logo

前田直哉の連載コラム 超プログラム入門講座 第一回「なぜプログラムスキルが必要なのか?」

就職に強いPHP技術者認定試験を運営する一般社団法人PHP技術者認定機構(本社:東京都世田谷区、代表理事 吉政忠志)は前田直哉氏の連載コラム 超プログラム入門講座 第一回「なぜプログラムスキルが必要なのか?」を公開しました。

###
皆様はじめまして!

即戦力エンジニア養成スクール「SkillCamp」を運営する前田直哉の連載コラム 「超プログラム入門講座」というタイトルでプログラミング学習に興味がある方を対象に、プログラムスキル習得のメリットや、最短でプログラムスキルを習得するノウハウをお伝えし、さらに多数ある言語の中でPHP言語をオススメする理由をお伝え出来ればと思います。

また本コラム「前田直哉の連載コラム 超プログラム入門講座」は以下、全4回に渡ってお伝えしていく予定です。

第1回.「なぜプログラムスキルが必要なのか?」
第2回.「最速でプログラミングを習得する方法」
第3回.「実際にプログラミングをはじめてみよう」
第4回.「本格的に学ぶ PHP言語を勧める理由」

では第1回の「なぜプログラムスキルが必要なのか?」について話していきます。

■プログラマはもうオタクではない!
ひと昔前は、プログラマといえばマニアックなイメージがありました。
しかし、現在はGoogle、Apple、Facebookの台頭や人口知能、IOTなど、IT関連のニュースに触れない日はないと言っていいほど、日常生活・ビジネスシーンにおいてITが浸透してきました。その企業を支えるのはもちろんエンジニア・プログラマであり、「プログラムができる」というのは現在のビジネスシーンにおいて、「英語ができる」に勝るとも劣らないニーズの高いスキルの一つとして認識されるようになりました。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。