logo

サンダーソフトがライトウェアを買収、コネクテッドカー・ソフトのリーダー的地位を強化

Rightware 2016年12月26日 11時51分
From 共同通信PRワイヤー

サンダーソフトがライトウェアを買収、コネクテッドカー・ソフトのリーダー的地位を強化

AsiaNet 66939(1645)

【ヘルシンキ、北京2016年12月19日PR Newswire=共同通信JBN】車載用ユーザーインターフェース・ソフトウエアの大手プロバイダーであるライトウェア(Rightware)は19日、オペレーティングシステム(OS)とスマートデバイス・プラットフォーム技術で世界をリードするプロバイダーであるサンダーソフト(Thundersoft)による買収を発表した。この合意は、両社の継続的な発展をサポートする。両社は、急拡大する車載用ソフトウエア業界におけるリーダーとしての地位固めに役立つ成長戦略を構築するとともに、顧客向けにより包括的なソリューションを開発する。ライトウェアは現在の経営陣による独立した企業として存続し、自動車関連業務およびフィンランドへの投資を継続する。買収金額は6400万ユーロ(4億7100万元;6500万米ドル)で、2017年初めに買収が完了する予定。

(Logo: リンク
(Logo: リンク

ライトウェアは2009年に創設され、同社の主力製品Kanziは20以上の世界的な自動車ブランドで使用されている。Kanziは、自動車ブランドおよびドライビング体験全体を向上させるデジタル計器クラスターとインフォテインメント・システムの開発を可能にする。2008年に創設され深セン証券取引所に上場されたサンダーソフトは、世界のモバイル、自動車、IoT市場向けにオペレーティングシステム技術とサービスを提供する。今回の合意により、ライトウェアは成長の次の章へと前進するとともに、世界の車載用ソフトウエアとコネクテッドカー市場におけるプレゼンスを強化する。

ライトウェアのヨナス・ゲウスト最高経営責任者(CEO)は「Kanziは2022年までに2500万台の自動車に搭載される見込みである。われわれサンダーソフトとともに、この事業基盤をさらに拡大し、これまで以上に顧客をサポートすることができる。われわれライトウェアは世界中の何百万人ものドライバーの体験を形作るソフトウエアを開発することに大きな誇りを持っている。われわれは、世界の自動車産業ソフトウエアに特化することを今後も継続できると考えている。これによって、われわれはKanziを業界標準のソフトウエア・ソリューションとする大きな機会を得る。この合意は成長するアジアの自動車市場における当社のプレゼンスをさらに強化し、欧州および米国の自動車市場における当社の強力な事業基盤を補完するものである。サンダーソフトは自動車業界ではすでに定評のあるソフトウエア企業であり、ライトウェアとの相性は最適である。サンダーソフトによるライトウェアへの投資は、フィンランドがいかにグローバル市場向けに独自のノウハウ、ソリューション、技術を育み、世界規模の投資を誘致できるかを示した」と語った。

サンダーソフトは初の海外企業の買収によって欧州市場に参入し、自動車業界における同社のプラットフォーム技術とサービスをいっそう拡大する。サンダーソフトのラリー・ゲンCEOは「自動車市場はサンダーソフトが急成長しているセグメントの1つであり、われわれは車載インフォテインメントとクラスターOSソリューションを世界中の当社顧客に提供している。充実したアプリケーションと完全に最適化されたOSソリューションによって、自動車はスマート化が進んでいる。ライトウェアは最高のユーザー体験の設計技術を保有しており、今後も同市場でのコネクテッドカーへの搭載が増えることになる。われわれはライトウェア独自の技術、設計、ノウハウ、世界クラスの人材が加わることで実現されるイノベーションを通じて、顧客にさらに大きな価値を提供し、自動車業界を変革することができる」と語った。

ライトウェアは従来のブランド、製品、自動車業界への取り組みを通じ、独立した企業として存続する。現在のライトウェア経営陣は引き続き在籍し、同社に再投資する。ライトウェアは現在、約50人の専門家を雇用している。さらに20人の専門家を新規雇用する12カ月計画があり、そのほぼ半分はフィンランドで採用する予定。

ライトウェアの現在の株主構成は、Finnish Industry Investment Ltd、Inventure Fund Ky、Nexit Ventures、現行の経営陣、同社創設者が含まれる。買収金額は6400万ユーロで、2017年前半には買収が完了する予定。ライトウェアは近年急成長を遂げてきた。2016年の売上高は約700万ユーロに達し、年内には黒字を確保する見込み。

追加情報:
ライトウェアの写真:
リンク

リンク

Thundersoftのファクトシート:
リンク

▽ライトウェア(Rightware)について
Rightware(R)は先進的なユーザーインターフェース技術で市場をリードしており、素早いユーザーインターフェース設計・開発を実現するKanzi(R)ソフトウエア製品ファミリーによって自動車業界およびエンベデッド業界に寄与している。ライトウェアは2015年、デロイトの最も急成長するテクノロジー企業ランキング「Fast 50」に選ばれている。フィンランドのヘルシンキに本社を構え、シリコンバレー、デトロイト、ソウル、東京、上海、ロンドン、ミュンヘンにプレゼンスがある。

リンク

▽サンダーソフト(Thundersoft)について
北京に本社を置き、深セン証券取引所(300496.SZ)に上場するThundersoftは、モバイル・オペレーティングシステムとスマートデバイス・ソリューションで世界をリードするプロバイダーである。同社はソフトウエアとハードウエアを網羅したフルスタック・エンジニアのリソースを通じ、市場(スマートフォン、タブレット、IoT、自動車、エンタープライズ市場を含む)にソリューションとサービスを提供している。サンダーソフトはオペレーティングシステム(Android、Linux、Windowsなど)、広範なソフトウエアおよびアルゴリズム技術ポートフォリオ、主要な半導体ベンダーとの戦略的提携、世界規模のサポート体制を提供する。こうした資産によって、サンダーソフトは短い開発期間で市場に出せる革新的かつ高品質なスマートデバイスの構築を目指す世界中の顧客にとって重要かつ信頼できるパートナーとなっている。サンダーソフトは中国7カ所に研究開発センターを置き、日本、韓国、米国でグローバルに事業を展開している。詳細はウェブサイトリンク を参照。

Thundersoftは中国をはじめその他の地域におけるThunder Software Technology Co., Ltd.の登録商標である。

ソース:Rightware

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事