logo

統合型アドプラットフォーム「 PlaCo 」新しいネイティブアドに対応した次世代サービス「mimic(ミミック)」の開始

株式会社GeeeN 2016年12月13日 09時00分
From PR TIMES

株式会社シンギュラリティ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木 章裕、以下「当社」)は、当社サービスである統合型アドプラットフォーム「 PlaCo 」にて、スマートフォン各メディアのRTB枠を配信先メディアに合わせて、独自のデザイン最適化エンジンにより自動最適化させ、ネイティブアドに自動生成・配信を行う「mimic(ミミック)」による広告配信サービスを開始しました。



■「mimic」について

[画像1: リンク ]


「mimic」は、スマートフォン各メディアのRTB枠の中に、”ネイティブアド”として出稿できる広告配信サービスです。ネイティブアドは、他広告と比較して視認性が高く、読了率やブランドリフトに大きく貢献が期待されます。ネイティブアドに触れたユーザーは、広告に対して親密さを感じるとされ、自然なメッセージを伝えることが可能です。「mimic」のデザイン最適化エンジンを活用することにより、通常バナーの作成にかかる労務コストを削減でき、且つ、各メディアのコンテンツ内容に寄り添った形でクライアント様の広告を自動生成し、各メディアに合わせたネイティブアドを配信することが可能となります。


現在ネイティブアドの需要は高まってきており、それによるネイティブアド枠のメディアへの入札価格が非常に高騰しております。また、通常のバナー広告枠と比べ、ネイティブアド枠は在庫が少ないため、より入札争いが激しくなってきております。

「mimic」は通常バナー枠へネイティブアドとして配信し、低単価で豊富な在庫数に対し、クリエイティブ作成の労務コストの削減を実現した形でネイティブアドを配信できるという次世代の広告配信システムです。


▼以下、掲載イメージとなります。

[画像2: リンク ]



■「PlaCo」について

[画像3: リンク ]


 PlaCoは、独自のDMPデータを活用しつつ、良質で豊富な配信面(DoubleClick Ad Exchange、Geniee、OPEN-X、fluctなど)と接続されたRTB配信、最先端の独自開発エンジンによるレコメンド広告(フィードバナー)等を一元管理にて、広告主の業種に合わせた効率的配信が可能な総合型アドマネージメントプラットフォームです。

 運用面では詳細なメディア選定、リターゲティング、DMP配信、クリエイティブ最適化等でクライアント様が求める費用対効果を厳守しつつ、売上の最大化を目指します。

 また、今回の新サービス「mimic」追加を筆頭に、日々新機能の実装・改善を行っており、常に新しいサービスをお客様へ提供し続けています。


■関連リンク
mimic: リンク
PlaCo: リンク
株式会社シンギュラリティ: リンク


■会社概要

[画像4: リンク ]


1) 社名:株式会社シンギュラリティ
2) 代表者:代表取締役社長(CEO) 鈴木 章裕
3) 本社所在地:〒150-0044 東京都渋谷区円山町15-4 K2ビル2・6階
4) TEL:03-6712-7673
5) FAX:03-6712-7674
6) 設立年月日:2016年9月16日
7) 主な事業内容:
 1.アドプラットフォーム事業
 2.インターネット広告関連ソフトウェアの企画・開発・販売
 3.デジタルマーケティング支援事業
8) 資本金:3,000万円
9) URL: リンク
10)グループ会社:株式会社GeeeN ( リンク
          株式会社コミクス ( リンク )


【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社シンギュラリティ プラットフォーム推進事業部
担当:窪木、小林、鮫島
TEL:03-6712-7673
e-mail:info@singu.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事