logo

くろきん神田本店にて「飲みニケーションロボット席」予約開始

株式会社ヘッドウォータース 2016年12月12日 13時00分
From PR TIMES

~お酒を飲みながら、顔を覚える卓上コミュニケーションロボットで遊べる!飲食店での新たなロボット活用方法に挑戦~



 日本国内でも有数のロボットアプリ開発・導入実績をもつ株式会社ヘッドウォータース(本社:東京都新宿区、代表取締役:篠田庸介、以下「ヘッドウォータース」)と、東京都内を中心に居酒屋くろきん・かざくらなど16店舗を運営する株式会社ゲイト(本社:東京都墨田区、代表取締役 CEO 五月女圭一、以下「ゲイト」)は、2016年12月12日(月)より、くろきん神田本店にて「飲みニケーションロボット席」の予約を開始します。
 尚、本プランは、飲食店における、ロボットを通じた新たな顧客体験の実現を目的として、両社が居酒屋店内の席にスマートフォンと連携した卓上コミュニケーションロボットを設置し、ロボットによるサービスを実証実験として提供するものです。

[画像1: リンク ]


 現在、企業や店舗によるコミュニケーションロボットの導入が進んでいる一方で、飲食店でロボットが活躍する事例は多くありません。
 ヘッドウォータースは、飲食店の卓上で活躍する小型ロボットの可能性に注目し、目新しさによる"集客"と、リピーター獲得を目的とした、飲食店型ロボットモデルを打ち立て、新たな場面でのロボットの普及に挑んでおります。一方ゲイトでは、これまで店員が来店客の顔を記憶することで、顧客との関係を強化しリピート利用に繋がるよう取り組みながら、ロボットの顔認識機能を有効活用した顧客との関係強化施策を模索していました。
 この度ヘッドウォータースが提供する卓上小型ロボットによる顔認識機能を有効活用することで、顧客との関係強化を図ることができるサービスの実証実験を共同で開始することとなりました。


◆実証実験について

[画像2: リンク ]

・実施日:2016年12月12日(月)~
・実施場所:くろきん神田本店 東京都千代田区内神田3丁目22-10 竹内ビル1F  Tel:03-3255-5556
・実施方法:
 ゲイトが運営する、居酒屋くろきん神田本店において、ヘッドウォータースのクラウドロボティクスサービス「SynApps(シナップス)」を実装したロボット「Sota™(ソータ)※1」(以下、Sota™)とスマートフォンを連携し、飲食店において卓上ロボット活用の実証実験を行います。
 来店したお客様は、専用スマートフォンアプリ「SynApps Mobile(シナップス モバイル)を使って「SynApps」を実装した「Sota™」に発話内容を入力する事で、好きな言葉を喋らせる事が可能となり、お酒を飲んでいるグループの輪の「身内の会話」に入り込む体験ができる卓上ロボットを実現しています。また、顔認識機能を搭載する事で、予約が無い来店のお客様でも、常連認識を行い、名前を呼んでくれます。

※1:「Sota™」はヴイストン株式会社の登録商標です。


◆「飲みニケーションロボット席」予約方法
 電話(Tel:03-3255-5556)にて「『ロボット席』をご利用希望」とお伝えください。
[画像3: リンク ]



◆今後について
 顔認識機能を有効活用した顧客管理システムと連携する事により、「来店頻度による常連優待」、並びに、系列店における複数店舗へのコミュニケーションロボット導入と系列店共通の顔認識型・常連優待、並びに音声認識や自然言語によるFAQを実施していきます。


 今後もヘッドウォータースは、「より多くのコミュニケーションロボットを賢くし、多くのロボットが活躍する未来」となることを目指し、コミュニケーションロボットの更なる有効活用場面を創造していきます。そしてゲイトは、顧客バリューを高めるための努力を惜しまず、食をストーリーごと楽しめる豊かな飲食の場を提供していくことを目指します。


■「SynApps(シナップス)とは
「SynAppsは、コミュニケーションロボットを「より賢くする」為のクラウドロボティクスサービスです。多店舗展開するロボットを一括で管理できたり、既存のWebサービスやスマートデバイスと「連携」させることにより、機能を拡張させたりできる特徴を持っています。Microsoft Azure Cognitive Serviceと連携したAI搭載型のコミュニケーションロボットアプリとして、ロボットの更なる活躍に寄与します。

紹介サイト: リンク


■「SynApps Mobile(シナップス モバイル)とは
「SynApps Mobile」は、コミュニケーションロボットとSynAppsを繋げるスマートフォンアプリです。周辺が騒がしい飲食店などのロケーションにおいて、ロボットの音声認識を使う場合、誤認識が多く発生し、コミュニケーションロスに繋がります。ロボットとユーザーを繋げるインターフェースとして、スマートフォンアプリを補完活用する事で、会話体験を実現。Microsoft Azure Cognitive Serviceと連携させる事で、顔認識機能を実現しています。モバイル上で顔登録しておけば、来店時に顔認識し、デジタル会員でも常連認識させる事ができます。
[画像4: リンク ]



■ 株式会社ゲイトについて

[画像5: リンク ]

オフィス:(東京)東京都墨田区菊川1-13-8 五月女ビル菊川6F
代表取締役:五月女 圭一
会社設立:1999年1月
事業内容:農業、漁業、水産加工業、サービス事業
コーポレートサイト:リンク
広報窓口:尾方/安福/福田  info@gateinc.jp


■株式会社ヘッドウォータース 会社概要

[画像6: リンク ]

URL:リンク
所在地:東京都新宿区新宿2-16-6 新宿イーストスクエアビル7F
設 立:2005年11月
資本金:1億 4,374万円
代表者:代表取締役 篠田庸介
事業内容:ロボットアプリ開発、システムインテグレーション

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事