logo

国内空港初 公募型のロボットの公開実験 、「Haneda Robotics Lab」第1期参加事業者17 社が決定

日本空港ビルデング株式会社 2016年12月14日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年12月14日

日本空港ビルデング株式会社
Haneda Robotics Lab事務局

国内空港初 公募型のロボットの公開実験 、「Haneda Robotics Lab」
第1期参加事業者17 社が決定

 羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデング株式会社(所在地:東京都大田区羽田
空港3-3-2、代表者:代表取締役社長 横田信秋、以下当社)は、オール羽田の取り組み
として「Haneda Robotics Lab(ハネダ ロボティクス ラボ)」を設置し、ロボットの技術
検証を目的に、羽田空港でロボット製品(プロトタイプ含む)の実験導入を行う
「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」を開始し、本年9月より公募して
おりましたが、今般、第1期採択事業者17社が決定しましたので、お知らせいたします。

※本プロジェクトは、経済産業省「ロボット導入実証事業」を活用し、政府が進める
「改革2020」プロジェクトの実現に向けた取り組みの一つとして、国土交通省及び
経済産業省と連携して実施するものです。

■採択事業者・ロボットの一覧
<清掃ロボット>
フィグラ株式会社 「F.ROBO CLEAN」
中西金属工業株式会社 「ROBO Cleaper」
アマノ株式会社 「SE-500iXII」
NGP-FOTEC株式会社 「Windowmate」

<移動支援ロボット>
株式会社ZMP 「CarriRo」
株式会社A.M.Y.クリエイティブ 「INMOTION R1EX」
株式会社匠 「TUG」
本田技研工業株式会社 「UNI-CUB β」
WHILL株式会社 「WHILL NEXT」

<案内ロボット>
株式会社インディ・アソシエイツ 「Airport Concierge Caiba」
Brule Inc. 「Double2」
株式会社 日立製作所 「EMIEW3」
ソフトバンクロボティクス株式会社 「Pepper」
株式会社Nextremer 「MINARAI」
SEQSENSE株式会社 「SQ-1H」
ALSOK 綜合警備保障株式会社 「Reborg-X」
シャープ株式会社 「RoBoHoN」

※各ロボットの詳細は下記の特設サイトをご覧ください

■実証実験 概要
実施期間(予定):2016年12月15日(木)~2017年2月13日(月)
 カテゴリー別
 清掃ロボット:12月15日(木)~12月22日(木)
 移動支援ロボット:1月10日(火)~ 1月23日(月)
 案内ロボット:1月24日(火)~ 2月13日(月)
 ※実施時間帯は基本的に10:00~16:30となります。

実証実験場所:羽田空港国内線第2旅客ターミナル 出発ロビー(南側)


■実証実験の内容:
各ロボットの実証実験については、空港という不特定多数の利用者が行き交う公共空間
での実運用を想定し、(1)ロボット(製品)自体の安全性、(2)公共空間での稼動についての
安全性、(3)導入効果の検証、の3つのフェーズを想定しております。

■プロジェクトの背景と目的:
2020年に向け、羽田空港では「オール羽田」の取り組みとして、サービス品質および
利用者満足度の向上に努めておりますが、日本における労働生産人口の減少が予想される
中、さまざまな業務課題を解決していくためにはロボット技術の活用が不可欠であるとの
考えから、当社では、これまでも各種ロボットの導入や実証実験を推進してまいりました。

社会のあらゆる場面においてロボットテクノロジーが実装されるためには、事業者や
研究機関がより生活者に近いリアルな環境でユーザーテストを積み重ね、技術を
磨き上げていくことが重要であります。本プロジェクトを通じて年間7500万人以上が
利用する羽田空港にて、ロボットの技術面・法規面での課題が洗い出され、広く知見が
共有されることが、日本社会におけるロボットテクノロジーの普及に寄与するものと
確信しております。

また、羽田空港をさまざまな最先端ロボットの活用の舞台とし、空港を利用される
多くの方々にロボットを身近に感じていただくとともに、日本の最先端技術が世界中へ
発信されていくことも目指してまいります。

■特設サイトについて
本プロジェクトに関する基本情報や公募の詳細については、特設サイトより
ご確認ください。
実験期間中の様子なども定期的に発信してまいります。

特設サイトURL:
リンク

公式フェイスブック:
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。