logo

共和薬品工業、ジェネリック医薬品を歌い上げるムービー「共和AMELはhappinessをお届けします(ジャズバンド編)」、ローンチ!

共和薬品工業株式会社 2016年12月15日 16時25分
From PR TIMES

共和薬品工業株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:角田礼昭)は、医薬品のグローバル企業ルピン社と提携し、高品質でより安価な医薬品を安定的に供給することをミッションとして、これまでにないユニークな取り組みに積極的に挑戦しています。



この度、そのユニークな取り組みの一環として、「ジェネリックでハピネスを届ける」というテーマの下、ジャズの調べで「ジェネジェネジェネリック」を歌い上げるスペシャルムービー「共和AMELはhappinessをお届けします(ジャズバンド編)」を制作、公開致しました。

ジェネリック医薬品は積極的に使用促進が推進されており、共和薬品工業でも、医薬品の情報提供と収集を担当する多くのMR*が活躍しています。

このムービーには現職のMRが出演。これまでの「人々の健康と幸せにジェネリックで応える」という思いに加え、笑いと感動で「ハピネスを届ける」という願いが込められています。ムービーに登場する、精神神経科事業部 部長 栫優二(かこい ゆうじ)は、「弊社は、信頼され選ばれる医薬品メーカーとして、MRをはじめ、生産、品質管理、開発などの全ての人材を大切に育てています。今回はみんなで、医薬品ではなく、”笑い”で人を幸せにするムービーを開発し、提供したいと考えました。ぜひご覧いただいて、一緒に笑っていただければと思います」と述べています。


[動画: リンク ]



[画像: リンク ]


◎スペシャルムービー
「共和AMELはhappinessをお届けします(ジャズバンド編)」
URL:  リンク
音楽: dnsk(作詞作曲)、中村力哉(Piano) 他
制作: 共和薬品工業株式会社、MSLGROUP in Japan、Speak、ログフィルム
出演: 共和薬品工業株式会社社員、MR有志の皆さん 他

共和薬品工業株式会社公式HP: リンク
Facebook: リンク

*MR:医薬情報担当者(Medical Representativeの略称)。医薬品適正使用のため医療従事者に医薬品の品質・有効性・安全性などに関する情報の提供と収集を行っている。



共和薬品工業株式会社について
共和薬品工業株式会社は、世界の医薬品市場で事業展開するルピングループの一員として、日本の医療と人々の健康のために、高品質で安価なジェネリック医薬品及び長期収載品を含む基礎的な医薬品を開発・製造・安定供給している製薬企業です。「ジェネリック医薬品本来の役割をシンプルに反映し、ニーズに応えられる製品を届けたい」という強い意志をこめて「共和AMEL」ブランドを新たに採用し、「ジェネリックで応える。」をメッセージとして事業を展開しています。(共和薬品工業株式会社の詳細はリンクをご覧ください)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事