logo

Strategy Analyticsはサービスロボットの販売が2022年までに3400万に達すると予測

Strategy Analytics 2016年12月16日 14時45分
From 共同通信PRワイヤー

Strategy Analyticsはサービスロボットの販売が2022年までに3400万に達すると予測

AsiaNet 66910(1634)

【ボストン(米マサチューセッツ州)2016年12月16日PR Newswire=共同通信JBN】Strategy Analytics(リンク )はリリースした一連のロボット関連リポートの中で、サービスロボット(Service Robot)の現実を分析した。「Personal Service Robots: From RVCs to Pet Dogs and Beyond(個人用パーソナルロボット:電気掃除機ロボットからペットの犬まで、またそれを越えて)」と「Professional Service Robots: Delivery and Logistics Driving Sales(業務用サービスロボット:販売を促進する配達と物流管理)」と題するリポートは、家庭および企業向けのロボットが今後10年間で急成長する可能性があると結論づけている。2022年までの6年間で、掃除機ロボットと個人用コンパニオンロボットを含め個人向けサービスロボットの販売は280%増加し、配達や清掃ロボットなどの業務用サービスロボットは600%以上増加する。

Photo - リンク

Strategy Analytics(リンク )のビル・ウコナホ上級アナリストは「個人用のパーソナルロボットは、2016年に販売されたすべてのサービスロボットの99%を占める。この60%以上は掃除をはじめとする家事などに使用される協力的な家庭用ロボットである。このロボット部門は、2022年まで16%の年平均成長率(CAGR)で拡大する。個人用サービスロボットのその他の重要な部門には、所有者を支援するコンパニオンロボットやエデュテイメント(教育およびエンターテインメント・ロボット)がある。これら2部門のロボットを合わせると、2019年には清掃/家事ロボットの販売を上回ることになる」と語った。

Strategy Analyticsのディレクター、ケン・ハイヤー氏は「2015年と2016年にサービスロボットが最も普及した地域は北米であり、消費者はこれらのロボットを床掃除、芝刈り、プール清掃などに利用した。しかし、Xiaomi、Zenbo、ソフトバンクなどの企業が自国市場を狙っており、2017年にはアジア太平洋地域が協力ロボット販売で第1位の地域になる。2022年には、サービスロボットの60%がアジア太平洋地域で販売されることになる」と語った。

ビル-ペッテリ・ウコナホ氏は「業務用サービスロボットはもう1つの急成長するロボット市場である。AmazonのKivaなどのロボットは、荷物の選別・配達などの業務に使用されるほか、病院での手術、オフィスや工場の清掃、田畑での作物収穫など多数の目的に利用される。業務用サービスロボット販売の最大の制約事項は価格である。例えば、医療ロボットシステムは極めて高価であり、このため大半は病院が即座に購入するのではなく、リースしている。われわれは業務用サービスロボットが2022年までに32%の年平均成長率で拡大すると予測している」と語った。

Strategy Analytics Emerging Device Strategies(EDS)サービスは、Personal Service Robots: From RVCs to Pet Dogs and BeyondとProfessional Service Robots: Delivery and Logistics Driving Salesのリポートに加え、関連の予測リポートGlobal Service Robot Sales Forecast: 2014 to 2022(世界のサービスロボット販売予測:2014年-2022年)も公表した。その詳細はウェブサイトリンクを参照。

Strategy Analytics Emerging Device Strategies(EDS)サービスが公表したリポート全文の詳細は以下でも入手できる。

*Global Service Robot Sales Forecast: 2014 to 2022 (リンク

*Personal Service Robots : From RVCs to Pet Dogs and Beyond(リンク

*Professional Service Robots: Delivery and Logistics Driving Sales(リンク

▽Strategy Analyticsについて
Strategy Analyticsは世界的な独立系調査・コンサルティング企業である。同社はボストンに本社を置き、英国、フランス、ドイツ、日本、韓国、台湾、インド、中国にオフィスを構えている。詳細はウェブサイトwww.strategyanalytics.comを参照。

▽問い合わせ先
欧州:
Ville-Petteri Ukonaho
+44 1908 423 634
vukonaho@strategyanalytics.com

米国:
Ken Hyers
khyers@strategyanalytics.com

その他地域:
Neil Mawston
+44 1908 423 628
nmawston@strategyanalytics.com

ソース:Strategy Analytics

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。