logo

「米国テクニカルセンター」を2017年1月より本格稼働

住友ゴム工業株式会社 2016年12月15日 15時30分
From 共同通信PRワイヤー

2016年12月15日

住友ゴム工業株式会社

「米国テクニカルセンター」を2017年1月より本格稼働

 住友ゴム工業(株)(社長:池田育嗣)は、米州タイヤ市場において顧客ニーズをいち早く取り入れた商品開発を行うため、かねてから開設準備を進めていた「米国テクニカルセンター」を2017年1月より本格稼働します。

 当社では、昨年10月のグッドイヤー社とのアライアンス契約解消に伴い経営の自由度が増した欧米市場において、開発、生産、販売体制の強化を積極的に進めてまいりました。その一環として、このたび当社米国工場(ニューヨーク州トナワンダ)内に「米国テクニカルセンター」を開設し、2017年1月より本格稼働します。また、従来は二輪車用タイヤの評価を行っていた「米国タイヤテストコース」についても2017年3月より四輪車用タイヤの評価を開始します。これら開発、評価体制の強化により、米州市場において顧客ニーズを取り入れた、商品力の高いタイヤをスピーディーに市場に投入する現地開発体制が整います。なお、「欧州テクニカルセンター」についても現在、本格稼働に向けた準備を進めており、2017年9月に本格稼働の予定です。
 当社では長期ビジョン「VISION 2020」で掲げたアクションプランである「欧米事業の拡大」を今後も加速し、グローバル展開をさらに進めてまいります。

米国テクニカルセンター概要
所在地  : ニューヨーク州トナワンダ
代表者名: 山下文一
建屋概要: 鉄筋コンクリート造り(地上1階)
延床面積: 約3,500m2 
    
米国タイヤテストコース概要
所在地  : アラバマ州ハンツビル
施設概要 : 高速周回路、ハンドリング路、ブレーキテスト路、スキッドパッド(特殊円旋回路面)、オフロード路他
総面積  : 約283,300m2



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事