらっていた。貯金すると言われたが、詳細はわからない」といった悲しいコメントが多数。「たぶん全部使われたと思います」というのが現実か!? お母さん、頼むよ~!

第5位は、「親に管理してもらっていたが勝手に使われていた」5.7%。「お年玉はこちらがあげるから貰えるのだという理屈で、半額は必ずは親が没収の決まりになっていた」など、わかるような、よくわからないような理屈が。「お年玉が家を建てる資金として使われた」という人もいました。家族みんなの家だから当然でしょ!という母親の声が聞こえそうなコメントです(笑)。

こうしてみていくと、もらって嬉しいお年玉も、家庭によって行き先や使い方が異なるようです。大人になって、親になって、お年玉をあげる立場になると、自分が幼い頃の親の気もちが少し分かる気もしますよね。子どもがもらったお年玉、貯めるのか、自分で管理させるのか、自分の子どもの頃のエピソードも交えて、年末年始に親子で話し合ってみるのもいいかもしれませんね。

――――――――――――――――――――
「高校卒業時に通帳を渡された」「貯まったお金でピアノを購入」「親がパチンコで使いこみ」など
――――――――――――――――――――
●親に預けて貯金してもらっていた:貯まったお金で、ピアノを買ってもらった。(47歳・女性)
●自分1人で貯金していた:郵便局に預けて増えるのが楽しみだった。(52歳・女性
●自分1人で管理してすぐに使っていた:ほしいものが多すぎて、常に衝動買い。貯金した記憶なし。(42歳・男性)
●親が管理していてどうなっているかわからない:預かっておくね、と言われたが、どうなったかわからない。(55歳・女性)
●親に管理してもらっていたが勝手に使われていた:ほしいものがあって買ってくれるように頼んだら、親がパチンコに使ってなかった。(41歳・女性)
●親に預けてほしいものができたときにもらっていた:お正月以降に欲しいゲームが出た時に、預けていたお年玉を親からもらった。(22歳・女性)
●兄弟姉妹と一緒に貯金していた:定期預金にされ、なかなか使えなかった。(35歳・女性)
●兄弟姉妹と一緒にほしいものを買っていた:天体望遠鏡を買った。(58歳・男性)
●その他:10000円以上のお金は、親がもらった相手に半返しするという習慣があったので、半分を自分がもらっていた。(50歳・女性)


【調査実施時期】2016年9月30日~2016年10月2日
【調査対象者】全国の20~59歳までの男性208名・女性208名
【調査方法】インターネット調査
【有効回答数】416
※無断転用禁止。引用の際はSUUMO(スーモ)編集部までご一報ください

文/荒川文乃 イラスト/藤井昌子

「SUUMOなんでもランキング」コーナーでは、住まいに関する様々なテーマについ
てアンケートを実施し、結果をまとめた記事を隔週で発表してまいります。

▼(最新)子どものころ、どうしてた?お年玉のため方・使い方ランキング
リンク

▼(前号)年末年始の暴飲暴食で体重増……そんな正月太りを解消する方法は?
リンク

▼不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』はこちら
リンク

▼リクルート住まいカンパニーについて
リンク
――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。