logo

メルクが血性脳梗塞の治療薬開発中のActicorにProvantage(R)エンドツーエンド・サービスを提供

Merck 2016年12月06日 10時06分
From 共同通信PRワイヤー

メルクが血性脳梗塞の治療薬開発中のActicorにProvantage(R)エンドツーエンド・サービスを提供

AsiaNet 66754 (1564)

【ダルムシュタット(ドイツ)2016年12月6日PR Newswire=共同通信JBN】
*虚血性脳梗塞を治療するActicorの抗体フラグメントの開発・製造を加速

有力なサイエンス・テクノロジー企業であるメルク(Merck)(リンク)は6日、虚血性脳梗塞の主要治療薬として使用するActicorの抗体フラグメントの開発・製造を加速するため、Provantage(R)エンドツーエンド・サービス(リンク )を提供すると発表した。

Video - リンク
Photo - リンク

メルクのProvantage(R)エンドツーエンド・サービスは、生物製剤会社が分子処理を臨床と商品化を目指して加速することができる包括的な製品・サービス・スイートである。

メルク取締役会メンバーでライフサイエンス部門(リンク )最高経営責任者(CEO)であるウディット・バトラ氏は「当社のProvantage(R)エンドツーエンド・サービスは、Acticorに開発と臨床規模の製造への迅速かつ柔軟なアプローチを提供する。われわれは抗体フラグメントの全面的なプロセス開発の実施を期待しており、その製品パイプラインを通じて、必要とする患者のためにこの重要な新しい分子の開発を加速するよう支援する」と語った。

このターンキー・パッケージは、プロセス開発cGMP(環状グアノシンリン酸)臨床製造、規制上のサポート、訓練、商業施設設計、エンジニアリング、ビルドアップおよび生産機器供給と技術移転活動が含まれる。

Acticor Biotechのジル・アベナードCEOは「脳卒中は世界で3番目の死亡要因であり、成人障害の1番目の要因である。これらの統計に動機付けられて、われわれは急性の虚血性脳梗塞の安全かつ有効な治療戦略を開発している。メルクとのコラボレーションを通じて、われわれは現在、任務を果たす支援となる包括的な開発・製造サービスを利用できるようになっている」と語った。

メルクのProvantage(R)エンドツーエンド・サービスは、すべてのライフサイクル段階で重要な恩恵を与え、主要な問題に応えるもので、地域の生産能力を迅速かつ効果的に確立する必要に迫られて製造を分散化する既存の生物製剤企業を含めて、すべての地域を対象としている。メルクはエンドツーエンドのアプローチによって、新しい場所へのすべてのプロセスの移転を円滑化し、加速することができる。限られた製造能力、資源、インフラしかない初期段階の企業は、プロセス・生産施設を開発する最高水準の運用と支援、専門知識を持つパートナーから恩恵を得る。

メルクのすべてのニュースリリースは電子メールで配信されると同時に、メルクのウェブサイトにも掲載される。オンラインでの登録・選択変更・中止はwww.merckgroup.com/subscribe を参照。

▽メルク(Merck)について
メルクはヘルスケア、ライフサイエンス、パフォーマンスマテリアルズの分野におけるサイエンスとテクノロジーの大手企業である。がんや多発性硬化症を治療するためのバイオ医薬品療法から、科学研究と生産に関する最先端システム、スマートフォンや液晶テレビ向けの液晶材料に至るまで、約5万人の従業員が暮らしをより良くする技術の一層の進歩を目指している。メルクは2015年、66カ国で128億5000万ユーロの売上高を計上した。

メルクは1668年に創業した世界で最も歴史の長い医薬・化学品会社である。創業家は今でも上場企業が率いるグループの株式の過半数を保有している。メルクの名称およびブランドのグローバルな権利は、同社が保有している。唯一の例外は米国とカナダで、両国では同社はEMDセローノ、ミリポアシグマ、EMDパフォーマンスマテリアルズとして事業を行っている。

▽Acticor Biotechについて
Acticor Biotechは、2013年にInsermからスピンオフして設立された生物製剤企業であり、急性虚血性脳梗塞の治療分野で革新的な治療薬を開発することに専念している。

Acticorはヒト化抗体フラグメント(FaB)のACT-017を開発している。治療候補は、大きな関心を持たれている新しい標的である血小板glycoprotein VI(GPVI)とその活動を抑止することに向けられている。ACT-017の抗血栓作用の証拠とGPVIの抑止の安全性は、生体外と生体内の双方で確立済みである。標的は血栓の成長に関与しているが、生理学的止血には関係していない。これが抑止に関連する出血のリスクを限定している。

Acticor Biotechは、INSERMに所属した創業者マルチーヌ・ジャンドゥロペルス、クリスティアン・ガシェ両博士とパリ第11大学のフリップ・ビリアルド教授ら創業者の専門知識と研究成果の上に成り立っている。

ソース:Merck

▽問い合わせ先
Karen Tiano,
+1 978 495 0093

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事