logo

―世界NO.1※バーボン「ジムビーム」新TV-CM―ローラさんが総勢100名を率いて横丁を闊歩!ジョッキスタイルの“ビームハイボール”で乾杯

サントリースピリッツ株式会社 2016年12月20日 16時00分
From PR TIMES

新TV-CM「エネルギッシュ・ダウンタウン」篇12月23日(金・祝)から全国でオンエア開始

サントリースピリッツ(株)は、世界No.1※バーボン「ジムビーム」の新TV-CM「エネルギッシュ・ダウンタウン」篇を12月23日(金・祝)から全国でオンエア開始します。



[画像1: リンク ]


 「ジムビーム」は、現在世界120ヶ国以上で愛されている世界No.1バーボンウイスキーです。マイルドな味わいにご好評をいただいており、最近では “ビームハイボール”の食事との相性の良さがお客様からご支持いただいています。
 今回のTV-CMでは、イメージキャラクターのローラさんが多くの人で賑わう夜の横丁に登場し、周囲を次々と巻き込みながら、ジョッキスタイルの“ビームハイボール”で仲間と乾杯します。これまでの“クール”かつ“スタイリッシュ”なイメージは残しつつ、「ジムビーム」の魅力をエネルギッシュにお伝えします。

※ 2015年販売数量(IMPACT NEWSLETTER February 1&15 2016号より)


<CM概要>
タイトル:   「エネルギッシュ・ダウンタウン」篇 15秒/30秒
放映開始日:  2016年12月23日(金・祝)
放送地域:   全国


<CM動画リンク>
■サントリー公式YouTubeチャンネルURL
リンク
■ジムビーム ブランドサイト (注:更新は12月20日(火)16:00)
リンク


[動画: リンク ]



■CMストーリー
『エネルギッシュ・ダウンタウン』篇(15秒/30秒)
真っ赤なタキシードを身にまとったローラさんが、多くの人で賑わう夜の横丁に登場。マジシャンや楽団など、周囲を次々と巻き込み、華やかでエネルギッシュなショーを展開。ジョッキスタイルで仲間と楽しむ新しい“ビームハイボール”との出会いに、ローラさんが「Hello! ビームハイボール」と歓迎の言葉で締めくくります。かっこよくエネルギッシュなローラさんが見どころです。

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



■撮影エピソード
◇周囲を感心させるプロ意識
およそ100名のサブキャストと動きを合わせるという非常に難易度の高い撮影でした。そのような中、一切妥協はせず自身の納得がいく演技ができるまで何度も挑戦するローラさんのプロ意識が、周りのサブキャストとの一体感を生んでいました。無事に撮影が終了すると、長時間の撮影に意欲的に取り組み続けたローラさんに向けて、サブキャストから拍手が起こり、撮影現場を包み込んでいました。


<出演者>

[画像4: リンク ]

ローラ
老若男女から愛される国民的タレント。モデルとしてデビューし、現在はあらゆるファッション誌のカヴァーを飾り、様々な表情でファンを楽しませている。自身のファッションセンス・セルフプロデュースも業界から評価が高く、今後の動向がさらに注目されるトップモデルでもある。ツイッターフォロワー数は350万人を超え、インスタグラムでもフォロワー数日本3位となっており、その注目度はますます高まっている。


[画像5: リンク ]


Igor(イゴール)
セルビアのマジシャン。ボトルを使ったマジックの名人。ヨーロッパで活躍。大会で多数の賞を受賞している。


[画像6: リンク ]

Melbourne Ska Orchestra(メルボルン・スカ・オーケストラ)
総勢30名のオーストラリアの人気スカバンド。スカを中心としながらもジャンルに捉われない様々な演奏を聴かせる。※ 本TV-CMには10名のメンバーが出演。


<振付>
MIKIKO(ミキコ)

[画像7: リンク ]

演出振付家。多種多様なダンスの経験を元に、ダンサー・振付師として注目される。PerfumeやBABYMETALの振付・ライブ演出をはじめ、様々なPV・CM・舞台などの振付を行う。リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックのフラッグハンドオーバーセレモニーの総合演出・演舞振付を担当。TBS系列ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌、星野源の「恋」の振付・通称「恋ダンス」を担当。


『ジムビーム』新TV-CM ストーリーボード
「エネルギッシュ・ダウンタウン」篇(30秒/15秒)

[画像8: リンク ]


[画像9: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事