logo

『小児科オンライン』マルハン健康保険組合との医療費削減施策パイロット事業を開始

株式会社Kids Public 2016年12月12日 09時00分
From PR TIMES

小児科の外来受診適正化を実現し医療費削減に貢献します

株式会社Kids Public(本社:東京都北区 代表取締役:橋本直也(小児科医師))はテレビ電話にも対応し、小児科医に直接相談ができる遠隔医療相談サービス『小児科オンライン』(リンク)について、医療費削減の施策としてマルハン健康保険組合(所在地:東京都台東区)とのパイロット事業を開始いたします。




背景
小児科外来は今、軽症者が多く受診することで医療費の適正化を図ることができていません。この現状に対し、『小児科オンライン』は、遠隔医療相談を通して「この状態であればご自宅で過ごしていてもよいと思います」と自宅の段階で小児科医が直接アドバイスを行うことで、不要不急の外来受診を減少させ、医療費適正化に貢献します。この取り組みは、保護者の負担を減らし、小児医療現場の負担を減らし、健康保険組合の支払う医療費を減らすという、三者にとってメリットのある構造を実現します
[画像1: リンク ]

マルハン健康保険組合との連携
健康保険組合との連携の最初の事例として、多くの育児世帯が所属するマルハン健康保険組合において平成28年12月1日より3ヶ月間、パイロット事業を行い、小児医療費削減の施策としての有効性を評価します。この取り組みをきっかけに、今後も『小児科オンライン』は健康保険組合との連携を進めていきます。

[画像2: リンク ]

マルハン健康保険組合 常務 田端 直樹様 コメント
当健保組合には多くの育児世帯が所属されています。お子様の医療費も大きなものとなっております。『小児科オンライン』の健保内での導入により、不要不急の外来受診が減少すれば医療費削減に直結します。そして、手軽に小児科医に相談ができる窓口となることで、子育ての不安解消にも役立つと考えます。ITを活用した新たな健保での取り組みとして期待しています。
[画像3: リンク ]

サービス紹介
『小児科オンライン』は、LINEやSkypeなどのアプリを使用し、テレビ電話、チャットなど保護者の方の好きな方法で、18-22時の間、小児科を専門とする医師にリアルタイムで医療相談を行うことができるサービスです。専門知識を元に救急外来に行くべきか、翌日保育園に登園することは問題ないか、など具体的なアドバイスを行います。

[画像4: リンク ]

利用方法
リンクにアクセス
・相談希望時間を予約
・予約時間になったら、LINE, Skype,電話のうち好きな方法で接続

サービスの強み
・小児科を専門とする医師の対応に特化
・リアルタイムの対応
・テレビ電話にも対応

テレビ電話やチャットに添付された写真を参照しながら小児科を専門とする医師が相談を受けることで、「この状態であれば明日の受診でよいでしょう」など、具体的なアドバイスが可能となります。救急受診の相談以外にも、普段お子様の健康で何気なく気になっていることや子育ての疑問などのご相談も多数お受けしております。
※本サービスは医療相談であり、医療行為ではありません。診断や処方はできません。

受付時間
・マルハン健保加入者様 平日、日曜祝日 18-22時
・一般ユーザーの方 平日18-22時

料金
・マルハン健保加入者様 パイロット事業期間中無料、利用制限なし
・一般ユーザーの方 月額3980円(税抜)利用制限なし

本件に関するお問い合わせ
株式会社Kids Public 広報室
電話 03-4405-9862  メール biz@syounika.jp
HP『小児科オンライン』 リンク
facebook ページ リンク

会社概要
株式会社Kids Public 代表:橋本 直也 (小児科医)
所在地:東京都北区赤羽西1−38−15 設立:平成27年12月28日
業務:インターネットを通じた小児科医療を行う

代表紹介
医師:橋本 直也
経歴:
2009年 日本大学医学部卒
2009-2011年 聖路加国際病院にて初期研修
2011-2014年 国立成育医療研究センターにて小児科研修
2014年-2016年 東京大学大学院公共健康医学専攻公衆衛生学修士課程
2015年 株式会社Kids Public設立
2015年-現在 都内小児科クリニック勤務

資格:
2009年 医師免許取得
2014年 小児科専門医
2016年 公衆衛生修士号取得

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。